大人のスポーツミックスコーデに味方する5ブランド

大人のスポーツミックスコーデに味方する5ブランド

大人のスポーツミックスコーデでお役立ちしてくれるブランドって何だろう? ガチのスポーツブランドから、気品の高いモダンなスポーツブランドまで幅広く考えてみました。

AI

2015.11.15

ブランドまとめ
スポーツファッション

大人のおしゃれにハマるスポーツブランド『ナイキ』

ファッションも大好きで、それと同じくらいスポーツにも入れ込んでいるスポ根男子中心に愛されているブランドと言えば『ナイキ』。斬新的なデザインのアイテムで世間を驚かせることもしばしば。機能的な素材のウェアやスニーカーは、スポーツ×モードなスタイルに導いてくれる。

今選ぶならこれ『ナイキ』テックフリース ロングパンツ

フリースも『ナイキ』の手にかかればこんなにスタイリッシュ。ジャージと合成スペーサーを組み合わせたサーマル構造で、素材の軽さはそのまま、体温を閉じ込め保温性を発揮!

軽やかでむだのないシルエットのパンツだからこそ、無地のモノトーンでスッキリ着こなすのが潔くてかっこいい。トップスは白シャツを合わせてクリーンな男らしさを注入して。

大人のおしゃれにハマるスポーツブランド2:『チャンピオン』

ニューヨーク生まれのアスレチックブランド、『チャンピオン』は1960年代のスポーツウェアに大きな影響を与えたブランド。特にスウェットは、当時の学生達に人気を博し、カレッジやプロのアスリートに愛されました。さりげないロゴマークの使い方にセンスがあるので注目してみて。

今選ぶならこれ『チャンピオン』×『ジャーナルスタンダードレリューム』別注スウェット

ワードローブの定番アイテムとして、スタメン確実のアイテムがこちら。袖の部分に小さなCマークが入ったフードパーカは、タウンユースにちょうどいいスポーツ感。

袖のワンポイントを生かし、スウェットの上からダウンベストを重ねるとスタイルもニューヨーカーのスポーツコーデのようにまとまる。ニットキャップやリュックも忘れずに!

大人のおしゃれにハマるスポーツブランド3:『ラコステ』

元プロテニスプレイヤー、ルネ・ラコステによって創業された『ラコステ』は、ポロシャツが特に有名で、何年経っても変わらずに愛される紳士の休日コーデの相棒。ユニークだけど品のよいワニのワンポイントがブランドの目印。ポロシャツは、カラー展開も豊富なので色選びも楽しい。

今選ぶならこれ『ラコステ』バイカラー ポロシャツ

ポロシャツが活躍するのは、夏だけじゃない。ロングスリーブのポロは、コートやダウンの下に着るのに便利。さらりとした着心地とストレッチ性は、スポーツブランドならでは。

コーデュロイなどの季節感のあるボトムと合わせて、季節感を意識してコーディネート。『ラコステ』のポロシャツは上品なイメージがあるので、少し着崩すくらいがちょうどいい。

大人のおしゃれにハマるスポーツブランド4:『フレッドペリー』

『フレッドペリー』も、イギリスのテニスプレイヤー、フレッド・ペリーによって誕生したブランド。彼は一流のテニスプレイヤーとしてでなく、ベストドレッサーとしても認められていただけあって、英国紳士の雰囲気が漂う上品なアイテムが多い。月桂樹のロゴマークはあまりにも有名。

今選ぶならこれ『フレッドペリー』ハリントンジャケット

3レイヤー仕様のハリントンジャケット。表地は通常スーツに使用されるウールのトロピカルを張り合わせ、スーツが持ち合わせるドレッシーなイメージとカジュアルを絶妙にMIX。

グリーンのチェックパンツとブルゾンを合わせてブリット感をMIX。イギリスのスポーツブランドならではのスタイリングに。ニットキャップを合わせてカジュアル感を強めて。

大人のおしゃれにハマるスポーツブランド5:『アディダス』

最近では、スタンスミスやスーパースターなど、スニーカーで次々と一大ムーヴメントを起こし、ストリートでも常に話題の中心にある『アディダス』は、超一流のスポーツブランドと言い切って過言なし。スニーカーだけでなく、クラシックなジャージや小物類も、デザイン性の高いアイテムを生み出しています。

今選ぶならこれ『アディダス』トラックパンツ

『アディダス』のウェアと言えば、この3本ラインのジャージ。膝下から裾にかけて細くなるデザイン。つかず離れずのシルエットなのでスッキリ着られるのが特徴。

一見難しそうなジャージを使ったスポーツMIXコーデですが、案外簡単。ベージュのステンカラーコートなど、クセのない紳士アウターを合わせれば上手に組み合わせられます。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK