三ツ星モデルが揃う。コンバースのスニーカーコーデ集

スニーカー界で不動の地位を確立した『コンバース』。100年を超える歴史の中で生まれた数ある名作の中から人気の3足をチョイスし、今春真似したい着こなし例を紹介する。

大中 志摩

2016.02.26

随一の汎用性を誇るオールスターとジャックパーセル、品を備えたワンスターが欲しい

『コンバース』は、100年を超える歴史の中で数々の名作を世に送り出してきた。無駄のないシンプルなデザインが魅力のオールスター。スマイルやヒゲの相性で知られるジャックパーセルもオールスターと並んで人気が高い。また、端正なルックスで品のよさを備えたワンスターも見逃せない名作のひとつ。今回、時代を超えて愛されるこの3モデルに注目。春のおしゃれを存分に楽しむためにも、マストでチェックしておきたい。

ローテクスニーカーの代表格。『コンバース』のオールスターとは

1917年にバスケットボール用のシューズとして誕生。今では説明不要のキング・オブ・スニーカーとして幅広い世代に愛されている。ベーシックなキャンバス地の定番モデルに加え、素材や色、デザインなどさまざまなアレンジを加えたモデルが毎シーズン展開。ベースとなるデザインは約100年たった今でもほぼ変わっていない。

今春参考にしたい、オールスターの着こなしサンプル集

ラギッドな雰囲気漂うアメカジコーデ。ニットとデニムジャケットの絶妙な丈感に注目したい。色味が落ち着きすぎないように足元には赤のオールスターを合わせて適度な遊び心を。パンツの程良いルーズさが心地よい。

黒のローカットのオールスターならセットアップのきれいめコーデにもぴったり。また、カジュアルなアイテムであるキャップも色味を抑えてシンプルなデザインを選ぶことで大人っぽくまとまる。

デニムジャケット、ボーダーT、スウェットパンツのラフな休日スタイル。スウェットパンツは細身のシルエットでだらしなさを払拭。デニムジャケットと黒のニット帽が着こなしを締めて、オールスターの鮮やかなイエローが春夏感を盛り上げる。

デニムオンデニムのアメカジスタイルにはハイカットのオールスターが相性抜群。全体をブルーとホワイトでまとめれば子供っぽさを感じさせない大人スタイルに。ジャケット、パンツともに色落ち具合が美しい。

モノトーンのグラデーションを利用したシャープなジャケパンスタイル。足元はスニーカーで軽快に。ローカットなのできれいめアイテムにもすんなりなじんでくれる。ジャケットと色を揃えてクリーンに演出。

シンプルだけど愛くるしいスマイルが特徴。『コンバース』のジャックパーセルとは

1935年にバドミントンのワールドチャンピオンだったジャック・パーセル氏が開発に参加し、リリースされたシグネチャーモデルの先駆け的存在。当時、快適性や耐久性など機能性の高さからテニスなどの競技用シューズとして人気を博した。今では、スマイルやヒゲの特徴的な愛称で世界中の多くの人に愛されている。

今春参考にしたい、ジャックパーセルの着こなしサンプル集

春夏らしいマリンルックには水色のコートでより爽やかに。コートの袖口やパンツの裾をロールアップすることで軽快なスタイリングを構築した。ジャックパーセルはボーダーと色を揃えて統一感を出して。

アウターやインナーのシャツは白でクリーンにまとめつつ、パッチワーク加工のデニムで遊びを加味したコーディネート。上下を淡い色みでスタイリングしているため、赤のジャックパーセルが着こなしのアクセントに。

カジュアル色が強いスウェットパンツながらも、ニットとシャツで大人仕様にメイク。白のジャックパーセルが、上品な印象をアシストしている。

ハンティングジャケットにデニムシャツ、パンツはシンプルに黒をセレクト。ハンティングジャケット特有の土臭さも他アイテムをカジュアルにまとめればマイルドに。全体的に細すぎず、太すぎずのラフなサイズ感もよい。

モヘアのカーディガンに白シャツとチノパンを合わせたカジュアルコーデ。カーディガンのブルーと白シャツのコントラストが爽やかさを醸し出す。赤いジャッックパーセルはベージュのチノパンに相性抜群。

ネイビー×ホワイトでまとめたスタイリング。カジュアルなアイテム合わせたシンプルな着こなしだが、色を統一することでシックな雰囲気を醸し出している。オールホワイトのジャックパーセルは清涼感抜群だ。

品ある足元を作る。『コンバース』のワンスターとは

1968年、『コンバース』の中でも最高ランクモデルとして爆発的なヒットを記録。素材の調達や品質の安定化がネックとなり短期間で姿を消した。しかし、その後メイドインジャパンとして復活。1968年の発売当時から高い人気を誇り、今でも世界中に多くのファンを持つ名作だ。サイドに施された星のデザインが特徴。

今春参考にしたい、ワンスターの着こなしサンプル集

ブルーのアイテムでまとめた爽やかな着こなし。ブルーでも色味をバラけさせることでのっぺりとした印象を回避でき、ワンランク上のおしゃれが楽しめる。ワンスターの光沢感が大人らしい品のよさを醸し出す。

ざっくりとした編み地で存在感のあるニットはシャツと合わせてシンプルに。トップスが淡い分、パンツで締めて足元でアクセントを加えることでバランスを調整。発色のよいワンスターが洒落感をアピールしてくれる。

ジャケットにパーカー、スウェットパンツでラフにまとめた着こなし。イエローのワンスターがアクセントとなり、軽快な印象に。また、ベレー帽やメガネといった小物使いで上品さを加えてシックな雰囲気に仕上げた。

KEYWORD関連キーワード
スニーカー
コンバース(CONVERSE)
夏の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

菊地 亮

ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

まつお ありさ

大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

Freeamericanidol編集部

シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA

ワークキャップで男らしく。覚えておきたい被り方&コーデ

デニムを筆頭に、ワークウェアはメンズカジュアルにおいて常に重要な存在だった。被り物でもそれは同じこと。ワークキャップの男らしさはきっと今季の武器になる。

菊地 亮