パパ必見!イクメン必須のファッショングッズ5選

イクメンとして育児を重要視するのは当然ですが、おしゃれを忘れずイケメンとしても認知されたら理想的。そんなハードルをクリアするためのおすすめグッズを紹介します。

平 格彦

2016.01.20

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

ポイントは汚れが気にならず軽量。それでいて着脱も簡単!

WEAR

子供と遊ぶなら汚れる覚悟が必要。機動力も大切ですし、育児関係の持ち物も増えます。つまりイクメンのワードローブに必要な要素は、汚れても損害が少ない価格、防汚・防水性、耐水性、着脱しやすさ、豊富な収納……と、きりがありません。そこで妥協できるところは省きつつ、育児にもおしゃれにも貢献する5品を厳選しました。

イクメングッズ1:機能性抜群! アウターの基本はマウンテンパーカーでキマり!

ZOZOTOWN

機能的なアウターの代表格がマウンテンパーカー。防水性と透湿性を兼備する素材を用いていることが多く、多数の大きなポケットで収納性も抜群です。また、ボアライナーが付属するタイプなら保温性も調整できます。アウトドア調の抜け感を演出してくれますので、ほかのアイテムはシンプルにまとめるのが大人っぽく着こなすコツです。

WEAR

マウンテンパーカーは今季らしいベージュ。ほかのアイテムはブラックを基調にすることで、大人っぽく引き締めています。アウターの着丈が短めなので、スマートな印象です。

WEAR

ボアライナー付きのマウンテンパーカーを用いつつ、ネイビー×ホワイトの色使いでマリンテイストを打ち出した好例。爽やかで清潔感のあるイクメンスタイルです。

WEAR

マウンテンパーカーを使った装いはラフに映りがちですが、全身をモノトーンで揃えるとシックな面持ちに。白いアウターで今季らしく演出しつつ、白いシャツで品格も加味。

イクメングッズ2:子供を抱っこしながら履ける! 靴紐不要のスリッポンが便利

ZOZOTOWN

両手が塞がった状態でも簡単に脱ぎ履きできるスリッポンは本当に便利。スニーカーソールを使ったタイプなら履き心地も快適で、まさにイクメンに持ってこいです。しかも、紐付きのスニーカーよりも上品で大人っぽさ雰囲気。定番カラーのシンプルなタイプをチョイスすれば、どんなコーディネートにもマッチする万能な一足となります。

WEAR

ネイビーのスエード製スリッポンにならい、ステンカラーコートも同色でシンクロ。ジーンズもブルー系カラーという統一感により、落ち着きある大人なムードを醸してくれます。

WEAR

ツイード調のネップ感がスリッポンは、温かみのある素材感が今の季節にピッタリ。その一方、グレーを選べば都会的な印象です。全身もモノトーンで統一すれば、よりシック。

WEAR

紐付きスニーカーをベースにしたスリッポンが人気上昇中。カジュアルな抜け感を演出するのに便利です。白いスニーカーとネイビー基調のウェア類を組み合わせて爽快な印象に。

イクメングッズ3:楽々持ち運べる! インナーダウンで体温調整しよう

ZOZOTOWN

動き回ることの多いイクメンは、汗をかくこともしばしば。それを見越して薄着で出掛けると、予想以上の寒さにやられて体調を崩しがちです。そこで、温度調整のためにインナーダウンを活用するのが賢い手段。脱いだ時はコンパクトに畳んでバッグに収納できるので、子供を抱える際も決して邪魔になりません。

WEAR

MA-1のような比較的ライトなアウターでも、中にインナーダウンを差し込めば保温性は十分。スポーツミックスのコーディネートは、今季らしくてスタイリッシュな印象です。

WEAR

ネイビーや黒がインナーダウンの定番ですが、今ならホワイトがおすすめ。同系色のインナーに重ねることで、新鮮な差し色として主張してくれます。ジャケットの下にもピッタリ。

WEAR

インナーダウンではなく、ヘビーアウターを脱いで温度調整するという手もあります。ジャストサイズを選んでトップスをコンパクトにまとめるのが、スマートに魅せる秘訣!

イクメングッズ4:整理整頓しやすいファザーズバッグを見つけ出そう!

ZOZOTOWN

マザーズバッグとは、育児グッズを収納しやすい女性用かばん。その男性版がファザーズバッグです。男性専用はまだまだ希少ですが、落ち着いたデザインのマザーズバッグを視野に入れると選択肢が広がります。また、主流はトートとショルダーの2way仕様。両手が自由になるバッグから収納性に長けたタイプを活用するという手もあります。

WEAR

付属のストラップで肩掛け可能な大判トート。白いキャンバス地×ブラックレザーのコンビ使いにはさり気ない存在感があり、シンプルな着こなしのアクセントになります。

WEAR

摩擦強度に優れるTPEファブリックラミネート生地を用いたトートバッグ。ショルダーストラップが付属し、簡易型リュックとして使用できます。マチも調整できる優れもの。

ZOZOTOWN

バックル付きのレザーストラップは長さを調整でき、肩掛けも可能。大きなサイズで収納力も抜群です。アウトドアブランドが手掛けているだけに、雨に強く耐久性も抜群。

イクメングッズ5:子供の準備で手いっぱい! それならニット帽で寝グセをカバー

ZOZOTOWN

出掛ける準備は子供が最優先。ということで、寝グセを隠すことができる被り物が活躍しますが、風で飛んでいくことのないニットキャップがもっとも有用です。黒、グレー、ネイビーの定番カラーなら、どんな服装にもマッチします。また、狙い目は折り返しタイプ。折り幅を微調整することができ多くの顔型に馴染みつつ、こなれたムードをかもしてくれます。

WEAR

オーバーサイズのコートを選びつつ、細身のパンツとコンパクトなニットキャップで引き締まった印象に。ヘビーになり過ぎないよう、インナーとスニーカーで抜け感を加えた。

WEAR

定番アイテムだけを用いたシンプルなスタイリング。それなのにこなれて見えるのは、ニットキャップをかぶりこなしているからです。浅めにかぶるのが昨今のスタンダード。

WEAR

ライトグレーをベースにしつつ、ホワイトを差して鮮度を高めたコーディネート。ニットキャップはストーンウォッシュを施したネイビーで、その味感が無造作感を演出!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
イクメン
冬の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

平 格彦