1万円以下から、50万円以下まで! 価格別腕時計まとめ

豊富な種類と価格帯で展開しているからこそ、腕時計を選ぶのは難しいもの。そこで、ここでは価格別に腕時計のイチ押しモデルを厳選して紹介します。

Freeamericanidol編集部

2015.12.26

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

ようこそ! 奥深き、楽しい腕時計選びの世界へ

腕時計選びって、難しいですよね。ブランドもモデルも、価格帯だってさまざまですから。また、腕時計というアイテム自体に求めるモノだって、人それぞれのはず。コスパで選ぶこともあれば、「大人のステータス」として慎重になる場面もあるでしょう。でも、腕時計選びに頭を抱えるのも、また楽しい時間のひとつ。以下に掲載している記事も、楽しい時間の相棒として、あなたの腕時計選びの参考書として、ご活用ください。

全75本! 5つの価格帯に分けて、腕時計を厳選してみた

記事1時計ライターが厳選!1万円以下で求めたい腕時計15選

Freeamericanidol

「価格が安い腕時計だから、時間さえ分かればいい」というのは、もったいありません! 選び抜けば、1万円以下でも楽しい時計はたくさん見つかるのです。

記事2時計ライターが厳選!5万円以下で求めたい腕時計15選

Freeamericanidol

5万円あれば、機械式の腕時計だって買えちゃう時代。ただし、セレクトに悩む人も多いはず。ということで今回は、高品質&安心価格をモットーに、選りすぐりの15本をご紹介。

記事3時計ライターが厳選!10万円以下で求めたい腕時計15選

Freeamericanidol

機械式でも、クォーツでも、外装とメカの“ホンモノ”らしさが出てくるのは、5~10万円のこのランクから。時計の良し悪しを、じっくり見極めながら選びたいものです。

記事4時計ライターが厳選!30万円以下で求めたい腕時計15選

Freeamericanidol

高級時計が、なぜ”高級”なのかを理解できるのが、この10~30万円の腕時計。このランクの時計を手にすれば、時計趣味の道へまっしぐらです。

記事5時計ライターが厳選!50万円以下で求めたい腕時計15選

Freeamericanidol

腕時計も30万円の壁を突破すると、よりステータス感が上昇します。30~50万円は、知名度の高いブランドの時計や、プチコンプリケーションにも手が届く価格帯なのです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
腕時計
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

黒野 一刻

ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

今年こそ、ボーナスで腕時計を。そう考える大人にプッシュしたい間違いない逸品を、大ボリュームで厳選。3つのカテゴリから、自分のスタイルに見合う1本を探してほしい。

編集ムタガミ

グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

黒野 一刻

高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

夏目 文寛

特殊部隊が認めたタフネス。ルミノックスのハイスペックさに惚れ直す

アメリカの特殊部隊をはじめ、過酷な現場で活躍する著名な公共機関が採用。タフネスウォッチの代表格として君臨する『ルミノックス』の、その魅力を再確認します。

夏目 文寛

まさに時を知る機械。セイコーブライツは愚直なまでに堅実だ

腕時計とは本来、時を知るための実用的な道具。そんなことを思い起こさせてくれるのが、見た目も機能も誠実に作られた『セイコー ブライツ』のラインアップです。

増山 直樹