【特集】今年の腕時計は、カラー文字盤で差を付ける!

旬度もUP!失敗しない大人の指名買いブランド服7選

餅は餅屋といいますが、それは洋服でも同じこと。今回はファンが多く、人気・実力を備えていて、このブランドならそのアイテムが買いと指名できるモノだけを厳選しました。

Freeamericanidol編集部

2015.12.06

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

選んで失敗しないアイテムなんて……あるんです!

ここ最近はいわゆる“定番アイテム”というモノが増えてきました。ある意味、“定番アイテム”がトレンドになっているといっても過言ではありません。その結果、本当に定番なの?といえるアイテムも残念ながら結構あったりします。

そこでFreeamericanidolでは、今冬選んで取り入れることで着こなしの旬度が増す、今買う価値のあるブランドを厳選。さらにそのブランドの買って失敗なしのアイテムだけをピックアップしてご紹介します。ブランドアイテムの魅力、さらには今日的な着こなし方もお伝えしますので、ぜひ参考にご覧下さい。

記事1ダウンジャケットならここ!カナダグース解体新書

今季も多くのセレクトショップに並び、高い人気を誇るカナダグースのダウンジャケット。トレンドでありながら定番ブランドとして浸透しつつあるブランドの魅力に迫ります。

合わせて読みたい:
今買える15型を一挙見せ! カナダグースのダウン指名買いリスト

記事2アーミーならここ!アルファインダストリーズ解体新書

MA-1人気の波に乗って、ミリタリーブランドのアルファ インダストリーズが注目を集めています。どんなブランドなのか? どんなアイテムがあるのか? 徹底解剖します!

記事3オイルドジャケットならここ! バブアー解体新書

アウターが主役になる季節がやってきた。去年とは違う新しいアウターをワードローブに加えたい!って思う人、デザイン性と機能性を兼ね備えたバブアーはいかがだろうか?

記事4ニットアイテムならここ!インバーアラン解体新書

ニットウェアの専業ブランドとして歴史あるインバーアラン。セレクトショップやブランドから別注の依頼が多く、人気も兼ね備える、ここの魅力を今回は掘り下げます。

記事5スウェットアイテムならここ! チャンピオン解体新書

アメリカの歴史を語る上で欠かせない老舗カジュアルブランド、チャンピオン。世界中にファンを持ち、そしてファッションシーンから別注オファーが絶えない人気ブランドだ。

記事6デニムアイテムならここ!リー(LEE)解体新書

ワードローブに欠かせないデニムだが、とりわけ大人向きで質も確かなモノを選ぶとしたらリーの1本をおすすめ。デニムブランドの中でも随所が特徴的なリーの魅力を紹介。

記事7クライミングパンツならここ! グラミチ解体新書

グラミチを代表するクライミングパンツ。もともと岩壁を登るロッククライマーのために作られたアイテムだが、グラミチの一本ならファッションシーンでも十分に活躍可能だ。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
定番・名作
ダウンジャケット
スウェット・トレーナー
ジーンズ
ニット・セーター
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

スペックに惹かれる男心。ダイバーズウォッチの選び方と人気モデル

機能美にあふれ力強く、背景のあるダイバーズウォッチ。いつの世も、スペックにこだわる男を虜にしてきた。数ある名作の中から、我々が選ぶべきモデルを解説しよう。

編集ムタガミ

グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

山崎 サトシ

2019年夏コーデの参考集。7つのキーワードと夏服サンプル14選

着用アイテム数が少ない夏ファッションは単調になりがち。だからこそ旬なポイントを押さえて差別化を図ることが大切です。キーワードを押さえ、夏コーデを攻略しましょう。

平 格彦

もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

Freeamericanidol編集部

黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

ai sato

安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

山崎 サトシ