【特集】今年の腕時計は、カラー文字盤で差を付ける!

フォーナインズのメガネがビジネスマンに愛される理由

“999.9”のロゴが印象的なフォーナインズ。ここでは、メガネとしての機能性と高いデザイン性を兼備する、同ブランドの人気の秘密を改めて掘り下げていく。

宮嶋 将良

2017.03.01

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

『フォーナインズ』って、どんなブランド?

「メガネは視力矯正の道具である」を理念に掲げ、高品質なフレームを作り続ける、日本のドメスティックブランド。ブランド名の『999.9(フォーナインズ)』は金の最高純度を示す数字であり、メガネにおいても最高純度を追求するという姿勢を表したものなのである。

ここがすごい!『フォーナインズ』の特徴

『フォーナインズ』を象徴するディテールが、逆Rヒンジだ。メガネのかけ外し時のテンプルの広がりを防ぎ、フレーム全体の歪みを軽減する役割を持つ。抜群のかけ心地を生む理由は、ここにあるといっても過言ではない。

もっと知りたい! 『フォーナインズ』の代表選手たち

これまで数々のコレクションを発表してきた『フォーナインズ』。その中には名作と呼ばれるフレームがたくさんあるが、ここではそのごく一部を紹介しよう。秀逸なデザインとかけ心地は申し分なく、メガネ選びに困ったらこのブランドに頼ることが賢明だ。

『フォーナインズ』S-80T

チタン合金のテンプルには、蛇腹構造と呼ばれるメガネにかかる負荷を軽減するディテールを搭載。これにより破損を少なくするメリットのほか、無防備な横顔に華を添えるファッション的な役割をも果たしてくれる。シンプルなハーフリムは品のいい表情にまとまり、さり気ない個性だしに十分活躍してくれる。またゴールドフレームを使うことでエレガントな表情を演出し、かけていないときでも絵になるのはこのブランド以外ない。

『フォーナインズ』SP-10T

日常での使用を主眼に据えつつ、さらにそこへ特別な機能や特徴をプラスしたのがSPシリーズだ。この「SP-10T」は、とくにドライビングやスポーツでの使用を想定されており、スッとストレートに伸びたテンプル(つる)と、しっかりと頭をホールドするシリコン製のモダン(テンプルの先に装着する滑り止め)が特徴的だ。フレームの上部をさらりと流れる波型のラインは、デザイン性にひと役買いつつ、堅牢性を高めてくれている。

『フォーナインズ』NPM-19

やわらかくも知的な印象の漂う「フォックスタイプ」のレンズが特徴的なモデル。プラスチックのフレームにメタルの要素を採り入れて機能性を向上させた、『フォーナインズ』独自の「ネオプラスチック」素材が特徴で、柔軟なカラーバリエーションとトラディショナルな上品さが両立されている。テンプル(つる)が細目に作られているのも特徴的で、ひとたび掛ければソフトな印象を形作ってくれる。人と会う仕事が多い方にいかがだろうか。

『フォーナインズ』S-820T

流行を追いつつもしっとりとフォーマルにまとめた、浅型のウェリントン型アイウェア。ツヤ消しを施したメタルフレームが、鈍く光を反射してさりげなく主張する。豊富なカラーバリエーションを持ちながらも、すべて落ち着いたグレイッシュなカラーを採用しているので、ビジネスシーンにも難なく寄り添ってくれるだろう。プラスチック製のモダン(つるの先の滑り止め)以外はすべてチタン製となっており、軽く丈夫な作りが魅力的だ。

『フォーナインズ』S-270T

プラスチックとメタルのコンビネーションモデルは、テンプルの厚みにギャップをつけることで、パーツを安定させる効果が。逆Rヒンジも搭載することで、顔を優しく包み込んでくれる。前に突き出た2本のブリッジは、それぞれ厚みを変えフロント部分に強度を持たせた作りに。スーツ映えするシンプルなデザインなので、オンタイムをおしゃれかつ、ストレスのないかけ心地を、これ一本で対応してくれる。

『フォーナインズ』S-331T

こちらもレンズ上部にのみフレームを配した「メタルブロウ」構造のモデル。上で紹介した「S-111T」と違い、レンズだけでなくメタルブロウ部分単体でも二重構造になっており、フレーム全体の安定性が高まっている。テンプル(つる)はプラスチック製となっており、異素材の組み合わせを視覚で楽しめるのも特徴的なモデルだ。ツヤ消しメタルのクールな表情と、プラスチックのマットな表情の差をファッションに取り入れよう。

『フォーナインズ』NP-66

プライベートやオフィスカジュアルで活躍しそうな太めフレームのウェリントン。厚みのあるテンプル(つる)は中央にアクセントデザインがさりげなく施されており、カジュアルながらも「軽くなりすぎない」上質な雰囲気を覗かせている。マットな単一カラーから、「べっこう」を思わせる複雑なパターンまで豊富なカラーバリエーションが取り揃えられており、ファッションに合わせて選ぶ楽しみがある。悩む時間も楽しみたいところだ。

『フォーナインズ』AP-07

外側にぷっくりと膨らんだフォルムが特徴的な、フォックス型アイウェア。個性的な表情が見ていて楽しく、カジュアルファッションのアクセントとして活躍させたいモデルだ。フロント部分とテンプル(つる)部分のカラーがパキッと分かれたタイプが多く、その点も個性にひと役買っている。普段から主張の効いたファッションを好む人にもおすすめしたいし、普段シンプルなファッションを好む人のちょっとしたアクセントにもおすすめだ。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
フォーナインズ(999.9)
アイウェア
メガネ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

Freeamericanidol編集部

おしゃれな大人が愛用。オリバーピープルズのアイウェアが支持される理由

メガネをおしゃれなアイウェアとして浸透させた『オリバーピープルズ』。ファッション性の高さに触れつつ、同ブランドのメガネが支持される理由を探ります。

宮嶋 将良

それいいね! おしゃれに見られる腕時計20選

おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

黒野 一刻

温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

Freeamericanidol編集部

ニューバランス574てどんな靴? ブランド入門モデルが持つスペック

『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

Freeamericanidol編集部

無印良品のTシャツは、とことん素材にこだわった逸品揃い

シンプルで高品質、そしてコスパの高さで支持されている『無印良品』のTシャツは、リピ買いする人も多数。素材やデザインなどのこだわりを掘り下げて紹介します。

近間 恭子