今春も旬のデニム!ジージャンは今から春まで着回そう

メンズコーデに欠かせないのがデニムです。特に今春はジージャンを使ったコーデが盛り上がりそう。そこで、冬から春まで使えるジージャンの着こなし方法をお届けします!

CANADA

2016.02.14

春まで着られるジージャン。狙い目の色は?

冬の終わりに購入し、春まで着られるジージャンなら、適度にユーズド加工が施された色落ちタイプがおすすめ。黒やグレーなど、全体の色合いが暗くなりがちな冬コーデのアクセントになってくれるし、春の軽やかなアイテムともうまくマッチしてくれるのだ。

春まで着られるジージャン。サイズ感の正解は?

大人の男性が選ぶジージャンの形、シルエットは大き過ぎず小さ過ぎないジャストフィットサイズが鉄則。大き過ぎては野暮ったく見えるし、スタイリッシュさを狙って小さめを選ぶと、ジージャンの中に重ね着する時にとても窮屈になってしまいます。

■合わせて読みたい:
選ぶなら大人らしさにこだわって。ジージャンの定番&高コスパブランド20

シーズン別に考える。ジージャンのコーディネート

色みやサイズ感が把握できても、結局のところ重要なのは“どう着こなすか”。ここでは、残る冬のシーズンと、これから迎える春に向けてのコーディネートをレクチャーします。

冬に取り入れるなら、コートの中にレイヤード!

寒い季節にジージャンを取り入れるなら、ジージャンをシャツ感覚でコートの下にレイヤードして。きれいなウール地にカジュアルなデニム素材がミックスされて、自然とこなれ感が出せます。ジージャンの中にはニットなどを着るのがスタンダードですが、より今年らしさを目指すならハイネックニットがベストです。

ダッフルコートの中にジージャンをレイヤード。ジージャンのインディゴブルーに合わせてパンツもブルーを選ぶことで、冬コーデに清潔感を加えています。

チェック柄のコートの中に色落ちしたジージャンを入れてこなれ感を出した。さらに、ジージャンからパーカーのフードをのぞかせてアクセントにしています。

チェスターコート×ユーズド加工ジージャンの今年らしい組み合わせ。パンツもジージャンとよく似た青で統一して、縦長のシルエットを強調しています。

全身をネイビーでまとめて、足元をカジュアルなブーツでハズしたコーデ。全身ネイビーの中にも、コートのインナーをユーズド感あるジージャンにしたことでメリハリが生まれています。

春に取り入れるならジージャン×シャツで爽やかさを出す!

ジージャンは本来アメカジアイテムなので、中に着るのはTシャツと思いがちですが、大人ならぜひシャツと合わせて着こなしてほしい! Tシャツだとカジュアルな印象になり、シャツなら程良く大人の雰囲気を漂わせることができるんです。

ジージャンにチェックシャツを合わせたカジュアルコーデも、パンツと靴を黒で統一して、子供っぽくならないように着こなしています。

ジージャン×白シャツなら、カジュアルな組み合わせでもきれいにまとまる効果アリ。帽子をアクセントにして、シンプルにまとまり過ぎるのを回避しています。

パンツがカジュアルなジャージ素材ですが、ジージャン×白シャツの組み合わせなら大人に似合うスタイルに。ジージャン以外のアイテムをモノトーンで揃えたのも◎。

王道のアメカジスタイルも、ジャストフィットなサイジングとインナーにシャツを合わせたことできれいめに進化。足元に白のスニーカーを持ってきたのも今年らしい。

今おすすめしたい、カーディガン5選

今買ってすぐに使えて、春までたっぷりと着回せるジージャンをご紹介。インナーにもアウターとしても使えるほど利便性が高いため、2枚、3枚と欲しくなってしまうかも!?

アイテム1『アーバンリサーチ』

スウェットのようなソフトな質感で産まれた本格的なジージャン。ストレッチに富んだストレスフリーな着心地と、程良くフィットするスマートなシルエットも◎。

アイテム2『ウィゴー』

スラブ生地を使用したジージャン。程良く野暮ったい風合いは残しつつも、シルエットはすっきりとスマートに仕上げています。シンプルかつ万能なデザインだから重宝するはず。

アイテム3『ナノ・ユニバース』

カットソーに使われる素材を用いた、ストレッチ性に優れたジージャン。軽い着心地のためライトアウターとしてはもちろん、インナーとしても活用することができます。まさに今買って春まで着られるアイテムです。

アイテム4『ジャーナルスタンダード』

サード型らしく、ディテールやシルエットが程良くタイトに仕上げられたジージャン。従来のジージャンならではのデザインはそのままに、すっきりとしたシルエットにアレンジ。ストレッチが効いているため着心地もいい一着。

アイテム5『ビームス』

こちらはセカンド型をモチーフにデザイン。着丈とアームホールは現代的にリサイズされており、タイトで上品なシルエットが実現。ヴィンテージのムードを醸し出すオリジナルのフィラメント糸が使われているなど、大人にはうれしいこだわりも。

KEYWORD関連キーワード
デニムジャケット・Gジャン
春の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

那珂川廣太

ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

大切なシューズが濡れてしまうのが、雨の日の悩み。かと言って雨の日もおしゃれはしたい……。そんな方におすすめしたい、『ハンター』のレインブーツをご紹介。

CANADA

ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

まつお ありさ

大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

Freeamericanidol編集部

夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

菊地 亮