ハズしに効果的。スポーツブランドのスウェットパンツ

こなれ感のある着こなしに共通するのが“ハズし”。このテクニックを実践するならば、スポーツブランドのスウェットパンツがイチ推し。アイテムとその活用術を紹介します。

平 格彦

2017.01.17

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

スポーツブランドのスウェットパンツを選びたいワケ

ZOZOTOWN

旬なスポーツミックススタイルを象徴するアイテムということもあり、人気を拡大しているスウェットパンツ。人と被らないようにデザインで差をつけたいかもしれませんが、ラフになり過ぎないように注意することが先決です。ブランドで選ぶなら、王道のスポーツ系が最適。正統派なら、着崩しも容易に実践できます。

ブランドだけじゃない。ほかにも知りたいスウェットパンツの選び方

スウェットパンツはスポーツブランドに頼りたい、とはいってもその種類は実に豊富。そこで、よりタウンユースで使えるおしゃれな一本を選ぶためのポイントをご紹介しましょう。

選ぶポイント1素材はコットンがメインで、カラーは霜降りグレー

ZOZOTOWN

正統派を選ぶのが最善策。素材に関してはコットン100%か、コットンにポリエステルを混紡したものが条件となります。もともと伸縮性がありますが、それ以上の動きやすさを求める必要はありません。また、カラーも王道のヘザーグレー。霜降りグレーや杢グレーとも呼ばれるように、独特な表情が特徴です。グレーのウールパンツを選ぶ感覚でスウェットパンツをはくことができるので、汎用性も抜群です。

選ぶポイント2ワンポイント程度までのシンプルなデザイン

ZOZOTOWN

基本的にはシンプルなスウェットパンツを選べばOK。余計なデザインは必要ありません。ブランドのアイコンが入っているだけでもさり気ないアクセントになりますので、その程度のデザインまでに留めておくのがおすすめ。あまり個性があり過ぎると、着回しにくくなってしまいます。どうしてもスポーティな印象をアピールしたいという場合は、王道のカレッジロゴが最適。カラフルなものは避け、単色プリントを選びましょう。

選ぶポイント3足元がもたつかないように裾はリブ付きかゴム入り

ZOZOTOWN

裾がもたつかないようにリブが付いていたり、裾口にゴムが入っていたりする仕様がスウェットパンツの主流です。裾が絞られることで、スリムなシルエットを自然に形成してくれますので、そうした仕様を絶対条件として挙げておきます。アレンジとして、ポケットなどが追加されているタイプも増えていますが、実際にポケットにものを入れるとスウェットパンツはシルエットが大きく崩れてしまいがちなので、避けたほうが無難です。

3つのポイントを備える、今冬選びたいスポーツブランドのスウェットパンツ5

ヘザーグレーのコットン系素材、ワンポイント程度までのシンプルなデザイン、リブ付きかゴム入りの裾という条件を兼ね備えたおすすめのスウェットパンツ5点を紹介します。

Item1『チャンピオン』

ZOZOTOWN

スウェットパンツの第一人者と言えば『チャンピオン』。その中でも名作として有名なのがリバースウィーブ仕様です。生地が縦方向に縮むのを避けるため、本来は縦方向で使われていた生地を横方向にアレンジしたのが画期的。このジャンルで、長年トップを走る王道です。

Item2『ニューバランス』

ZOZOTOWN

スニーカーでお馴染みの『ニューバランス』も、スポーツブランドならではのスウェットパンツをリリースしています。注目すべきはその構造。立体的なパターンにより、動きやすさを確保しています。また、スポーツウェアにふさわしいディテールと、洗練されたシルエットを両立している点も◎。

Item3『アディダス オリジナルス』

ZOZOTOWN

左脇の刺繍はブランドのアイコン、トレフォイル。ほか、両サイドにも象徴的なスリーストライプスがあしらわれていますが、どちらもさり気ないので悪目立ちすることはありません。その一方、リブのラインは後ろ姿でも主張。スリムなシルエットもモダンな印象です。

Item4『プーマ』

ZOZOTOWN

ILP は ""I Like Puma" の略で、ライフスタイルコレクションを指します。機能性を追求したアイテムではありませんが、お馴染みのアイコンが刺繍で配置され、適度なアクセントとして効いています。また、比較的ストレートなラインなのも特徴です。

Item5『ナイキ』

ZOZOTOWN

左脇に刺繍されたスウッシュが、ブランドを主張。機能性を追求した結果生まれた生地の継ぎ目が、控えめながら近未来的な様相を思わせ、さりげなく個性を演出しています。コットン主体のオリジナル素材「ナイキ テック フリース」が快適な着用感をもたらします。

スポーツブランドのスウェットパンツ。着こなすポイントは?

どんな装いにもマッチするグレーのスウェットパンツ。スリムなシルエットを選べば品のあるスタイルにも馴染み、気軽に着崩せます。ラフに着こなす際は、コンパクトなトップスでモダンにまとめるのが常套手段のひとつ。今冬から、春まで使える着こなしサンプルをまとめました。

▼冬のコーデにはスウェットパンツを明るい差し色に

ブラック、ブラウン、ネイビー…。シルエットはもちろんカラーリングも重たくなりがちな冬のコーディネート。スウェットパンツの明るいグレーを差し色にするとさっと垢ぬけます。

着こなしサンプル1

ZOZOTOWN

グレーのウールパンツ感覚でスウェットパンツをはきこなした好例。チェスターコート、ニット、レザーシューズという上品なアイテムに馴染みつつ、カジュアルダウンをアシストしています。

着こなしサンプル2

WEAR

ボリューム感のあるダウンと、スリムなスウェットパンツという組み合わせが今季的。ダークなトップス×明るいボトムスというコントラストも効いていて、バランスが絶妙です。

着こなしサンプル3

WEAR

光沢感のあるブラックのMA-1が印象的な着こなし。合わせるアイテムによってはコテコテになってしまいますが、スウェットパンツでラフでこなれた感じに落とし込んでいてさすが。

着こなしサンプル4

WEAR

複雑な表情を持つウール混のニットが、シンプルなスウェットパンツと心地よい対比を生み出している冬のリラックスコーディネート。アウターを羽織ればまた違う表情に。

着こなしサンプル5

WEAR

トップスにはフードパーカー、デニムジャケット、ダウンジャケットをレイヤードし、シューズにはボリューミーなブーツを選んだ分、パンツはシンプルにスウェット一本でさらりと。

▼春先の装いではスウェットパンツのラフさに他のアイテムで上品さを加えて

だんだんと暖かくなってきて、アクティブに活動したくなる春。動きやすいスウェットパンツはこの季節の装いにピッタリですが、他のアイテムでドレッシーさを加えるとなおよし。

着こなしサンプル1

WEAR

オーソドックスなアイテムをバランスよくまとめた安定感のある着こなし。ジャケットをロールアップし、スウェットパンツは足首にかけてシルエットを細らせるて着やせ効果抜群。

着こなしサンプル2

WEAR

リラックスして過ごしたい日の休日スタイル。スウェットパンツにスウェットトップスでとことんラフにまとめた分、ブラックのハットと光沢感のあるスリッポンで少し上品に。

着こなしサンプル3

WEAR

スウェットも、合わせるアイテム次第でここまできれい系になれるんです。シャツ・タイ・ニットとジャケットでドレッシーに。スウェットパンツもやや深めのグレーを選んでいます。

着こなしサンプル4

WEAR

スウェットパンツを始めとして、デニムのダウンベストやスリッポンなどラフなアイテムでまとめたコーディネート。インナートップスにホワイトシャツを仕込んできれいめに。

着こなしサンプル5

WEAR

アイテムはカジュアルなのにどことなくきれいめな印象にまとまっているのは、シルエットがスリムなものを選んでいるから。スウェットも足元にかけて引き締まったタイプです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
ボトムス
スウェットパンツ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

健康志向が高まり、ライフスタイルの一部としてジムに通う人が増えています。それに伴い、ジム用のウェアもどんどんおしゃれに。今どきのジムスタイル事情をお届けします。

近間 恭子