春夏も快適。コットンニットをコーデに取り入れる

カジュアルなデザインでも上品な見栄えと快適な着心地が魅力のコットンニット。それを採用したカーディガン、ポロシャツ、Tシャツは春夏の大人コーデに活躍必至です。

近間 恭子

2019.04.24

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

暑くないの? 春夏でも快適なコットンニットって?

ZOZOTOWN

コットンニットとは、その名の通りコットンを使用したニットのこと。ナチュラル素材特有の肌触りが楽しめ、通気性や吸湿性にも優れているので春夏のアイテムにも採用されています。ポリエステルなどの化繊素材が混紡されたものもありますが、コットンの魅力を存分に味わうなら、コットン100%をセレクトするのが正解。さらに上品さが高まるハイゲージが大人にはおすすめです。

コットンニットは洗えるの? 扱いやすい?

コットン素材に限らず、基本的にニットは自宅での洗濯が可能です。特に汗をかきやすい春夏シーズンに着用するなら、こまめに洗濯したいですよね。ただし、洗濯表示を確認することを忘れずに。水洗い不可の場合は、洗濯できません。

コットンニットは伸縮性に優れているため、型崩れに注意が必要です。洗濯機を使用する場合はネットに入れておしゃれ着洗い、手洗いの場合は軽く押し洗いがおすすめです。ハイゲージの場合は繊細なので、洗濯機OKの品質表示でも手洗いが安心ですよ。また干し方もポイントで、写真のような平干しハンガーを使うと型崩れを防げます。

HOME

着用するうえで毛玉も気になりますが、コットンニットは毛玉になりにくいといわれ、ウールやカシミヤに比べると扱いやすいです。ただ、洗濯や摩擦などによって稀に毛玉ができることも。その場合は専用のブラシなどを使ってやさしく取り除いてください。

これからの時期はコットンニットの「カーディガン」「ポロシャツ」「Tシャツ」が活躍

春夏に適したコットンニットはデザインのバリエーションが豊富。ここでは”5月~7月くらいにあると便利”をキーワードに、大人におすすめの3カテゴリを紹介します。

▼カテゴリ1:羽織りやポイント役として活躍するカーディガン

コットン素材のカーディガンは、長い期間活躍する優れモノ。Tシャツなどの上に羽織るのはもちろん、ハイゲージだったら肩や腰に巻いてコーデのポイントにするのもアリ!

アイテム1『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』BY ワイド Vネック カーディガン

ZOZOTOWN

袖口や裾のリブにより、ゆったりとしたサイズ感ながらも丸みのあるシルエットを構築。程良く厚みのあるボディですが、ハイゲージに編み上げているので暑苦しく見える心配は無用です。コットンながらもドライな質感で、心地良い肌触りが楽しめるのも高ポイント。

アイテム2『ビーミング by ビームス』”BBB” ハイゲージカーディガン

B:MING LIFE STORE by BEAMS

特殊な加工で毛羽立ちを抑えたことによる、きれいな表面感と光沢ある風合いが上品な印象。シームレス縫製を採用しているため、ストレスフリーの着心地が楽しめる1枚です。両サイドの編みに変化を付け、視覚的なすっきり見えを実現したところにも注目を。

アイテム3『MHL.』1POC CGN カーディガン

ZOZOTOWN

コットンの素材感を生かしつつ、『MHL.』らしい絶妙な色みに仕上げた1枚。カーディガンでは珍しいポケット付きなのも印象的で、ベーシックなデザインのなかでおしゃれなアクセントになっています。適度にゆったりとしたシルエットで着こなしやすいのも◎。

▼カテゴリ2:カジュアルなポロシャツもニットならモダン

ここ数年、洒落者の間で支持されているニットポロ。その理由は、カジュアルさはキープしつつもモダンかつ上品な雰囲気も演出できるからなんです。ジャストなサイズ感なら、オン・オフともに活躍しますよ。

アイテム1『ジョンスメドレー』30ゲージ ニットポロシャツ

ZOZOTOWN

1930年に登場して以来、ロングセラーを記録し続けている30ゲージのポロニット。『ジョンスメドレー』のアイコン的モデルでもあります。最高級のシーアイランドコットンを使っているので、見た目の美しさはもちろん、抜群の着心地が楽しめます。

アイテム2『トゥモローランド』鹿の子ニット スキッパーポロシャツ

ZOZOTOWN

もともとメンズのニットメーカーとしてスタートした『トゥモローランド』からピックアップしたのは、すっきりとしたスキッパータイプのニットポロ。立体感のある鹿の子素材で仕上げてあり、ドライタッチな質感も特徴です。程良い厚みがあるため、1枚でも透けにくいというのも優秀。

アイテム3『アーバンリサーチ』サーフニットポロシャツ

ZOZOTOWN

ボディに使用した表情豊かなサーフニットは、吸水速乾に優れ、かつ軽量というのが魅力。表面もドライな質感なので肌に貼りつくこともなく、夏でも快適に着用できます。ドロップショルダー気味でややルーズな今どきシルエットなので、カジュアルスタイルに取り入れるのがおすすめ。

▼カテゴリ3:もはやコットン素材のニットTは大人の必需品

コットンニットのなかでも特に大人カジュアルに欠かせないのがTシャツです。上品かつ知的なムードを醸し出しながら、一般的なTシャツ同様に気軽に取り入れることができるんです。着こなしも格上げできること必至!

アイテム1『ルトロワ』×『ビームス』別注 THOMAS ボーダークルーネックニット

ZOZOTOWN

『ルトロワ』の定番モデル「トマ ショート」に、品のあるボーダーをのせた『ビームス』別注モデル。ネックや袖口などに配したバイカラーが、着こなしを引き締めつつ、絶妙なニュアンスをプラスしてくれます。シームレスボディならではの快適な着心地も見逃せません。

アイテム2『シップス』ホールガーメント ピケ ニット Tシャツ

ZOZOTOWN

両サイドだけでなく、ボディと袖にもつなぎ目のないホールガーメント仕様。無縫製ならではのすっきりとしたシルエットと、鹿の子編みによる凹凸ある表面感が特徴です。また最小限の糸しか使用しない環境にもやさしい、省資源ニットTであるという点も注目すべきポイント。

アイテム3『マッキントッシュフィロソフィー』ポケットニット半袖Tシャツ

ZOZOTOWN

身幅が広いボックスシルエットを採用することで、今っぽいリラックス感を演出。大きめの胸ポケットもデザインアクセントになっており、1枚で着ても存在感は十分です。コットンならではのソフトで光沢感ある風合いは、知的なムードを醸し出してくれます。

コットンニットなら、気軽に取り入れられてコーデがこなれた印象に仕上がります

上品でこなれたコーディネートへと導いてくれるコットンニットは、大人こそ取り入れるべきアイテムですが、どうスタイリングするのが正解なのでしょう。同アイテムを用いたおしゃれなコーデを厳選しました!

コーデ1コットンニットでストリートスタイルを大人っぽく

ZOZOTOWN

ストリートスタイルは着こなし次第で若く見えてしまうこともありますが、コットンニットを選ぶと大人っぽさがほんのり漂います。全身をブラックで統一することで、クールさを演出したのもポイント。

コーデ2シンプルだからこそ際立つコットンニットの上品さ

ZOZOTOWN

Tシャツだとラフになりがちなコーデも、上品なコットンニットを合わせることで大人っぽさがアップ。遠目からは無地にも見えるシャドーボーダーが、さりげないアクセントになっています。足元はホワイトスニーカーで春夏らしく軽快に。

コーデ3クールビズで実践したいニットポロコーデ

WEAR

ニットポロにきれいめテーパードパンツをスタイリング。シンプルながらも上品さが際立ち、オン・オフともに対応する着こなしに仕上がっています。足元にローファーをセレクトしつつ、あえての素足履きで夏らしい軽快さをプラスしているのもお見事。

コーデ4上品さとラフさをMIXした大人のネイビーワントーン

WEAR

ニットポロをテーパードパンツにインした上品コーデを、ヴィンテージのような味のあるGジャンでカジュアルダウン。すべてネイビーで統一し、異なるテイストのアイテムをバランス良くまとめているのも技アリ。ライトグレーのオールスターが、絶妙な抜け感を与えています。

コーデ5開襟シャツをインナーに合わせてカーディガンコーデを今っぽく

ZOZOTOWN

カーディガン×Tシャツは王道ですが、旬なムードを演出するなら、彼のように開襟シャツを投入するのがおすすめ。胸元からチラッと白Tを覗かせることで、ダークトーンでまとめた着こなしに抜け感を演出しています。ゆったりしたボトムスでリラックス感を加速させているのも今の気分にぴったりです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
トップス
ニット・セーター
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

リアクトって何?エアとの違いは?ナイキ リアクトの機能とラインアップ

『ナイキ』の新たな機能靴「リアクト」シリーズに注目。「リアクトとは?」という基本から、エアとの違い、そしてラインアップまで幅広く紹介します。

本間 新