定番色ブラウンを取り入れた、普通のおしゃれの作り方

定番色ブラウンを取り入れた、普通のおしゃれの作り方

温かみのあるカラーが今の時期にピッタリなブラウンカラー。ナチュラル感や落ち着きなどを振りまくこの色もまた、我々の目指す“普通のおしゃれ”に欠かせない色なんです。

平 格彦

2015.12.01

秋の着こなし・コーデ

ブラウンを取り入れたコーデの特徴とは

ブラウンがふりまく印象は、温かみやウォーム感、土っぽさや男らしさ、ナチュラル感や落ち着きなどです。色味やトーンによる種類も多く、広義ではキャメルやベージュもブラウンに含まれます。いずれにしても自然界に多く見られるやさしい色で、伝統や安心感といったイメージも醸出できる大人に持ってこいの色です。

ブラウンを取り入れたコーデの注意したいところは

ブラウンで選ぶべき素材は限定的です。レザー、スエード、コーデュロイ、ツイードくらいです。ほかの素材でブラウンを選んでも間違いではありませんが、野暮ったくなりがちなので気をつけましょう。4つの素材のいずれかを選んでも、ややスリムなシルエットを基本として、土っぽさや野暮ったさが強くならないようにすべきです。

アウターでブラウンを取り入れる!

カジュアルなアウターでブラウンを取り入れると、ラフな印象になってしまうので避けるのが無難です。上品なテーラードジャケットやチェスターコートを選べば、“普通におしゃれ”に見えるバランスに仕上がるはずです。また、レザージャケットを選ぶ際も、比較的シンプルで上品なタイプをセレクトするのが賢明です。

ブラウンのアウターと言えばレザージャケット。男っぽさを演出するのに持ってこいアイテムです。シンプルな着こなしに重ねるだけで、リュクス感も漂います。

ツイードの定番カラーのひとつはブラウン。毛羽のある素材で仕立てたテーラードジャケットは温かみと気品を兼ね備え、大人なコーディネートをクラスアップしてくれます。

優しいトーンのブラウン(キャメル)が、新鮮で今季らしいチェスターコート。“普通”なスタイリングに羽織るだけで、おしゃれに魅せるから不思議です。

ボトムスでブラウンを取り入れる!

ブラウンのウォーム感を強調してくれるコーデュロイやウール系素材が今の季節はおすすめ。どんなスタイリングに組み込んでも、温かみのある上品な印象に導いてくれます。また、ブラウンの一種と言えるベージュはチノパンを象徴するカラー。ONでもOFFでも使える汎用性を備えているので、1本は持っておきたい大定番です。

コーデュロイパンツは、ブラウンのボトムスの代表格。ブラウンのウォーム感を引き出してくれるので、冬の着こなしに持ってこいです。素材感が心地良く、はき心地は快適。

ブラウンの中でもトーンが明るい、ベージュのチノパンは、あらゆる着こなしに使えるオールマイティなアイテム。ブラック中心のスタイルに軽さを加味するのにも有用です。

ウール中心の素材を用いたボトムスも、ブラウンが持つ温かみと品位を加速するアイテム。合わせるトップスを選びませんが、セットアップで大人らしさを強調するのもおすすめ。

シューズでブラウンを取り入れる!

ブラウンのレザーやスエードを用いた靴は、その大半が定番的な面持ち。とくにカントリーシューズやスリッポン、チャッカブーツにおいてはブラウンが王道で、“普通のおしゃれ”に欠かせないカラーです。色使いのチグハグな着こなしに使用するのではなく、ワントーンやシンプルなスタイルのハズしとして使うのがおすすめ。

ドレス靴は黒とブラウンが王道カラー。ただしフルブローグのカントリーシューズは、ブラウンを選ぶべきです。粗野な華やかさが強く、ラフな装いを足元から格上げ。

ブラウンはスエードの基本カラーでもあります。足元で取り入れるならスリッポンが最適。軽快感があり、“普通”でこなれたニュアンスがプラスできます。

ブーツの基本カラーのひとつもブラウン。ワークブーツなどでもOKですが、大人の装いにふさわしいのはチャッカブーツやデザートブーツです。これからの季節にもぴったり。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK