毎日着たい。ファクトタムのデニムとウェアに注目

今季も継続して人気を集めるデニム。春に向け新しいデニムを探しているなら日本発のファクトタムは必見。ほかのアイテムも大人にハマる上質なモノがそろう。

大中 志摩

2016.02.16

デニムにこだわりと個性あり。『ファクトタム』とは?

『ファクトタム』は2004年に、有働幸司氏が設立したアパレルブランド。“デニムに対する深い思いと、モードとリアルクローズを融合すること”をコンセプトに掲げ、ミリタリーやワークウェアをベースにテーラードの要素を加えたアイテムを展開している。さらに、シーズンごとに音楽や映画、街や本などカルチャー的なテーマを設けているのも特徴だ。コンセプトであるデニムアイテムには特に力を入れており、表情豊かな経年変化が楽しめる。

魅力1:個性豊かな表情を見せるデニムアイテム

『ファクトタム』最大の魅力はデニムアイテム。特にジーンズはシルエットが美しく、素材にこだわっているのではき心地抜群。経年変化にも定評があり、リジッドデニムを探すならチェックしておきたいブランドだ。

魅力2: 大人にもハマる洗練されたデザイン性

素材から細かなディテールまでこだわった洗練されたデザイン性も『ファクトタム』の魅力のひとつ。カジュアルな中にも品のよさが漂うデザイン性が特徴で、大人の着こなしにもすんなり馴染み、上質感を演出してくれる。

ブランドを象徴するデニムアイテムを取り入れた、みんなの着こなしをチェック!

『ファクトタム』のデニムアイテムを取り入れた着こなしを紹介。カジュアルからきれいめまでどんなスタイルにも使え、大人らしいシックな装いが楽しめるのも同ブランドならでは。

全体をベーシックな色みでまとめることで、経年変化によるグラデーションが美しいデニムジャケットの存在感を際立たせた。スウェットパンツやパーカーでリラックス感を出しつつ、足元はローファーで引き締めて大人っぽく。

ウォッシュ加工が施されたデニムには、白シャツとコートを合わせることで上品な印象に。絶妙なコートの丈感や落ち着いた色みがカジュアルすぎず、決めすぎない独特の空気感を作り出している。

淡いカラーのアイテムを中心にまとめたマイルドな着こなし。ぼやっとした印象にならないように、ビビッドなピンクのシャツをインナーにプラス。シャツのピンクが悪目立ちせずに心地よい柔らかさを加速させる。

デニムジャケットをハイネックのインナーやニット、スラックスできれいめにコーディネート。堅くなりすぎないようにキャップとスニーカーで程よくカジュアル感を加味しつつ、色みを抑えてシックに仕上げた。

カジュアルアイテムを中心とした組み合わせだが、全体をタイトにまとめることでスタイリッシュさをアピール。コーデの格上げとして足元にチロリアンシューズをオン。イエローのニット帽が好アクセントになっている。

ネイビー、ブラック、グレーのダークトーンでまとめたシンプルな着こなし。重くなりがちな着こなしも、ミニマルなアイテムを選ぶことでスッキリと着こなせる。また、色をバラけさせることで立体的に見せることが可能。

Tシャツにデニムシャツ、デニムパンツのシンプルなデニムオンデニム。『ファクトタム』ならではの色の濃いリジッドカラーのパンツは経年変化にも注目したい。チラリと主張するTシャツの白がアクセントに。

ルーズなシルエットがポイントのニットデニムのトップスをメインに、シャツとデニムを合わせてカジュアルに。白のアイテムは膨張して見えるので、近くに柄や原色を合わせてあげるとまとまりやすい。仕上げにハットで今っぽく。

ウォッシュのかかったデニムジャケットに、タートルネックニットできれいめにコーディネート。ホワイトデニムにオールホワイトのスニーカーを合わせて、清涼感抜群のカジュアルスタイルに仕上げた。

白のタートルネックニット、チェック柄コート、ハットを合わせたシックな着こなし。薄手のニットなのでタートルネックの重たさを感じさせない。上半身にボリュームがあるので、細身のデニムはロールアップして軽快にはきこなして。

毎日着たくなる『ファクトタム』の洋服たち。春に選びたい一着はこれ

洗練されたデザインで大人の着こなしにもハマる『ファクトタム』のアイテムは、毎日着ていても飽きがこない。そんななかでもこの春におすすめのアイテムを4つセレクトしてみた。

アイテム1リジッドストレッチデニムテーパードパンツ

定番展開されているレギュラーシリーズのテーパードデニムは必見だ。足のラインをきれいに見せてくれる細身のタイプだが、ストレッチが効いているので動きやすい。バックポケットの美しい曲線のステッチも見事。

アイテム2タイプライターピンタックシャツ

上質なコットンで織られたタイプライタークロスを使用したシャツ。シルエットが非常に美しく、落ち着いたベージュの色みが大人な雰囲気を演出する。セットアップはもちろん、カジュアルな着こなしにも相性がよい。

アイテム3G10プレミアムリジットデニム 3rd Gジャン

定番人気のデニムジャケット。素材には、デニム生地に定評のある日本綿布に特注したストレッチ入りのセルビッチデニムを使用している。ビンテージデニムの仕様を再現し、リベットにもこだわった。細身なのでアウターからインナーまで幅広く活躍する。

アイテム4度詰め裏毛リブブルゾン

MA-1のような雰囲気のシンプルなコットンブルゾン。ミニマルなサイズ感で丈が短く、春のライトアウターとして重宝する。また、今の時期ならコートのインナーとしてもおすすめ。ダブルジップ仕様なので温度調節にも便利。

KEYWORD関連キーワード
ジーンズ
ファクトタム(FACTOTUM)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

Freeamericanidol編集部

マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

編集カツラガワ

ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

山崎 サトシ

コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。とくにここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

Freeamericanidol編集部

6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

Freeamericanidol編集部

ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

Freeamericanidol編集部