意外と簡単!リムレスタイプのメガネと春服のコーデ

リムレスタイプのメガネはむだな装飾がないため、どんな顔にもなじんでくれる。しかも洋服とのバランスも取りやすく、手軽におしゃれを楽しめるのだ。

宮嶋 将良

2016.03.03

リムレスタイプって、こんなメガネです

リムレスタイプのメガネとは、レンズを支えるリムがないメガネのこと。ブリッジとテンプルの2点で直接レンズを支えることから、ツーポイントとも呼ばれる。シンプルなデザインは顔にスッと馴染みやすいので失敗が少なく、メガネ選びの際には選択肢に入れることをおすすめする。

“リムレスタイプ”が似合う顔型は?

フレームがないすっきりとした表情は、顔型を選ばない万能型。あえて挙げるとするならば、小顔の人におすすめしたい。存在感のあるフレームを選んだ場合、顔のサイドラインからメガネがはみ出ると一気に印象がダウンしてしまうので、主張しないメガネを選ぶのが正解。素顔の印象を保ちつつ、しっかりと個性を強調できる。

今春のおすすめ! リムレスタイプのメガネたち

カジュアルとビジネスシーンで重宝できるリムレスタイプのメガネの中でも、本当に使えるブランドを厳選してお届け! 顔の印象をあまり変えず、ありのままの自分を見せれば、女子ウケも確実。おしゃれツールの切り札として、積極的に使いこなそう。

『グッチ』GG-9696J

ラグジュアリーブランドとして、確固たる地位を確立した『グッチ』。レンズシェイプはスクエアで、キリッとした顔つきになれる効果が。テンプルにはブランドロゴをさり気なく採用することで、横顔を華やかなムードにアレンジできる効果がある。ノーズパッドはシリコンなので鼻に跡がつきにくく、かけ外した後も顔の印象を壊さなくて済む。抜群のかけ心地も搭載で、すべてがパーフェクトな仕様。

『モンブラン』MB-0577

ドイツにて誕生し、最高級の文房具を作り続ける『モンブラン』。妥協なきもの作りを続けてきた結果、目の肥えたファッショニスタから愛されている。メガネにもその精神を受け継いでおり、シンプルなスクエアフォルムのレンズから、高級感を漂わせているところが魅力だ。スマートなテンプルはシルバーとネイビーの2色使いで清潔感を演出できる。またしなりが非常によく、顔をやさしく包み込んでくれる。

『ローデンストック』R-0210

ドイツの名門『ローデンストック』のリムレスタイプのメガネは、シルバーとゴールドの2色を使い、高級感のあるルックスに。すべての工程を日本で製造しているので、品質の高さは折り紙付き。バネ性を持たせたヒンジは頭部をやさしく包み込み、柔らかいかけ心地を味わえるので疲れることはない。ややラウンドしたレンズシェイプは表情を豊かにする効果が期待できる。

『タグホイヤー』TH-8109

高級腕時計として名高い『タグホイヤー』のDNAを受け継いだアイウェアは、やや厚みのあるテンプルを採用することで、横顔の印象をおしゃれにアレンジできるのがメリットだ。バネ蝶番を用いることで抜群のフィット性を確保し、安定して視界を持続できる効果も狙える。シックでスポーティなルックスは掛ける人を洒脱にまとめ、本格派を求めるメガネユーザーにぴったりな一本といえる。

『ポルシェデザイン』8236-B

世界的に有名なスポーツカー『ポルシェ』が放つ、渾身のアイウェア。機能とデザインをうまく両立したフレームは、スクエアフォルムのレンズシェイプのおかげで、知的な顔つきを演出できる。付属品をマットなカラーで仕上げた深みのあるデザインは、渋みのある大人な表情作りに貢献する。テンプルにはカーボン調のデザインを施し、見る角度で表情を変えてくれる。

『S.T.デュポン』DP-22

高級ライターや筆記用具を扱う『S.T.デュポン』は、100年以上の歴史を持つ老舗ブランド。ハイエンドなデザインを得意とし、数多くのファンを虜にしてきた。同ブランドがつくフレームも、ラグジュアリーなムードにまとまり、テンプルサイドにはブロック状のシルバーアイコンのみの採用。このシンプルなデザインだけで、品のよさを醸し出せるのはさすがのひと言。掛けやすく、エレガントな表情作りにひと役買ってくれるはずだ。

『ドルチェ&ガッバーナ』DG1212T

イタリアのファッション文化を牽引しているラグジュアリーブランド。透明感のあるブラウンのテンプルを採用し、そこに同系色のブランドロゴを用いることで統一感を出した。テンプルの開閉がスムーズでフィット性も高く、機能面に関しても徹底した作り込みを見せている。緩やかなレンズシェイプにすることで、温かみのある顔を演出できる。

『メルセデスベンツ』M-2007

ドイツの高級車として知られる『メルセデスベンツ』が提案するフレームは、シックでありながらスポーティなルックスに。弾力に優れたテンプルにはブランドロゴを施し、小ぶりなデザインながらも個性的で、シックなカラーが渋みのある大人の顔を演出してくれる。また、フレーム自体が軽いためストレスなくかけられ、長時間快適に過ごせる。

『ジョン・レノン』JL-1006

世代を超えて今なお愛されるジョン・レノン。その彼が掛けていたメガネをモチーフにした同ブランドのリムレスタイプのメガネは、小ぶりなラウンドのレンズを採用し、強烈な個性を発揮できる一本だ。シルバーのテンプルの一部に彫金を施し、洗練されたデザインにまとまっている。鼻あたりのいいノーズパッドは調整もできるため、ベストなポジションで掛けられるので安心。人とかぶりたくないなら、コレをセレクトするべし!

『プラダ』54CV

レザーコレクションから始まり、今ではさまざまなファッションアイテムを手がけ、おしゃれと品質を追求したコレクションを展開する『プラダ』。テンプルサイドに赤いラインにブランド名を採用することで、横顔を明るく見せる効果が! 細みのシルエットなのでフェイスラインをじゃますることもない。しなりもよく、フィット性も格別。シンプルなスクエアフォルムのレンズが、シャープな顔つきを演出してくれる。

リムレスタイプにマッチするファッションアイテムは?

シンプルゆえに、顔にすんなりと溶け込むリムレスタイプのメガネだからこそ、着こなしにはメリハリが強調できるアイテムをセレクト。それは素材感だったり、シルエットだったりといろいろあるが、特に春先に使える逸品を紹介していこう。

ケーブル編みニット

掛け方次第では、無機質な顔つきになってしまう可能性があるリムレスタイプのメガネ。そこで、着こなしにはワンアクションをつけたいところ。おすすめは、胸回りの独特の表情があるケーブル編みのニット。着こなしに与えるニュアンスが、一気に洒脱なムードを醸してくれるはず。

ネイティブアクセサリー

すっきりとした顔つきになりがちなのが、リムレスタイプのメガネの弱点。それを克服するアイテムとして、着こなしにネイティブアクセサリーを取り入れてはいかがだろうか? ネイティブ特有のデザインは、身につけるだけで存在感を大きく強調できるメリットがある。それを生かせば、淡白なメガネでも一点投入するだけで視線はそこに行き、目くらまし的な効果でおしゃれな見た目を演出できるのだ。より存在感を高めるのなら、重ねづけがベスト!

ブーツ

骨太なイメージで男性らしさを醸し出せるのがブーツの魅力といっても過言ではない。ただ露骨にそのデザインを強調してしまうと、野暮ったいイメージを与えてしまう。それをカバーできるのがリムレスタイプのメガネ。ふちなしの淡白なデザインがブーツの印象を和らげ、スマートに見せることができる。タウンユースはもちろん、アウトドアシーンでも使える『ティンバーランド』は汎用性の高いデザインなので、下駄箱に入れておきたい一足。

リムレスタイプの着こなし5選

アクのないシンプルなリムレスタイプのメガネを、おしゃれ上手に見せるコツを伝授! トレンドを意識したコーデは、どれも華やかにまとまっており、メガネの品をしっかりアピールしたものばかり。しっかりチェックして、春を有意義に過ごそう。

グレーとブラックの2色だけを使った、シックな着こなし。トップスはビッグシルエットを合わせることで旬を気取りながらも、存在感のあるスタイリングに。その分パンツをやや細めに設定することで、上下のバランスを保っている。シャープなフレームデザインもすんなりと馴染み、重くなりがちなカラーに軽快なイメージを植えつけている。

大ぶりのレンズシェイプで、大胆な顔つきを演出。その分、ニットやパンツでスタイリングのバランスを取っているのが好印象。きちんと感を出せるタートルネックは、ネイビーをチョイスし、メガネの上品な印象を引き立てている。

ビックシルエットは、春先に使いたいアイテムのひとつ。こちらはビックシルエットのクルーネックスウェットを取り入れて、お目立ち度マックスなスタイリングに。さらにリムレスタイプのメガネで品のよさを加味することで、ファッション感度を高めている。

ケーブル編みニットの雰囲気を壊さないためにも、そのほかのアイテムはできるだけシンプルに合わせている。そこへむだな装飾のないリムレスタイプのメガネが、マッチ。清潔感を持たせた好印象なスタイリングにまとめることができる。

リムレスタイプのメガネの魅力は、顔の輪郭をじゃませずに個性を打ち出せるところ。しかもラウンドのレンズシェイプなら、さらに雰囲気をアップできる、ありがたいフレームなのである。このネイビーを軸としたコーデも、ショップコートとパンツのサイジングのバランスが絶妙で、カジュアルでも程よく品を持たせている。

コーディネートの注意点

リムレスタイプのメガネをかけて熱い視線を集めるなら、着こなし例の通り、できるだけシンプルなスタイリングを心がけること。その中でより個性を立たすのなら、デザインに特徴があるものを一点だけ投入してみよう。またネイビーやホワイトといった淡白なカラーだと、清潔さをアップできるので覚えておこう!

KEYWORD関連キーワード
メガネ
春の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事