細身のダウンジャケットで旬とスマートさを手に入れる

細身のダウンジャケットで旬とスマートさを手に入れる

抜群の保温性から真冬の必携アウターとして上位にランクされるダウン。ボリューミーな見た目がたまにキズだが、これをカバーするスリムなダウンならスマートに着こなせる。

菊地 亮

2015.11.09

アウター
ダウン
ダウンジャケット

不滅の冬アウターとして君臨するダウンジャケット、その魅力とは

ダウンは水鳥の胸部から採取する綿毛で、芯が残ったものをフェザーと呼ぶ。軽くて柔らかい上に、空気を多く含むことから、保温性にも優れる自然界の機能素材だ。だからこそ、アウターへ取り入れる際には全体へ均一にいきわたり、使用中も偏りが出ないようパッキングしながらキルティング加工を施すのが一般的なのだ。

保温性をキープしながら、すっきりとした見た目の表面フラットタイプが狙い目

ダウンアウターと聞けば、キルティング加工により均等に表れる膨らみが特徴的。それが保温性を高めるカギにもなっているのだが、少々野暮ったい印象も否めない。しかし、そのステッチを極力排除し表面をフラットに仕上げたアイテムなら心配は無用。今シーズンは、そんな見た目もすっきりしたアイテムがとにかく豊富だ。

着こなすポイントは軽やかな要素を一点取り入れる

スタイリッシュな細身ダウンは通常の一着よりもライトな見た目とはいえ、アウターならではの存在感がある。そこで軽量感を演出するホワイトカラーのアイテムを一点投入することで、これを容易にクリアすることができる。膨らみを抑えたダウンならではのレイヤードを楽しみつつ、どこかにホワイトアイテムを取り入れるのが、今冬スリムダウンを着こなすポイントと覚えておきたい。

一着でもサマになるから省エネスタイリングも可能

通常のボリュームのあるダウンジャケットなら、一着でスタイリングを完結できるだけの存在感がある。保温性も申し分ないだけに、インナーは気にせずシンプルに合わせられるところもミソ。しかも、細身のシルエットに仕上げられ、引き締め効果も抜群なブラックを選択すれば、ご覧のようにボリュームを気にせず着こなせる。

パックレスならすっきり見せられてレイヤードも楽しめる

ダウン特有の膨らみを抑えている分、インナーへさまざまなアイテムを合わせられるのはパックレスダウンアウターの最大の強み。Gジャンなどを加えれば、コーディネートに奥行きも生まれる。トップスを武骨に合わせた分、ボトムスは白パンを採用。爽やかさを加えることにより、やや重たい印象を軽くすることができるのだ。

ダウンジャケットに定評のある鉄板ブランドなら失敗しない

アウターのなかでも比較的高額な部類に属するダウンジャケット。失敗の許されないプライスだけに、購入を検討する時はよく吟味してアイテムを選びたい。とはいえ、見た目で気にいっても質がイマイチということもなくはない。そこを気にせず選ぶなら、ダウンジャケットといえばの鉄板ブランドからチョイスするのも手。見た目も質も確かな3ブランドを紹介しよう。

Brand1タトラス

イタリアを拠点に、日本とポーランドのコラボレートブランドとして誕生した『タトラス』。2007年設立と歴史はまだ浅いものの、その実力は広く世界にも知れ渡っている。イタリアのデザインチームを中心に展開しているだけに、ダウンアイテムの常識を覆す見た目の美しさは必見。スポーティなこちらは雨に強い素材を採用している。

Brand2カナダグース

『カナダグース』は、1957年にカナダ北東部の都市、トロントで誕生した老舗。50年以上も寒い土地で働き、遊ぶ人々の手で作り上げられてきたアイテムは機能的で、南極探検隊やエヴェレスト登頂時にも使用されたほど。こちらは、名モデルのジャスパーをベースに表地をウールで仕上げたエクスクルーシブアイテム。

合わせて読みたい:
今買える15型を一挙見せ! カナダグースのダウン指名買いリスト

Brand3デュベティカ

ダウンのスペシャリストが集い、イタリアのモリス郊外にあるモリアーノ・ベネトで立ち上げられたブランド。以降、洗練されたダウンコートを世界に発信し、多くの共感を受けてきた。こちらのアイテムを見ればそれも納得。ダウンステッチを表に出さないことでよりすっきりとした印象。飽きのこないシンプルなデザインもいい。

合わせて読みたい:
プレミアムなダウン。デュベティカで冬の着こなしを格上げ

変わり種アイテムならコーディネートの幅もグ〜ンと広がる

元々が、山フィールド出身のアイテムだけに、やはりダウンジャケットやベストも機能性を重視したものが中心。ただ、そのフォルムが日常のアイテムをベースに作られたものならば、コーディネートのアプローチも変わってくるはず。ここでは、そんなスタイリングの幅を広げる変わり種のダウンアイテムをお届け。

Item1『デュベティカ』のダウンスタジャン

ダウンの名門が仕掛けるこのアイテムは、一見スポーティなルックスが特徴のアワードジャケット。しかし、内側にはしっかりダウンとフェザーを取り入れている。素材にはイタリアでも有数の生地メーカーであるチェルッティ社製ウールメルトンを採用。アームには柔らかなラムレザーを配し、上品さと着心地の良さを高次元で表現している。

Item2『AKM』のPコートダウンジャケット

実際にアメリカ海軍で使用していたPコートをベースに、そこへ最高級のポーランド産800フィルパワーダウンをプラス。しかも、シャープな襟周りを意識し、台襟を付けながら現代的にモデファイされている。コットン生地にストレッチ性をもたせているため、ストレスなく着ることができ、先染め糸で表現したカモ柄にもぜひ注目してもらいたい。

Item3『ビームスライツ』のMA-1ダウンシャツジャケット

軽量でコンパクトなMA-1タイプのジャケット。細身なシルエットに加えてすっきりとしたショート丈の設定なので、タウンな着こなしにハマる。また、小さく収納して携行できるサック付きなので、その時々の気温調整アイテムとしても役立つ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

    平 格彦

    BACK