【特集】夏のシンプルTには、“脱シンプル”な腕時計

冬テーラードは肉厚ウールorツイードの二者択一が正解

大人のおしゃれには欠かせないテーラードジャケット。冬のテーラードは、保温性にも注目して選ぶことが重要だ。ここでは、ウールとツイードの2素材に注目して紹介!

大中 志摩

2015.12.15

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

冬のテーラードは保温性もしっかりキープが共通キーワード

羽織るだけで手軽におしゃれが楽しめるメンズファッションの王道アイテム、テーラードジャケット。通気性を重視する春や秋とは違い、冬のテーラードは保温性に優れたものを選びたいところ。そこでオススメなのがウールとツイードを使用したもの。どちらも毛素材なので保温性は抜群だ。さらに見た目にも暖かく、季節感のある着こなしが楽しめる。ウール、ツイードそれぞれの今選びたいアイテムを着こなし例と合わせて紹介していこう。

肉厚ウールジャケット、選びたいのはこんなタイプ

冬の定番アイテムであるウールのテーラードジャケットは、カジュアルなスタイルでも気軽に取り入れられるグレーをチョイスしたい。上品な雰囲気を残しつつ、ヌケ感のあるラフな着こなしが楽しめる。

『ジャーナルスタンダード トライセクト』のウールカシミヤ ツイルジャケット

風合いのよいウールを使用したツイルジャケット。カシミヤの柔らかさに加え、ストレッチが効いているので快適な着心地に仕上がっている。トラディショナルなデザインでカジュアルからビジネスまで対応する万能な一着。

『グリーンレーベルリラクシング』のウール×コットンジャケット

デニムをイメージした綾組織の厚手の生地を使用したカジュアルな一着。ソフトな仕立てでややボックシルエットに仕上げられている。深みのあるカラーが特徴的で、ラフな気分でカジュアルスタイルに取り入れたいジャケット。

『オーラリー』のスーパーソフト フランネル ジャケット

上質な極細繊維の中でも、特に柔らかいウールを使用した。しっかりと打ち込みを保ちながら、柔らかくしなやかなフランネル素材に仕上がっている。テーラード仕立ての上品なシルエットとリラックス感のある雰囲気が特徴。

肉厚ウールのテーラードジャケット、着こなすポイントは

カジュアルな印象が強いウールのテーラードジャケットは、きれいめコーデをベースに色や素材の足し引きでコーディネートしていくのがポイント。さらに、中間色であるグレーはどんなアイテムとも相性がよく、コーディネートが重くならないので秋冬の着こなしには欠かせないアイテムのひとつだ。

上半身はハイゲージニットのカーディガンと組み合わせてきっちりとした印象に。ハズしアイテムとしてミリタリーパンツのカーキでアクセントを加えつつ、カジュアルな装いにまとめた。

シックなジャケットスタイルをベースにダメージの効いたデニムと足下のレッドでカジュアルに着崩した。スウェット素材のトートバッグがリラックスした雰囲気を演出している。

ボーダー柄とジャケット、スニーカーをグレーでまとめた柔らかい雰囲気漂うスタイリング。パンツとニット帽のブラックで締めることで着こなし全体にメリハリが生まれている。

シンプルなジャケットスタイルにストライプ柄のパンツを合わせることでアクセントをプラス。大判ストールで首元にボリュームを作ることで大人らしい上品な雰囲気に仕上げた。

ツイードジャケット、選びたいのはこんなタイプ

ざっくりとした素材感が特徴のツイードジャケットは、クラシカルな雰囲気が強いのでネイビーカラーを選んでシックに着こなしたい。素材特有の野暮ったさが気にならず、幅広いスタイルで活躍してくれる。

『シップス』のウールリッチツイード 2ボタンジャケット

アメリカ最古のアウトドアブランド『ウールリッチ』のツイード素材を使用したシックなジャケット。ナイロン混紡糸のため通常のツイードよりも強度があり、保温性が高い。さらに、しなやかな風合いで着心地も抜群だ。

『エディフィス』のシルクネップツイードジャケット

程良い肉感のツイード地にシルクネッップを加えたきれいめカジュアルな一着。ネップのナチュラルな素材感とシルクの光沢感がアクセントに。着丈はやや短く仕立てられており、すっきりとしたデザインとなっている。

『ハリスツイード』×『ビームスライツ』ツイードジャケット

クラシックな雰囲気漂う『ハリスツイード』の生地を使用し、すっきりとしたシルエットでどこかモダンな印象に仕上がった一着。袖通りがよくなるようにストライプ柄の裏地が配されている。左胸のポケットにはフェイクチーフを搭載。

合わせて読みたい:
ジャケットもコートもこの素材で。ハリスツイードで作る大人の装い

ツイードのテーラードジャケット、着こなすポイントは

上品な雰囲気が漂うネイビーのツイードジャケットは、組み合わせるインナーや小物によって表情を変えてくれる。よりシックな着こなしを楽しみたい場合は、暗めのアイテムでまとめるのがオススメ。また、カジュアルなアイテムを組み合わせることで、コーディネートを引き締めてくれるのもうれしいところ。

上品なジャケットスタイルにベイカーパンツを加えてミリタリーテイストをプラス。野暮ったくなりがちなベイカーパンツは、ロールアップしてすっきりとした印象にまとめた。

ニットとジャケットのシンプルなコーディネート。暗めのアイテムでまとめ、程良く締めることで素材特有の野暮ったさを払拭した。メガネを合わせて大人の色気漂うシックな印象に。

チェックシャツとデニムのカジュアルな装いをネイビーのジャケットで引き締めた。ウォッシュドデニムとネイビーのグラデーションが程良いヌケ感を演出している。

難易度の高いホワイトパンツはドットシャツの色を合わせることで上品な雰囲気に。さらに、ジャケットとシャツのネイビーを合わせることで全体的に統一感のある装いにまとめた。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
アウター
ジャケット
テーラードジャケット
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

暑い日でも清涼感を与えられるサマージャケットは、春夏シーズンのマストバイ。選び方や着こなしのポイント、コーディネートの好サンプルまで幅広く解説します。

Freeamericanidol編集部

クールビズに最適なジャケットの選び方とおすすめ7選

クールビズの装いにジャケットは不要? いえいえ、時にはジャケットを着用したビズスタイルも求められるはず。そんなシーンにぴったりのジャケットを、詳しく解説します。

池田 やすゆき

温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

Freeamericanidol編集部

もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

Freeamericanidol編集部

サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

Freeamericanidol編集部

黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

ai sato