おしゃれな人が狙ってる、プルオーバーシャツとは?

カットソーのように頭からすぽっと被って着用するプルオーバーシャツ。その特徴を具体的に紹介しつつ、おすすめのアイテムやコーデ術も実例と合わせて徹底的に解説します。

まつお ありさ

2018.05.23

きれいめ&リラックス感を両立。今の気分にハマるプルオーバーシャツ

プルオーバーシャツとは、カットソーのように頭から被って着用するトップスのこと。シャツ生地ならではのクリーンな素材感でありながら、カットソーのようなリラックス感も演出できる優れモノなんです。パンツを選ばず、どんな着こなしにも対応する汎用性の高さも魅力。

大人におすすめのプルオーバーシャツ5選

数あるプルオーバーシャツの中でも、より今シーズンらしい5枚をピックアップ。身幅が広く、よりゆったりと着られるプルオーバーシャツは1枚あると便利です。

アイテム1『ジムフレックス』

ハリのあるタイプライタークロスがきちんと感を醸すプルオーバーシャツ。きれいめな着こなしはもちろん、裾のコードを絞ればアクティブなシルエットも楽しめます。あるとうれしいサイドポケット付きというのも好ポイント。

アイテム2『アンルート』

シャンブレー生地ならではの柔らかな風合いと微光沢が品の良さを演出。飾り紐つきのバックジップやヨークの切り替えなど、うしろ姿まで計算されたデザインはさすがのひと言。ゆとりあるシルエットは袖口と裾のスナップでアレンジも可能です。

アイテム3『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』

麻混のナチュラルな雰囲気にリラックス感のあるシルエットがマッチ。クセのないシンプルなデザインで、合わせる服を選ばない汎用性の高さが魅力です。麻ならではのシワ感と発色も味わい深く、1枚で着てもサマになること間違いなし。

アイテム4『417 エディフィス』

見た目も着心地も爽快なサッカー生地は、これからの季節にうってつけ。凹凸のある独特の質感が肌に気持ちよく、さらにエバレット素材を使用しているので吸汗速乾性も抜群です。ホワイト×ネイビーの配色も涼やかでGOOD。

アイテム5『カンビオ』

カットオフ仕様のネックと袖口が目を引くデニムプルオーバーシャツ。4.5オンスの薄いデニム地を使用したこなれ感たっぷりの1枚は、ぜひ着こなしの主役として活用したもの。きれいめスラックスと合わせた異素材MIXコーデがおすすめ。

プルオーバーシャツを着こなす3つのコツ

コツ1きれいめに装うなら、パンツはスマートなモノを

首まわり、身幅、丈感など、総じてゆったりとしたサイズが主流のプルオーバーシャツ。シャツの存在感を生かし、きれいめな表情を引き立てるならばパンツは細身のものを選ぶのがコツ。ストリートライクに仕上げるなら、ワイドパンツという選択肢ももちろんOK。

コツ2アイウェアや帽子など、小物でアクセントを投入して!

ミニマムでシンプルなデザインが多いプルオーバーシャツを着る時は、シンプルすぎて逆に地味な印象にならないよう、ハットや眼鏡、ネックレスなどの小物を投下したアレンジを加えましょう。もちろん小物で差し色を添えるのもありです!

コツ3一枚で着るのではなくレイヤードを楽しむ

ゆったりシルエットだからこそ楽しめるレイヤードスタイル。首のつまりがあるTシャツやモックネックのシャツなどを下に重ねて、朝夕の寒暖差対策もばっちり。

KEYWORD関連キーワード
シャツ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事