キーワードはコラボ&別注!買って損なし大人アウター

キーワードはコラボ&別注!買って損なし大人アウター

今季もアウターに大物コラボ、別注アイテムが続々と登場しています。当然、完売率も高いので、気になるアイテムはなるべく早めに手をつけておくのがお約束です。

桐田 政隆

2015.11.18

アウター
別注・コラボレーション

コラボアウターとは

コラボアウターとはその名通り、ブランドやショップなどのコラボレーションから生まれたアウター。ブランド×ブランド、ブランド×セレクトショップといった2者以上の共作から生まれるアウターのことを意味します。また別注も同じものとして捉えられます。

コラボアウターの特徴

コラボアウターは名作や人気モデルをベースに、ほかでは見られない技アリのアレンジを加えたり、もしくはパターンから起こした完全別注モデルなどもあります。またレギュラーラインではないため、生産数が少ないのが基本。二度と買えるチャンスがない可能性もあるので、欲しいものと出会ったら早めの購入がオススメです。

Item1『モンゴメリー』×『タケオキクチ』のダッフルコート

こちらは『モンゴメリー』×『タケオキクチ』別注のダッフルコート。『モンゴメリー』は古くからイギリス軍にダッフルコートを供給してきた老舗として知られ、トラディショナルな英国スタイルを得意とする『タケオキクチ』では昨年も別注を展開して人気を博しました。本作ももちろん未だ続くイギリス製ですが、パターンは『タケオキクチ』によるもの。ジャケットの上からでも着られるよう、現代的なスリムシルエットながらも肩周りはゆったりと仕上げられています。

Item2『バブアー』×『ブルーワーク』のビデイルSL

『トゥモローランド』のカジュアルレーベルである『ブルーワーク』が別注した、『バブアー』の定番、ビデイル。なんといっても着込んだようなブルーのオイルドコットンが特徴で、強めのウォッシュ加工を施してヴィンテージライクな表情に仕上げています。また洗いをかけることでオイルが抜けた部分と残った部分があり、生地の濃淡に違いがあるのも魅力的。また襟のコーデュロイは細畝に変更するなどのアレンジも加えられています。

Item3『ロッキーマウンテンフェザーベッド』×『ビームス』のクリスティー

昨今のダウンベスト人気の立役者でもある『ロッキーマウンテンフェザーベッド』と、『ビームス』のコラボが今季も登場。表地のカルトレザー、襟元の天然ムートン、最高級のハンガリー産ホワイトグースダウンを使用した最高峰モデルです。経年変化が楽しめ、長く愛用できる逸品です。

Item4『オルテライン』×『ジャーナルスタンダード』のマウンテニアー

世界随一の技術を誇るデサント水沢工場で生産された、『オルテライン』の水沢ダウン。世界最高峰のスポーツ用品展示会ISPOにて3年連続アワードを獲得した、日本が世界に誇るダウンジャケットです。その水沢ダウンのなかでもハイスペックモデルにあたるマウンテニアーを『ジャーナルスタンダード』が別注。インラインはスポーティな印象ですが、クラシカルなコヨーテカラーを採用し、よりタウンユースに映える仕上がりとなっています。

合わせて読みたい:
これぞ革命児! 水沢ダウンの定番&新作モデルに注目を

Item5『カナダグース』×『エディフィス』のクレストン

『カナダグース』の定番ジャスパーをベースにした、ハイエンドラインのブランタ・コレクションのクレストンを『エディフィス』が別注。クレストンは高級感のあるハケメ調の生地を使い、アイコンの袖のパッチがシックなブラックに変更されている点などが特徴。ミリタリーライクなデザインが多い『カナダグース』のなかでは、より大人っぽい雰囲気で着られます。また『エディフィス』では今季、ネイビーとボルドーの新色も別注しています。

合わせて読みたい:
今買える15型を一挙見せ! カナダグースのダウン指名買いリスト

Item6『キャプテンサンシャイン』×『ビームス プラス』のガーデンコート

今、もっとも勢いのあるドメブラのひとつ、『キャプテンサンシャイン』と『ビームス プラス』の人気コラボ。今季はガーデンスペックをテーマにした別注コレクションをしています。こちらのステンカラーコートのモデルは、アメリカ海軍のレインコートをベースにしたもの。さらにガーデニングに必要なポケットワークやディテールを落とし込み、ほかにはない存在感があります。またハリとコシがある、超撥水のキャプテンサンシャインオリジナル素材も自慢です。

Item7『ショット』×『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』のスエードJk

昨年も好評だった『ショット』×『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』の別注。今季はトレンドのGジャン型で別注アイテムを製作しています。また素材にはいわゆるアメカジ的ではなく、きめ細かい品のある質感のスエードを使用。さらに色味も洗練されたベージュをチョイスしています。モダンなカッティングやサイズバランスにも改良されており、今どきのコーディネートにもすんなりとフィットする仕上がりです。

Item8『リー』×『ジャーナルスタンダード』のストームライダー

今季は70年代ファッションが注目され、ボア付きのアイテムが盛り上がっていますが、『リー』の名作ストームライダーもそのひとつ。別注も数多く展開されていますが、イチオシはこの『ジャーナルスタンダード』別注。素材をデニムからコーデュロイにアレンジして、より温かみのある表情となっています。ただカラーはホワイトをチョイスして、思いっきりクリーンなベクトルで着こなすのが今の気分にもピッタリ!

Item9『アルファ インダストリーズ』×『ナノ・ユニバース』のナイロンヘビーツイルジャケット

お祭り騒ぎとなっている『アルファ インダストリーズ』の別注アイテム。ただこちら、『ナノ・ユニバース』の一品は完全別注で、ほかでは手に入らない独創的なデザインがポイント。素材にはフライトジャケットライクな高密度のヘビーナイロンツイルを使い、デザインはクラシカルなワークジャケットテイスト。さらい裏地にはナイトカモ柄のひょうたんキルトをあしらうなど、ミリタリーとワークが巧みにミックスされた一着となっています。

Item10『エスダブル』×『ビームス』のN-3B

エスダブルはストリートのレジェンド、ステューシーの元デザイナーであるショーン・ステューシー氏が手掛けるブランド。本作は、「ショーン氏が着るならどんなN-3B?」という『ビームス』のオファーから始まり、ゼロから手掛けた完全別注。ミリタリーウェアをモダンに昇華するため、シルエットだけでなく特徴的なコヨーテファーをあえて排するなど、N-3Bの力強さを残しつつ、クリーンで都会的な仕上がりはさすがです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

    Freeamericanidol編集部

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    夏の腕を彩るワカミのブレスレット。今年の狙いはコレ

    夏の腕を彩るワカミのブレスレット。今年の狙いはコレ

    “7連重ね付け”で知られる『ワカミ』のブレスレット。あらゆる着こなしへの汎用性の高さとリーズナブルさで人気です。夏を前に今年の狙い目を集めました。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

    財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

    シンプルで自然体なデザインを得意とする『アー・ペー・セー』。上質なジーンズが人気ですが、財布も隠れた売れ筋品。どれも毎日持ち歩くに相応しいスマートな顔立ちです。

    山崎 サトシ

    BACK