旬度も汎用性も◎のインナーダウンでこなれたコーデに

急速に人気が高まり、瞬く間に定番としての地位を揺るぎないものにしつつあるインナーダウン。その理由は、新鮮でこなれた表情や、驚異的な使い勝手のよさにあります。

平 格彦

2016.02.13

インナーダウンとは

インナーダウンは文字通り、アウター (※写真ではチェスターコート) の中に着用することで保温性が補強できる中綿入りトップスのことです。かさばらないように中綿を薄めに設定しているのが大きな特徴ですが、保温性はかなりのもの。スポーツミックス感も漂い、こなれたニュアンスが匂い立ちます。

合わせて読みたい:
インナーダウンはアウトドアブランドで。選ぶ理由とおすすめ8選

着こなしの幅が広がる! インナーダウンの簡単でおしゃれなコーデ術

インナーダウンが冬から春まで使える理由

ヘビーアウターのインナーとして用いるのが基本のインナーダウンですが、ライトアウターとして使用することも可能。つまり、冬はインナー、春はアウターとして着回すことができるユーティリティなアイテムです。さらに折りたたむことができ、持ち運びにも便利。とにかく優秀なので、実例を参考にぜひ着こなしてください!

冬に取り入れるなら、ダークカラーをメインにして着こなす

文字通りインナーダウンを “インナー” として使用するのが冬の基本。それだけで実際の保温性は抜群ですが、暖かそうな印象も演出したところです。と言っても容易で、全身の半分程度以上をダークトーンにすればOK。アウター+1アイテムが暗めのカラーならクリアできますが、きちんと意識することが重要です。

インナーダウンがダークなら、暗い色のアウターを選ぶだけで冬らしいコーディネートは感性。白いタートルネックをアクセントとして効かせ、今季らしさも加味しています。

チャコールグレーのコートと黒いインナーダウンで重厚なイメージ演出。色落ちしたクラッシュジーンズを合わせても寒々しくは映りません。スヌードも絶妙なアクセント。

ライトグレーのチェスターコートが新鮮。上下にホワイトも効かせていますが、インナーダウン+パンツがダークカラーなので、冬らしい落ち着きが感じられます。

インナーダウンがホワイトであっても、メインのヘビーアウターがブラックなら落ち着きある冬のスタイルに。足元にも黒が効いていて、カラーの配分が絶妙です。

春に取り入れるなら、面積の半分以上が明るいトーンになるように

インナーダウンを “アウター” として活用するのが春の原則。薄手とはいえダウンなので、あまりヘビーに見えないように気をつけたいものです。具体的には、全身の面積の半分以上を軽快なカラーにするのがポイント。パンツ+靴を淡色にすればOKです。インナーダウンのアクティブな印象を強調すれば、春らしさが広がります。

ややダークトーンな上半身に対し、ややライトトーンな下半身という組み合わせが好バランス。全身をカーキ系カラーで統一しているため、大人っぽい落ち着きが漂っています。

春になっても寒い日はあります。そんな時はインナーダウンをインナーに。そのホワイトに加え、下半身も明るいトーンでまとめて春らしい軽やかさを打ち出した好例です。

今おすすめしたい、インナーダウン5選

色の配分を計算してコーディネートを組み立てれば、インナーダウンは何色を選んでも幅広く着回せます。ただし、汎用性の高い定番カラーを選ぶのが前提。まずはモノトーン系かネイビーから揃えていきましょう。最近はパーツが取り外せるタイプも登場していますので、自分にとってポリバレントな一着を探し出してください。

『マーモット』×『ビームス』別注 ダウンフードセーター

好評の別注品がアップグレード。今回はインナー生地も同色にしてシックに仕上げ、取り外しできるフードまで付属しています。また、生地にもダウンにも撥水加工を施し、水に弱いというダウンの弱点を克服。収納ポーチも付いているので、携帯にも便利です。

合わせて読みたい:
圧倒的機能を誇るマーモットのダウンなら厳しい冬も快適だ

『アップスタート』リップストップインナーダウン

襟が脱着できる2way仕様が便利な1着。ポリエステル100%のリップストップ生地は強度が高く、ダウン90%×フェザー10%の中綿は保温性に優れています。軽量かつ素材感がソフトなので、インナーダウンとして使いやすく、ポケット付きでアウターとしても優秀。

『ハレ』ノーカラーダウンブルゾン

大柄の格子状ステッチが特徴的。そのフロント中央のステッチに合わせてフルオープンのコンシールジップを配していますので、閉めるとプルオーバー風の表情になります。また、サイドにもコンシールジップを使った隠しポケットを設置。見た目以上の機能性です。

『アーバンリサーチ サニーレーベル』インナーダウンカーディガン

カーディガン感覚で着回せるVネックのインナーダウン。着心地に配慮しつつ、細身のシルエットでアウターに響かないように計算されています。さらに、自宅で洗濯することもできるのでデイリーで使えること必至。4色+迷彩柄で展開しています。

『シップス デイズ』

ダウンを少なめにして薄く仕上げ、ジャケットやアウターを重ねても持たつかないように工夫。脇部分にリブを取り入れてフィット感も追求しています。また、裏側の胸ポケットに付属する袋布に本体を収納できるポケッタブル仕様。持ち運びしやすくて便利です。

KEYWORD関連キーワード
ダウンジャケット
冬の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

夏もシックに装うための黒Tシャツ着こなし講座

Tシャツコーデはついついラフになりがちですが、大人ならシックにまとめるべきです。そんな時に役立つ黒Tシャツの着こなし方とおすすめ5着を解説します!

平 格彦

サマーニットなら夏も快適。今、大人が狙うべきアイテムとは?

夏はTシャツ1枚のスタイルが多くなりがちですが、大人なら適度なきちんと感をもたせたいもの。そんなときは、おしゃれ度が高まるサマーニットを取り入れてみてはいかが?

近間 恭子

タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

那珂川廣太

白Tシャツのおすすめと選び方、着こなし術をご紹介

白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

Freeamericanidol編集部

春夏にペールトーンという選択を。大人が着たい4色と着こなし方

淡い色味のペールトーンは、1点取り入れるだけで清涼感を演出してくれるため、夏の装いにうってつけ。大人が挑戦しやすい4色と、その着こなし方を紹介します。

近間 恭子

ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

山崎 サトシ