シンプルイズベスト。タイメックスのキャンパーは男の永世定番だ

キャンパーとは、アメリカンウォッチブランド『タイメックス』を代表するシンプルなミリタリーウォッチ。大人の男性の気取らない休日に欠かせない、オフ時計の決定版です。

黒野 一刻

2019.08.22

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

『タイメックス』というブランドについて

neelセレクトショップ

『タイメックス』は1854年創業のウォーターベリークロック社を前身とするアメリカンウォッチブランド。ミッキーマウスのキャラクター時計で有名なインガーソル社との合併以降は手が届きやすい腕時計を製造するブランドとなり、1970年代のクォーツショックを生き抜いた数少ないアメリカ発祥のウォッチブランドなのです。機械式時計からクォーツ時計への切り替えに巧みに成功しつつも、機械式の需要が再燃してきた2018年には手巻きモデル「マーリン」を復刻するなど、商売上手なブランドでもあります。

『タイメックス』といえば。基幹モデル「キャンパー」を知る

HEART LAND

1970年代に腕時計の大衆化が急速に進むのと平行して、一般将兵向けの軍用時計は壊れてもすぐに取り替えの効くロープライスな腕時計を志向するようになりました。「キャンパー」は元々1980年代のアメリカ軍に納入されていた軍用モデルで、1980年代の『タイメックス』を代表する時計でした。「キャンパー」は腕時計としての最低限の機能のみを持つことで、コストの切り詰めを達成したモデル。それが現代においては、究極の機能美にもつながっています。

機能性に無駄なし。「キャンパー」の魅力とは

「キャンパー」の魅力は軍用由来のミニマリズムに根差しており、腕時計としての最低限の機能を追及した機能美にあります。視認性の良いアラビアインデックスに、装飾性を控えたシンプルな文字盤。“時間がわかる”という当たり前にも聞こえる点に特化したモデルだからこそ、老若男女、時計好きか否かに関わらずこんなに惹き付けられるのかも知れません。

魅力1シンプルな機能のみを追求する潔さ

ZOZOTOWN

カレンダーやストップウォッチなど、機能の複雑化こそが腕時計の進化。しかしその本来のあり方は、いつでも誰でも時間がわかるということに尽きます。他の機能のせいで時刻が把握できないのは、本末転倒でしょう。時・分・秒の3本の針さえあれば十分であり、時刻を誤解することがないよう表示は見やすくする。このように絞り込まれた機能と見やすいデザインこそ軍用時計の本分であり、目指すべき理想です。「キャンパー」は、まさにその姿を実現しています。

魅力2圧倒的なコストパフォーマンス

ZOZOTOWN

一般将兵向けの軍用時計のローコスト化というのは、機械式時計ばかりの1960年代から取り組まれてきたこと。部品数を削り、ケースはプラスチック、ベルトもナイロン製というのは、そんなコスト低減策のなかから生まれてきた仕様です。現代の「キャンパー」はアンダー1万円が当たり前。ですが、そのコストパフォーマンスは時計の歴史が蓄えた試行錯誤の賜物なのです。

魅力3見た目からは伝わりにくい頑丈さ

HEART LAND

「キャンパー」はケースも風防もプラスチック。防水性は、いわゆる生活防水といわれる3気圧です。しかし、耐久性に劣る使い捨て時計なのかというと「キャンパー」は違います。実は筆者もキャンパーを所有しており、数年前に1度洗濯機に入れて洗濯してしまったことがあります。当然のことながら多少の水の侵入を許し、水分で夜光塗料が溶け落ちました。しかし裏蓋を開けてムーブメントを乾燥させたら、今でも問題なく動いてくれています。シンプルであるからこそ、意外なタフネスを発揮してくれるという体験をもたらしてくれたのがこの「キャンパー」だったのです。

ナイロンベルトレザーストラップ。気分で選択しましょう

20世紀中葉以降のミリタリー時計らしいローコストの象徴、ナイロンベルト。今ではリボンベルトとも呼ばれカジュアルウォッチの良き友となっていますが、キャンパーにはこのナイロンベルトこそがお似合いです。しかし、他人と差をつけたい、カジュアルでも少し大人に装いたい、というあなたには定番をあえてハズすレザーもありでしょう。贅沢にカーフのベルトを洗濯すれば、ヴィンテージライクな雰囲気を盛り上げます。

アイテム1ナイロンベルト

ローコスト感たっぷりのナイロンベルトこそが、キャンパー本来のデザイン。『タイメックス』の「レギュラー」モデルのほとんどはナイロンベルトを装備していますが、この定番中の定番モデルのベルトこそ愛好家の心に刺さります。

アイテム2革素材ベルト

HEART LAND

レザーストラップを合わせた参考例として、レディースのみで発売された29mm径の日本限定モデルを。通常のサイズが35mm前後なので若干小ぶりに見えますが、レザーをあわせてきれいめに見せるなら、選択肢としては有りでしょう。

こちらはシボ感たっぷりのソフトな牛革を使用していますが、ナイロンとの素材感の違いは一目瞭然。どことなく、文字盤の印象も引き締まって見えます。各種ストラップメーカーでもレザーのNATOベルトはお手頃な価格で販売しているため、自分の「キャンパー」で試してみても良いでしょう。

ちょっと大人に見せたいなら、ステンレススチールケースの「キャンパー」を

ZOZOTOWN

「オリジナル キャンパー」が復刻したのち、後を追うように素材違いとなるステンレススチールケースのモデルが登場しました。それが、こちらのモデル。ネイビーに限らずカラーバリエーションも豊富ですが、ケース径が40mmに拡張され、マットなメタルケースになったことで腕元での存在感も段違いになっています。樹脂素材にはない光沢は。きれいめスタイルにももってこいです。

ZOZOTOWN

さらに、現代の時流に合わせて、大戦当時にはなかったメタルブレスモデルもお目見え。しかしながら、ケース同様にマットな素材感の5連ブレスにはどこかヴィンテージライクで、懐かしさすら覚えます。着脱はワンプッシュで行えるため、古き良き見た目に反して使い勝手は上々です。

メンズカジュアルに例外なくハマるのが、評価の理由です

シンプルで飾り気のないミリタリーというスタイルは、基本はメンズに根差したもの。とはいえキャンパーは武骨一辺倒でなく無難に何にでも合わせられるので、とくにカジュアルなスタイルにワンポイント的なアクセントをつけるのにも適しています。さらに基本のモデルは34mm(オリジナルキャンパーは36mm)の小ぶりサイズですから、昨今の小さめウォッチの流れにも即しています。

例えばラフな白スウェットシャツの袖口にも

WEAR

「キャンパー」は軍用時計であると同時に、アメリカンブランドです。そのシンプルなスタイルは、典型的なアメリカンカジュアルにぴったり。ホワイトカラーで洗いざらしのスウェットシャツの腕元なんかにも、違和感なくマッチします。

例えばアメカジの定番。チェックシャツにも

WEAR

もうちょっとパンチを効かせたいのなら、ネイビーケース+ホワイト文字盤のようなタイプを着けるのもいいでしょう。視認性を高める赤の秒針も、いいアクセントになります。アメカジらしく、小ぶりな形状を生かして他の細身のアクセとの重ね着けも有効です。主張のあるチェック柄に対し、程良くバランスを取ってくれます。

例えば夏らしい半袖短パンスタイルにも

WEAR

装いが軽くなる春夏には、小型の腕時計が着こなしにフィットするでしょう。Tシャツなどがメインになり少し寂しさを感じる腕元に、34mmケースの「キャンパー」が嫌味を感じさせない程良いアクセントとしてはたらいてくれます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
タイメックス(TIMEX)
腕時計
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部

おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

黒野 一刻

グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

黒野 一刻

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

特殊部隊が認めたタフネス。ルミノックスのハイスペックさに惚れ直す

アメリカの特殊部隊をはじめ、過酷な現場で活躍する著名な公共機関が採用。タフネスウォッチの代表格として君臨する『ルミノックス』の、その魅力を再確認します。

夏目 文寛

まさに時を知る機械。セイコーブライツは愚直なまでに堅実だ

腕時計とは本来、時を知るための実用的な道具。そんなことを思い起こさせてくれるのが、見た目も機能も誠実に作られた『セイコー ブライツ』のラインアップです。

増山 直樹