スタジャンは装飾のないシンプルなデザインを狙え!

昨今、スポーティさを着こなしへ取り込む動きがよくみられる。となれば、アウターにスタジャンは欠かせない。ただ、今を意識するなら選び方や着こなしには注意を。

菊地 亮

2015.12.25

今選びたいのは、モノトーンでシンプルなスタジャン

スタジャンは、アメカジを語る上で外せない往年の名品。正式名称は、ヴァーシティジャケット、またはアウォードジャケットともいい、もとをたどればアメリカ東海岸の大学野球チームで使われていたユニフォームと言われている。それもあってか、レタードを付け、各校のオリジナルカラーで彩った独特な演出が定番。しかし、今大人が手にしたいのは脱・装飾。ワントーン、モノトーン、素材使いに特化した、シンプルなものが理想的だ。

アメカジのアイコンを、モード一色へ。モノトーンをベースに、むだを削ぎ落としたミニマルなデザインとタイトなシルエットが特徴で、身頃に尾張のスーパー100’sメリノウールを、アームにはキメの細かいラムレザーを使用。

昨年絶大な支持を集めた『セーブルクラッチ』のスタジャンを、今季もリリース。ドンキー襟やもたつきのない独自のラグランスリーブなど、お馴染みのディテールはそのままに、マットな質感の羊革を使って大人っぽく仕上げた。

コンパクトなフォルムと落ち着いた配色が、洗練された印象。素材は、ナイロンを加えて堅牢さを高めたオリジナルウールで。また、前振りのカーブがかった袖で着心地のよさを意識するなど、細部にもこだわった作りが秀逸。

メルトン素材や袖リブのラインなど、往年のスタジャンから着想を得たディテールを落とし込みつつ、アームポケットなどMA-1風の要素も盛り込んだミックス感がユニーク。それにより、定番ながらも新鮮なルックスに。

“大人ストリート”がシンプルなスタジャンを着こなすキーワード

スタジャンは、往年の名品。ただ、過去に学生たちがこぞって愛用し、ストリートの象徴としても君臨してきた歴史もあることから、どこか幼さが残るのが危惧される部分。そこで、大人が袖を通しても胸を張れる着こなしとして、やはりドレスコードの活用とシックな配色は重要だ。その好サンプルを披露。

ハイゲージのニットと白シャツのドレスアイテムをインナーへ。さらに、グレーとブラックの落ち着いた配色により大人っぽさを増したアウターを羽織り、より洗練された趣へ。

アウターとインナーの丈感がいまどき。レギュラーストレートのジーンズに足元は『アディダス』のスーパースターと、モードとレトロの中間をいくモード的ストリート感が絶妙だ。

潔いブラックのワントーンで全身をまとめたクールなスタイリング。その中にあって、インナーのタイダイ柄やバケットハット、足元のスニーカーで適度にヌく妙手が効いている。

スタジャンを軸にしながら、ボトムスにはスラックスを、顔周りにはブリム長めのエレガントなハットをチョイス。その引き締めにより、グッと大人びた表情を作り出している。

モノトーンでコーディネートしながらも、白を織り交ぜたことで軽やかなビジュアルに。アウターやスニーカー、スウェットと、スポーティなアイテムをスラックスで格上げ。

スタジャンのデザインを生かしながら、コートにアレンジしたアウターにより、こなれた雰囲気に。細身のボトムス、ミニマルなレザースリッポン、大きめなハットでモード感満載に。

バッファローチェックのシャツを内側に挿したアメカジ色の強い合わせ。それを、オールブラックのアウターやモノトーン柄で、土っぽさをいなしシャープに仕上げた点がツボ。

メルトンの素朴さを、都会的に魅せるネイビー一色のアウターを中心に、モノトーンでクールにメイキング。品のいいハットの投入で、大人感をプラスした。

トーンを控えた、ミニマルなスタイリング。そこへインナーにチェック柄を挿し、合わせたボトムスもリブパンと、適度な遊び心を表現したことでグッと洒脱なイメージに昇華。

ニットにジーンズ、そして胸元からチラ見えせしたチェックシャツ。着こなしは正統派なアメカジストリートながらも、オールブラックのアウターにより全体が締まった印象に。

KEYWORD関連キーワード
スタジャン
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事