ユルく、品よく。テーラードジャケットの旬コーデ

大人には欠かせないテーラードジャケット。品のよさを持つアイテムではあるが、それをユルく着こなすのが今春流。そのためにマストなアイテムと着こなしを紹介しよう。

NAKAYAMA

2016.03.07

春のライトアウターとして重宝したい! テーラードジャケットの魅力

テーラードジャケットの魅力はやはり上質感。シンプルに着こなしても、インナーやアウターに重ね着をしても、その品のよさはほかのアイテムには出せない魅力だろう。ただし、今春は少し力を抜いたジャケットのコーデが気分。本格的な春を迎える前のこの時期に、品のよさを保ちつつも、ラフに着こなせるジャケットを新調してはいかがだろう?

定番の黒よりも、好印象なネイビー&男の魅力をUPさせるグレーを狙え!

テーラードジャケットはブラックカラーが一般的なイメージ。どうせなら、みんなとは違った感覚で取り入れたいって思うのがFreeamericanidol世代だろう。失敗しないでおしゃれ感をグッと上げたいなら、ネイビーとグレーのいずれかがおすすめだ。黒のテーラードジャケットほど堅固なイメージがないため、旬のリラックス感も出しやすい。より洒脱な印象を狙うなら、ベージュを考慮するのも◎。

好印象を与えるネイビージャケット

制服でも取り入れられるなじみ深いネイビーは、ブラックと遜色ない取り入れやすさが魅力。また、清涼感あるカラーリングイメージがあなたの爽やかさをより強調してくれること請け合いだ。

『ナノ・ユニバース』バックボーダークールマックスジャケット

『ナノ・ユニバース』のジャケットは、カジュアルに着用できる表情が魅力。クールマックス素材で作られているため、春夏の暑い時期には重宝するだろう。スラックスや細身のデニムとの相性はもちろん、スウェットパンツやショーツとの着こなしでもおしゃれにキマる。

『エディフィス』コンパクトカルゼ2Bジャケット

ジャージ素材を使用したジャケット。伸縮性が高いからストレスフリーで着用できそう。T400という通気性と吸水速乾性を持つポリエステル系素材を使っているから、夏場でも十分活躍してくれる。

『ジャーナルスタンダード』2Bジャケット

シャープなラペルが印象的な『ジャーナルスタンダード』のジャケット。品のよさを感じさせるノーベント仕立ては、Freeamericanidol世代にはうれしいポイント。全体的にスッキリとしたシルエットだから、着ると全身が引き締まる。

男の魅力をUPするグレージャケット

グレーはブラックほど暗くなく、ホワイトほど明るくなり過ぎない調和の色。穏やかで控えめな印象を与えてくれるため、大人の魅力を底上げしてくれる効果も期待できるのが特徴だ。

『エディフィス』2Bジャケット

柔らかな肌触りと快適な着用感が楽しめる、ブークレ織りと呼ばれる表面を細かく起毛させた糸を織って作られたジャケット。単色でなく、数色の糸を使用して編み込まれているので表情豊かな仕上がり。カーディガン感覚で羽織って。

『ソリード』鹿の子2Bジャケット

ポロシャツでよく見られる鹿の子編みよりも度目を詰めて厚みを出し、細やかな凹凸感と光沢感、ハリ感のある独自開発。カジュアルな着こなしはもちろん、ジャケパンスタイルにもハマる汎用性の高さが特徴。

『アバハウス』2Bジャケット

ニュージーランド産のウールを贅沢に使用した、クセのない2つボタンテーラードジャケット。シンプルで飾り気のないデザインは、シーンを問わず着用することが可能。ワードローブのレギュラーアイテムとして活躍してくれる。

上品なテーラードジャケットを効果的に活用した着こなし実例集

トラッドスタイルの主役アイテムとして取り入れたり、カジュアルスタイルのハズしとして着たりと、幅広い着こなしに対応するテーラードジャケット。着方は人それぞれだけど、テーラードの上品さをうまく利用したスタイリングを参考にしよう。

ネイビージャケットを取り入れたスタイリング

デニムパンツやホワイト、グレーなど、ネイビーと相性抜群なカラーと組み合わせたスタイリングが基本。清潔感のあるコーデを意識して、飾り過ぎないシンプルなスタイリングを心がけて。

風合いのよさを感じさせるテーラードジャケットは、クリーンな白ニットとの相性もよく、タイトなデニムパンツを合わせたあたりにもセンスが光っている。今旬のベレー帽をかぶって統一感を出しているあたりも、おしゃれ。

都会的なアイビールックの着こなしには、ネイビーのテーラードジャケットは欠かせないアイテム。スタンスミスを思わせるシャープな白スニーカーとも好相性。スエットパンツを合わせて、カジュアルダウンさせている点が今季らしい。

白Tシャツに色落ちデニム、そしてレザーシューズと大人っぽいシンプルな着こなし。ここにネイビージャケットを加えれば、より洗練された大人の落ち着きあるコーデに仕上がる。足元は軽くロールアップして抜け感を出したのがポイント。

ハイネックのカットソーやテーパード仕様のイージーパンツなど、今旬なアイテムをふんだんに取り入れた都会派スタイル。キャップと『ニューバランス』でアクティブな要素を加味して、上品なテーラードジャケットを着崩しているのが今の気分にマッチしている。

グレージャケットを取り入れたスタイリング

ブラック、ホワイトといったモノトーンアイテムとの組み合わせはいうまでもなく相性◎。グレージャケットを取り入れたスタイリングの基本として押さえておくと間違いない。また、カモフラ柄などの柄アイテムと合わせてもしっくりハマるのがグレーのよいところなので、挑戦してみてもいいかも。

グレーのテーラードジャケットと発色のいいブルーのシャツは、重ね着すると新鮮な印象。細身のチノパンも相まって、見事に大人カジュアルを体現したスタイルといえる。シャープなシューズも着こなしにマッチしているグッドサンプルだ。

白シャツをインして王道を狙いつつ、カモフラージュ柄のパンツで変化をプラス。ハンパ丈を利用して、ラインソックスをコーデのアクセントにしたのは上級レベル。“ファッションは自由”というおもしろさを再確認できる着こなしだ。

テーラードジャケットの中に、ボーダー柄のカットソーを投入。縦と横の視覚的効果をうまく利用して、好バランスを実現させた。デニムは細身のものをチョイスして、白スニーカーとのマッチングを図っている。

インナーの丈を長めに設定した、キメ過ぎない大人スタイルが好印象。全身の色味を近いカラーリングで統一しているため、まとまり感が伝わる。黒ハットとラフなシューズでメリハリを演出している点に、センスのよさを感じる。

KEYWORD関連キーワード
テーラードジャケット
春の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事