大人でも心が躍る、今欲しい限定シューズを厳選紹介!

大人でも心が躍る、今欲しい限定シューズを厳選紹介!

上質な素材感、伝統の技術……。アイテムをひと際輝かせる要素は多々ある。ただ、限定シューズというプレミアム感は、酸いも甘いもわきまえた大人ですら釘付けにする。

菊地 亮

2015.11.02

スニーカー
レザーシューズ

別注や期間限定が過去の名品に勝るとも劣らない一足を生む

大人は誰もが、名門や老舗が生んだ名作に称賛を惜しまない。その良さを熟知しているからこそ、リミテッドアイテムが見せる新たな一面にきっと興奮するはずだ。心の奥底で感じていた「あったらいいな」が形をなして目の前に現れたなら、誰もが手を伸ばさずにはいられない。そんな一足をここに厳選。

オリジナルと限定の一足、その違いを『プーマ』の名作で比較

ブランドの伝説モデル、『プーマ』ディスクユニオン

こちらのモデルが誕生したのは、スニーカーブーム真っただ中の1992年。甲の部分に取り付けられたダイヤルを回すことでフィッティング力を高める“ディスクシステム”は、ハイテクスニーカー全盛当時でもひときわ輝きを放った。発表当初から製作数に限りがあったため希少価値が高く、現在でもマニアの間で伝説化されている。

アッパー素材を秋冬モードに変更

現在のスニーカー人気の煽りを受け、伝説的モデルが2012年に再登場を果たした。特徴的なダイヤルはそのままに、ソールには『プーマ』の最新ランニング技術を採用。アッパーには伸縮性の高いネオプレーン素材をあしらい、さらに快適な履き心地を実現している。そしてこちらは、そのアッパーに温もり溢れるフェルト地を施した冬限定モデル。

上記のように、大きく変化させるというよりは一部分を変更するパターンが多いが、それでも見た目の違いは一目瞭然。限定故のプレミアム感を出しつつ、大げさな変化でなく、取り入れやすい。そんな限定モデルをスニーカー、革靴それぞれ三足ずつ厳選したのでお届けしよう。

今欲しいスニーカー限定モデルTOP3

Item1『アディダス』×『ユナイテッドアローズ』マスター限定モデル

『ユナイテッドアローズ』で注目を集めるのが、『アディダス オリジナルス』との共同開発プロジェクト、“アディダス オリジナルス フォー ユナイテッドアローズ&ソンズ”。毎回魅力的なアイテムを展開する中、今季の注目株はこのマスター。オーセンティックなフォルムやカラーに加え、ベルクロ部分にはお馴染みのトレフォイルをオン。

Item2『ニューバランス』×『シップス』M576 UK限定モデル

576といえば、1988年の発表以降絶大な支持を集めた『ニューバランス』の代表作。シーキャップとエンキャップを組み合わせたソールユニットを搭載するなど、オフロードランニングシューズとして開発されながらそのルックスにファッションシーンでも評価が高かった。今回は、クラシック感たっぷりな配色で『シップス』が別注。

Item3『ブルックス』ヴァンテージ 日本限定モデル

『ブルックス』は、1914年、アメリカ・ペンシルバニア州に誕生した老舗。そのアイコニックな存在として知られるのが、アメリカのランニング専門誌で2年連続5つ星を手にしたこのヴァンテージ。特許を取得した内反ウェッジを採用し、柔軟で通気性の高いメッシュ地や衝撃吸収と耐久性の両立を実現したアウトソールも強み。

合わせて読みたい:
気負わず履けるレトロ顔。ブルックス ヘリテージのスニーカーを手に入れる

今欲しい革靴限定モデルTOP3

Item1『トリッカーズ』×『ウノ ピュ ウノ ウグァーレ トレ』バートン別注モデル

イギリスを代表する革靴ブランド、『トリッカーズ』の名作のひとつがこのベースとなるバートン。ラウンドトゥや張り出したコバが特徴的な一足を今回はパテント仕上げに。また、メダリオンをあえて取り除いてすっきりと見せ、雨にも強いカラフルなコマンドソールを採用している。その色が引き立つよう、ハトメや紐をアッパーの色と統一。

Item2『レッドウィング』ハンツマン 創立110周年モデル

“キング オブ ワークブーツ”と称賛され、今なお多くのアメカジ好きから高い支持を得るアメリカのブーツブランド、『レッドウィング』。その創立110周年を記念し製作されたこちらは、1930年代に製作されたハンティングブーツ、668がモチーフになっている。素材は、オイル含有量が少ない滑らかなタッチのクローンダイクレザーで。

Item3『ティンバーランド』×『ナノ・ユニバース』限定モカシンシューズ

誰もが若かりし頃足を通してきたであろう『ティンバーランド』のモカシンシューズ。名作として知られるこちらを、ドイツの老舗タンナリーの手でなめされた高耐摩耗性ヘルコレザーで仕上げたのが『ナノ・ユニバース』の別注。耐久性の高いラグラバーソールを備え、前足部にフォームを搭載することでクッション性も高めている。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK