おしゃれで機能的! 収納力バツグンのボビーワゴン

おしゃれで機能的! 収納力バツグンのボビーワゴン

溢れるモノをシステマティックに、そしておしゃれに収納するならボビーワゴン。見せたくないモノはもちろん、コレクションなどの見せるモノまで効率よく収納できます。

編集イトウ

2015.03.03

雑貨
収納グッズ

そもそもボビーワゴンとは

機能美溢れる収納家具の代表格

イタリアのデザイナー、ジョー・コロンボが生み出した本商品は、1970年にMOMAの永久展示品にもなっている人気の収納家具。デスク脇のスペースで効率よく収納できないかという疑問から登場したこの製品は、高いデザイン性と収納性、機能性が多くの支持を集め、家庭だけでなく美容室や歯科医院、カフェでも活躍しています。

ボビーワゴンのこんなところがスゴイ!

ここがスゴイ1簡単に開閉が出来るスライドトレイ

ボビーワゴンの側面にあるトレイは、ワンプッシュで簡単に開くスライド式を採用。最大で約180度回転するので、収納物がひと目で確認できる上に、取り出しもスムーズ。サイズはA4用紙(210×297mm)が収まる大きさで、深さ約40oの浅いトレイと約70oの深いトレイの2種類があります。

ここがスゴイ2使い勝手を配慮した天板

天板は3つのブロックに分かれる仕切り付き。仕切りの高さが約12oあるので、ペンなどの小物を置いて、本体を回転させても転がりにくいように配慮されています。また、穴の空いている長方形の天板は、取り外しが可能。ポスターなどの長さのあるモノも収納できます。

ここがスゴイ3容易な旋回を可能とするキャスター

底部には床を傷つけないポリプロピレン製のキャスターを5つ搭載。本体のスムーズな移動、旋回を可能にしているため、キッチンやデスクサイドなど、ワゴンの移動がマストな環境にも最適です。

用途に合わせて選べる4サイズ!

サイズ1使い勝手バツグンの1段

高さ約31,5pの最小サイズは、床に座ることの多い日本人の生活に適した仕様。ロータイプのソファのサイドテーブルはもちろん、畳の間にも◎。リビング周りの小物やCD・DVDの収納に使う人が多いですが、中には化粧用ドレッサーとする人もいるようです。

サイズ2サイドテーブルにも最適な2段

高さ約52,5pの中間サイズ。新聞や雑誌を入れるマガジンラックとして、また、ベッドサイドやソファのサイドテーブルとして使用する人も多いサイズです。高さがあまりないので存在感もそこまで強くなく、部屋の広さを心配されている方にもオススメです。

サイズ3デスクやテーブルの横に置くなら3段

高さ約74,0pのやや大きめサイズは、デスクやテーブルとほぼ同じ高さなので、書類などの収納としても活躍する優れモノ。立ち仕事を要するキッチン周りのほか、美容室でも多く使用されています。トレイのバリエーションが多いので、用途に合わせて選択できます。

サイズ4圧倒的な収納力を誇る4段

高さ約94,5pのビッグサイズ。言わずもがな収納力の高さはバツグンで、とにかく収納したいという人にオススメのサイズです。トレイの数も多いので小物の収納から雑誌、新聞まで多くのモノをこれ1つに収納可能。必要なモノを無駄なく効率的に収納できます。

カラーバリエーションも豊か!

カラー1明るさや清潔感をもたらすホワイト

インテリアの基調色とする人も多いホワイト。インテリアにも馴染みやすく、人気の高い色です。

カラー2落ち着きある色が部屋になじむベージュ

ホワイトほど明るすぎず、清潔感と落ち着きを与えるベージュ。カフェ風な部屋を目指す人にも◎。

カラー3空間のアクセントとなるレッド

シンプルな部屋にワンポイントほしいという人は、思い切ってレッドはいかがでしょう?

カラー4白や茶系の部屋によく映えるライムグリーン

一見するととっつきにくいライムグリーン。爽やかな色味なので、トレンドの白・茶系とも相性◎。

カラー5大人の魅力を引き立てるトルネードグレー

ホワイトよりも大人っぽく、ブラックよりもカジュアルで使い勝手のよいカラー。2013年に登場しました。

カラー6スタイリッシュに魅せるブラック

ホワイトカラーと並び常に高い人気を誇るブラック。スマートでスタイリッシュな部屋に置きたい逸品。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK