今シーズンはキルティング素材のインナーが手放せない

今シーズンはキルティング素材のインナーが手放せない

これまでアウターに“暖”を求めていたが、アンダーウェアやインナーダウンが昨今では一般的になりコーデの幅が広がった。そして、また新たな選択肢が今季浮上している。

菊地 亮

2015.10.27

トップス

インナーダウンに次ぐ新たなインナーウェア、それがキルティングインナー

昨シーズン、インナーダウンをロングコートやジャケットの内側にレイヤードする着こなしが猛威を振るい、今やスタンダードとなった。そして、また新たなアイテムがトレンド候補として名乗りをあげている。それがキルティング地のアイテム。アウターとしての印象が強いものの、今季はインナーがかなり充実している。

ワークコートのインナーにキルティングベストを重ねて、保温性とレイヤード感をアップ。キルティングの素材感がカジュアルなスタイリングとよく馴染む。

スーツスタイルにジレタイプのキルティングベストを重ねて、ほんのりカジュアルダウンを図ったグッドサンプル。あくまでジレ感覚で取り入れるのが、違和感なくハマるポイント。

清潔感なるブルーを重ねた着こなしは、キルティングアイテムも同系色を選ぶことで着こなしに馴染む。ハイテク感のある『リーボック』のスニーカーがこなれ感を演出する。

そもそもキルティングって何?

そもそもキルティングって何?

表布と裏布の間に綿などの“芯”を入れ、挿し縫いにすることで模様を立体的に浮き上がらせる手芸法、またはそのようにして縫ったもの。元はヨーロッパの寒冷地で誕生したと言われ、十字軍の遠征などにより広くヨーロッパに伝播。その後、ピューリタン(清教徒)のアメリカ移民たちによりアメリカへも伝わったとされている。

織り柄によって存在感を強める多彩なアイテム

実用性だけではないところに同生地のよさが見て取れる。そのひとつがキルティングステッチ。ひし形を連ならせた独特なステッチワークにより、見た目の印象をさり気なく変えることも可能。着回し力が高い定番のベストタイプのほか、スウェットやタートルネック、シャツなど、我々にとってはお馴染みのアイテムもよりフレッシュに見せることができる。

Item1『トローブ』のキルティングブルゾン

生地に使用しているのは、高級スーツにも使われている18.5マイクロンの梳毛糸(そもうし)で編みあげ、限界まで圧縮したウールジャージー。それにより、光沢感を出しながらハリ感や程良い肉厚感を演出している。その袖口や襟口にはコーデュロイ地でパイピングを施し強度を確保。裏地にキュプラ地を加え滑らかな袖通しを実現している。

Item2『ジャマリコ』のキルティングベスト

デザインと織り柄のコンビで違いを生み出せるのが、2015年秋冬のコレクションテーマに“チェック”を掲げた『ジャマリコ』のアイテム。こちらは、シックなグレンチェックの生地に、キルティングステッチをあしらった逸品。一枚でも存在感を放てるこちらをインナーにすれば、表情豊かなスタイリングが楽しめる。

Item3『セレニティ スティルモーメント』のキルティングベスト

温もりは十分ながら厚みが気になるダウンベスト。こちらは、その厚みを抑えた中綿を使用することで、保温性をキープしながらよりレイヤードしやすいようにデザインされている。ミニマルなデザインだけに、スウェットやシャツとの相性もよく、アウターを脱いでもコーディネートのアクセントとして効果を発揮することもできる。

Item4『アバハウス』のキルティングスウェット

アメカジやストリートの定番アイテムであるクルーネックスウェットは、手軽にはおれる頼もしいインナー。こちらの裏毛スウェットも同様で、温かみがあり汎用性も高く、全面にキルティングステッチを施すことで新鮮さも加わった一枚。

Item5『マナスタッシュ』のパデッドロングスリーブ

アメリカ・シアトル発のアウトドアブランド。一見スウェットに見えるアイテムは、表地はヘンプ混のTシャツ生地を採用。着脱がしやすいように、襟元にはボタンを、裾にはジッパーを装備し、袖先は指ぬきになっていてグローブにも。ボディの中にはプリマロフトを加え保温性もアップしている。

Item6『ジムフレックス』のキルトタートルネック

1936年、イギリス中部のレスター市に誕生した老舗、『ジムフレックス』。イギリス軍の運動着を提供するかたわら、学校の体操着としても採用される高い実績を誇るブランドだけに、こちらのアイテムも着心地は抜群。タートルネックのトレンド感に加え、全体へあしらったステッチデザインにより着こなしに変化もつけられる。

Item7『ポールスミス』のガーメントダイキルティングシャツ

ベーシックなシャツながら胸部や肩部、アームにかけてキルトステッチをあしらったユニークなディテールが楽しい。その内側には中綿を取り込み程良い厚みと保温性をプラスしているが、細身に仕上げているため野暮ったさを感じさせないシルエットに。製品染めを施しているため、縫製部分が適度に縮み、風合い豊かに仕上がっている。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

    ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

    大切なシューズが濡れてしまうのが、雨の日の悩み。かと言って雨の日もおしゃれはしたい……。そんな方におすすめしたい、『ハンター』のレインブーツをご紹介。

    CANADA

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    無地だからこそこだわる。ユナイテッドアスレのTシャツ&スウェット

    無地だからこそこだわる。ユナイテッドアスレのTシャツ&スウェット

    無地のTシャツをメインに展開する国内ブランド、『ユナイテッドアスレ』。長い歴史に裏打ちされた品質とバリューな価格が両立されたアイテムを紹介していきます。

    平 格彦

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    BACK