今年もチャンピオンの別注スウェットが一番人気でした

有名ブランドや人気ショップからのオファーが絶えないブランド、チャンピオン。アメリカンスポーツウェアブランドとして有名だが、一体なぜそれほどまでに支持されるのか。

NAKAYAMA

2015.12.25

『チャンピオン』の別注スウェット、その魅力は

1919年ニューヨーク州チェスターにてスタートしたチャンピオン・ニットウェア・カンパニー。ニット製品の卸売りから始まり製造も手掛けるように。高い品質が認められた同社は、スウェットアイテムのオーダーを受けるようになる。そのハイクオリティな商品はアパレル業界へと瞬く間に広がり、有名なブランドやショップが別注をし始めた。両者の力により、チャンピオン製品はさらなる進化を遂げる。

人気の秘密1:質実剛健な素材感に洗練されたデザイン性が融合

アメリカ軍の訓練用ウェアや大学のアスレチックウェアに採用されるだけあり、肉厚な生地感とタフな作りは誰も納得がする。ミリタリーという過酷なフィールドにも適した耐久性と保温性に、現代的なデザインが加わったことで洗練された印象へと昇華された。写真は、『ミスタージェントルマン』の別注モデル。

人気の秘密2:『チャンピオン』のデザイン性を生かした好バランスな別注品

人気のブランド、ショップが別注をかけたがゆえに、そのデザイン性はスタイリッシュなアイテムばかり。刺しゅうされた『チャンピオン』のトレードマークをキラリと光らせながらも、シンプルかつ新鮮な装いを実現させた。品質、デザインを兼ね備えた逸品は、ワードローブに加えるべきアイテムだろう。

人気の秘密3: いつもの着こなしにすんなりハマる

アメリカンスポーツウェアブランドなだけに、カジュアルな雰囲気を漂わせる『チャンピオン』のアイテム。新品なのに使い込まれた空気感は、着こなしに適度なこなれ感をプラスしてくれる。ラフでカジュアルな着こなしは無論、きれいめスタイルのハズし役としても、大いに活躍してくれる。

テーラードジャケットで大人っぽく演出しつつ、『ダファーオブセントジョージ』が別注した『チャンピオン』のスウェットをインして抜け感も加味。ユーズドルックなデニムを合わせて、リラックス感も醸し出した。

『レイジブルー』別注の『チャンピオン』のスウェットをスパイスにした、白が基調の都会派コーデ。トップスとシューズの色合わせにより、着こなし全体に統一感が生まれた。

『ビームス』別注モデルを主役に、タイトなカーキのパンツと合わせてコーディネート。『ナイキ』のスニーカーを取り入れ、スポーティな要素もプラス。今の気分にハマる、大人のカジュアルな着こなしに。

『グリーンレーベルリラクシング』の別注スウェットは、落ち着いた色のパンツを合わせてシックな印象に。足元の『ナイキ』のスニーカーで、抜け感を加えているのがポイント。力が入りすぎていない着こなしで、リラックスしたムードも加味している。

『エディフィス』が別注したモデルは、Vネックというディテールが新鮮。同系色のシャツをインナーに取り入れれば、シャツとスウェットの生地感の違いが楽しめる。

パーカーを別注したのは『ジャーナルスタンダードレリューム』。人気のMA-1との組み合わせは、相性抜群。また、モノトーンで全体の色みを構成することで、大人のカジュアルスタイルに。

『アーバンリサーチドアーズ』は、モックネックのスウェットを別注。『グラミチ』のパンツと合わせてカジュアルさを出しながらも、モックネックのディテールにより、上品なコーディネートに仕上げている。

今季発売の別注スウェット集めてみました

Item1『チャンピオン』×『ブルースタンダード』のペンギン柄プルオーバーパーカー

『チャンピオン』の定番ラインであるプルオーバーパーカーに、『ブルースタンダード』のシンボルであるペンギンを落とし込んだオリジナルデザイン。カレッジテイストのプリントに差し込んだキュートなペンギンのデザインは、女子ウケもよさそう!

Item2『チャンピオン』×『バックナンバー』のデカロゴスナップパーカー

インパクト大のデカロゴが存在感を放つスナップパーカー。スポーツウエアの金字塔『チャンピオン』に『バックナンバー』が別注をかけたパーカー。フロントはファスナーではなく、スナップボタンを使用。スタジャンテイストの、レトロなスポーツ感を加えた一枚に仕上げた。

Item3『チャンピオン』×『レイジブルー』リバースパーカー

人気ショップの『レイジブルー』が別注をかけたのは、『チャンピオン』を代表するスウェット、クレイジーパターン。ここでしか手に入らない、最高のアイテムに仕上がった。シンプルなスウェットは幅広いスタイルに取り入れられ、着こなしを絶妙にサポートする。

Item4『チャンピオン』×『アンディフィーテッド』のプルオーバーパーカー

本作は、2002年にロサンゼルスで誕生したアンディフィーテッドの別注アイテム。『チャンピオン』定番のリバースウィーブ仕様はうれしい。同ブランドを象徴する「ファイブストライク」と、チャンピオンの頭文字「C」をプリント。ストリート感漂う印象に仕上げられた。

Item5『チャンピオン』×『ナノ・ユニバース』のソフト裏毛パーカー

人気セレクトショップ、『ナノ・ユニバース』との別注アイテム。パッと見はスタンダードなパーカーだが、通常の裏毛よりボリューム感を体感できるソフト裏毛を採用。首元はボタンアップ仕様のため、真冬の寒い風から体をガードできるのもうれしいポイントだ。

KEYWORD関連キーワード
スウェット・トレーナー
チャンピオン(Champion)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

山崎 サトシ

2019年も人気。ポケットTシャツのおすすめとコーデ

胸元にポケットがあるだけで、表情に変化が生まれ、デザインのきっかけになる。最低限の遊びで大きなリターンを生むポケットTシャツの魅力とおすすめを徹底解明しよう。

菊地 亮

見直してみない? ポロシャツのコーデとおすすめブランド

ポロシャツは、年齢を問わずに着られるからこそコーディネートが重要。そこで大人にふさわしいポロシャツのコーデのヒントや実例、即戦力となる人気ブランドを紹介します。

編集フカザワ

履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

大ヒット中の「ユニーク」が代名詞の『キーン』ですが、他にも秀作が多数。特に2018年に10周年を迎えた「ジャスパー」は機能も見栄えも◎なアクティブ派必携の1足です。

山崎 サトシ

速乾Tシャツがあれば、汗ばむ季節も快適に。今欲しいのはこの12枚

これからの季節、汗をかいても素早く乾燥させる速乾性を備えたTシャツが頼りになります。本格的な夏が来る前に手にしたい、おすすめアイテムをピックアップしました。

ai sato

いざ、神戸。3周年のチャンピオン限定TシャツはFACE氏描き下ろし!

Freeamericanidol読者諸兄にはもはや説明不要であろうアメリカンスポーツウェアブランド、『チャンピオン』。1919年の設立から記念すべき100周年を迎えた今年2019年は、キャンペー…

Freeamericanidol編集部