コーデ配色がいつも微妙。なら潔くモノトーンはどう?

色数が増えれば増えるほど、コーデの組み合わせは難しくなるもの。そこで、カラーコーデの中でもっとも簡単で洒落感も出せるモノトーンコーデをおすすめします!

CANADA

2016.01.23

色を使うのって実は難しい。それならいっそ、黒、白、グレーでまとめてみよう

色を取り入れることで旬や季節感を出せたりするけれど、それを完璧なバランスで着こなすのは実に難度が高いもの。一歩間違えるとかえってダサくなってしまうのです。黒、白、グレーのモノトーン配色でまとめれば、失敗することもほとんどなく、大人の雰囲気も簡単に作れます。

モノトーンコーデに挑戦する際、ここだけは気をつけて

誰でも簡単に取り入れられるモノトーンコーデですが、今の季節なら白より黒やグレーの分量を多くするのがおすすめです。黒やグレーを中心にまとめると、冬らしい重厚感が出て大人っぽくキマってくれます。

今スグ真似たい! 大人のモノトーンコーデ10サンプル

黒、白、グレーのみでまとめられた参考にしたいモノトーンコーデを紹介します。カジュアルなアイテムでも大人らしく見える、モノトーンのうれしいところを生かしたコーデをセレクトしました。

幼いイメージになりがちなスタジャンコーデをモノトーンで統一してスタイリッシュに。つば広ハットを合わせるとより今季的に仕上がります。

旬のMA-1をモノトーンコーデでシックな着こなしに昇華。コーデ自体はシンプルなので、ジャケットにつけたエンブレムが際立ちます。

黒のロングコートを用いつつも、ニット帽やパンツを白にしたことで軽やかさを出しています。黒×白のボーダーも好アクセント!

ホワイトのデニムジャケットを使ったスポーティなモノトーンコーデ。黒のパンツに入った白のサイドラインで、脚長効果を発揮しています。

ダウンジャケット、パンツ、ブーツを黒で統一。インナーに着た白シャツを襟部分のみチラ見せさせて、顔周りに明るさを取り入れています。

シンプルなモノトーンスタイル。ノーカラーのダウンジャケットにタートルネックのカットソーをレイヤードして、さりげなくトレンドを注入しています。

旬のチェスターコートは王道の黒をセレクト。中に白のカットソーを合わせてモノトーンスタイルに抜け感を加えています。

程良くゆるさを出した大人のストリートスタイル。大人がストリートっぽくまとめたい場合は、このようにモノトーンで構成すると子供っぽくなりません。

ひざ上丈のコートは実はカモフラージュ柄。黒がベースになったさりげないカモフラージュ柄が、大人の着こなしに最適です。白のパンツで爽やかに着こなしています。

チェスターコートはムラ感が独特の雰囲気を放っているグレーをチョイス。ほかのアイテムを黒でまとめて、大人の色気たっぷりのコーデに仕上げています。

ちなみに、もっともシンプルなワントーンは素材に注意するなど難易度高め

オールブラックの着こなしは、素材でメリハリをつけると表情に差が出て着こなしがまとまります。こちらのコーデはアウターがナイロンブルゾンで、インナーがハイネックニット、パンツがウールのストライプパンツとそれぞれ違った素材のアイテムで構成しています。

KEYWORD関連キーワード
冬の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

山崎 サトシ

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA

必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

菊地 亮

クールビズをもっとおしゃれに。最適なアイテムと着こなし、ご存じですか?

世間に広く浸透してきたものの、まだまだクールビズスタイルに自信を持っている方は少ないはず。猛暑でも快適かつおしゃれに働くためのアイテム選びとコーデ法をご紹介!

近間 恭子

大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

小林 大甫

人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

多様なスリッポンのなかでも、スニーカーソールを用いたタイプが主流です。カジュアルスタイルの足元に取り入れやすいブランドをレコメンドしていきます。

平 格彦