アパレル発のビジネスバッグで“デキる”男を演じたい

アパレル発のビジネスバッグで“デキる”男を演じたい

道具としてのバッグに機能は大切。ただビジネスシーンで一目置かれるには、見た目も思いのほか重要だ。そこで、流行と洗練を意識したアパレルブランドの逸品が味方になる。

菊地 亮

2015.11.06

バッグ
ビジネスバッグ

資料よりもまず目に留まる着こなしやひとつひとつの道具

営業やプレゼンなど、人前に出ることはビジネスの場ではよくあること。ゆえに、着こなしやアイテム選びにはことさら気を遣うのは当然。バッグ選びも当然意識したいところで、機能偏重では好印象を得るのは難しく、かといってデザイン重視だと品位に欠ける。それらをよく熟知しているのがアパレルブランドのアイテムなのだ。

■参考: おしゃれなビジネスバッグ15選! 人気ブランドのおすすめモデル大集合

Brand1『ポール・スミス』

イギリスの伝統をベースに、ユニークで斬新なアプローチを仕掛ける『ポール・スミス』。バッグにもまた“らしさ”がのぞき、こちらは素材のミキシングが非常に楽しいアイテム。主素材にはキメの細かい型押しを施したサフィアーノエンボスを起用し、そこへスムースレザーをプラス。しかも、表面をポリウレタン加工することで雨にも強い仕上がりに。

Brand2『タケオキクチ』

こちらは、日本のファッションシーンを長らく牽引してきた『タケオキクチ』の定番ブリーフケースをモデファイしたもの。スプリットレザーのカクシボ型押しを施した表情は実にシックで、スーツスタイルの格上げにもひと役買いそう。仕切りファスナーポケットやペンホルダー、電卓や名刺入れなど細かく収納できる内部構造も心強い。

Brand3『ブラックフリース バイ ブルックスブラザーズ』

アメリカントラッドの代表的ブランド、『ブルックスブラザーズ』。その最高級ラインが、2007年秋冬にデザイナーのトム・ブラウンを迎えスタートしたブラックフリースである。こちらはそのブリーフケースで、上質なぺブルレザーやイタリアメイドらしいエレガントなルックス、独特なフロントジップがことさら目を引く。

Brand4『ディーゼル』

ジーンズでよく知られる『ディーゼル』だが、小物コレクションも見どころといえる。そのひとつがオールレザーのバッグシリーズ、レザービート。このブリーフケースは、フロントに配した大柄なフロントポケットが、利便性とビジュアルの両面をしっかりフォロー。15インチのMacBook Proも余裕で受け止める懐の深さもうれしい限り。

Brand5『カルバン・クライン』

使用している型押し革は、キズが目立ちにくく品の良さも感じさせる『カルバン・クライン』のオリジナル。ファスナーの引手は手縫いで、ストラップの金具パーツは直線的な別注モデルを使用するなど、細部へのこだわりも十分。全体を確認しながら縫製できるポストミシンを使っているため、ご覧のように形状の美しさも出色の出来だ。

Brand6『アニエスベー』

1975年の誕生以降、ウィメンズを中心にシンプルなルックスと質実な作りで人気を博してきたフランスを代表するブランド。その実力はこのバッグにも脈々と引き継がれている。プレーンなアッパーに、四方をレザーでパイピングした作りは成形性に優れ、上品な色合いを引き出すナイロンと艶感のある牛革のコンビは実に優美だ。

Brand7『シップス』

高級感のあるシボ革をあしらった『シップス』のブリーフケースであれば、落ち着いた雰囲気と共にグッと格も手にできるに違いない。しかもこちらは、見た目だけでなく使い勝手も抜群。中には5つの小分けポケットを完備し、ハンドルには芯材を入れているため持ちやすい。また、底には鋲を加えているため自立も可能だ。

Brand8『J.プレス』

『J.プレス』は、“進化し続ける伝統”をテーマに展開され、アメリカのエリートたちが長らく愛してきたアメトラブランド。そのブリーフケースは、ミニマルかつシャープなデザインが世代、性別、シーンを超え抜群の有用性を備える。素材には、ラグジュアリーブランドの定番素材として知られる型押しの牛革、サフィアーノを起用。

Brand9『トランスコンチネンツ』

セレクトショップの先駆けとして人気を博し、つかの間の小休止の後2013年に再始動した『トランスコンチネンツ』。“東京ジェットセッター”をテーマにしたコレクションの中でも、バッグは特筆すべきアイテムといえるだろう。こちらは、二層の合皮で仕上げたもので、着脱可能なパスケースやショルダーベルトなど、装備も充実している。

Brand10『グリーンレーベル リラクシング』

シンプルなビジュアルながら、異素材構成でさり気なく変化をつけた『グリーンレーベル リラクシング』のオリジナルバッグ。軽量かつ耐久性に優れ、大きく開くジップを2か所取り付けているため、PCや資料、ニュースペーパーなどを小分けにも収納してくれる。また、ショルダーストラップも付いているため、2WAYでの利用も可能だ。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK