欲しいMA-1は、都会派ブラック。クールな大人コーデを楽しんでみない?

欲しいMA-1は、都会派ブラック。クールな大人コーデを楽しんでみない?

秋冬になると頼りたくなるアウターの筆頭と言えばMA-1。定番色はなんといってもカーキですが、今年は都会的なルックスでクールな印象のブラックに注目です。

ai sato

2017.09.22

アウター
ブルゾン・ジャンパー
MA-1
秋の着こなし・コーデ

MA-1の定番カラーといえば、やっぱりカーキですが……

元々アメリカ軍のフライトウェアとして誕生したMA-1。当時、地上でカモフラージュしやすいカーキが主流だったため、ファッションとして取り入れるようになった現在もMA-1といえば、カーキをイメージする方は多いでしょう。武骨でミリタリー色の強いカーキのMA-1は、ジーンズやTシャツなどのカジュアルウェアと相性が良く、男女問わずアウターとして定番アイテムになっています。

今シーズンは、都会的なブラックに注目

昨シーズンに引き続き、今年の秋冬もトレンドアイテムとしてさまざまなブランドから登場しているMA-1。定番のカーキもいいけれど、今年注目したいのはクールな雰囲気たっぷりのブラックです。ミリタリーウェアの代表格ともいえるMA-1ですが、ブラックにスイッチするだけでグッと都会的で洗練された表情に。しかも男らしさはそのままキープできるとあれば、試さない手はありません。ミリタリー色がトーンダウンするのでカーキ以上にさまざまな着こなしに合わせやすく、秋冬アウターとしてヘビロテ間違いなし!

印象がグッとクールに。ブラックのMA-1の着こなしをチェック

武骨なカーキと比較して、都会的で洗練された表情のブラックのMA-1。それゆえに、コーデの印象もガラリと変わります! クールでモダンなその着こなし例をご紹介。

ブラックのMA-1を、ブラックスキニーでスタイリッシュに仕上げた着こなし。インナーに薄色のロンTを挿してコントラストをつけ、重たくなりがちな冬のコーデに爽やかさを漂わせているのがポイントです。

ボリュームのあるMA-1ですがブラックならすっきりとした印象に。上下ブラックで単調な着こなしにならないよう、白のインナーで抜け感をチラリ。足元には赤のスニーカーでアクセントを投入しています。

ミニマルなデザインのMA-1を、Tシャツとジーンズで潔くシンプルに着こなしたスタイル。ベーシックなカジュアルコーデながら、今年らしいモダンな黒のMA-1で締めて、大人モードな雰囲気に仕上げているのがお見事!

ブラックのMA-1に細身のスラックスを合わせれば、大人の余裕を感じるスマートな着こなしの完成。トップスから足元に向けて少しずつ色のトーンを明るくして、さらりと抜け感を出しているのもポイント。

コンパクトなサイズ感を選べば、よりシャープでスタイリッシュに着こなせます。シャツやピンストライプのスラックス、レザーシューズでカチッとさせてきれいめに味付け。ダークカラーでまとめることで、大人っぽさを上乗せしています。

今選ぶならこれ! おすすめのブラックMA-1

ミリタリーテイストでありながらハード過ぎず、エレガントな着こなしにもマッチするブラックのMA-1。今シーズン続々と登場している新作の中から選びたいのは、ジャストサイズで大人っぽく着られるコンパクトなタイプです! それではおすすめ10点をご紹介。

アイテム1『アヴィレックス』

正規支給品としてフライトジャケットを納入してきた『アヴィレックス』のサープラスウエア。ミリタリーブランドらしいオレンジのライナーやフラップポケットに加え、バックのインパクト大なブランドロゴのアップリケが、大人の着こなしにおいて周りと差をつけるのに最適です。

アイテム2『ヒューストン』

国内で初めてオリジナルのフライトジャケットを製作した『ヒューストン』のMA-1。ミニマルなデザインに、ブラウンのファスナーでさりげなくアクセントをプラスしているのがポイント。モノトーンでクールにまとめたり、ファスナーとリンクさせてブラウンで上品にまとめたり、幅広い着こなしが楽しめます。

アイテム3『エレメント』

マットな質感とスケートボードブランドらしいゆるめのサイズ感が光るMA-1。防風・撥水素材と、防水加工を施した素材を使っているので通気性や保温性も高く、アウトドアシーンにもおすすめです。左胸に同色のブランドロゴワッペンで、クールなワンポイントをプラス。

アイテム4『アルファ インダストリーズ』

米軍へフライトジャケットを供給している『アルファ インダストリーズ』のMA-1を、日本人向けに腕を細くするなどアレンジしたタイトフィットモデル。シンプルなデザインに、シガーポケットやペンスロットなどリアルなミリタリーテイストが映えます。

合わせて読みたい:
MA-1と言えば。アルファ インダストリーズの代表作を着こなす

アイテム5『モンクレール』

ラグジュアリーなダウンジャケットで知られる『モンクレール』のMA-1は、シルキータッチの滑らかなナイロン素材を採用。加えて、ジップからレザーワッペンなど細かいディテールに至るまでブラックで統一したシックなデザインでエレガントな印象が特徴です。細身のフォルムも今年らしい表情を添えてくれます。

アイテム6『ショット』

ナイロン素材がメインのMA-1を、しなやかなシープスキンで仕立てた1着。細身のシルエットがレザー特有のハードな雰囲気をトーンダウンさせてくれるので、さらりと着こなせてデイリーに活躍してくれます。インナーは通気性のいいサテンのキルティング素材を使っており、蒸れにくいのも◎。

アイテム7『カーハート WIP』

ワークウェアで知られる『カーハート』をスタイリッシュにアレンジしたヨーロッパライン『カーハート WIP』。そこから登場のMA-1は、小さなブランドタグのみをアクセントにした、シンプルシックなスタイルが特徴。しっかりと入った中綿で保温性も抜群です。

合わせて読みたい:
タフで都会的。カーハートのウェアが大人ストリートにハマる

アイテム8『バンソン』

いわずと知れたバイカー御用達ブランド『バンソン』は、MA-1もバイカー向けにアレンジ。着脱可能な二重襟やライナーでライディング中の防寒対策もバッチリ。フロントのワッペンや袖とバックのロゴ刺しゅうなど、どこから見ても洒落感を感じさせるディテールもお見事です。

アイテム9『ハーレー』

表はブラック無地、裏は迷彩柄と2つの異なるミリタリーテイストを楽しめるリバーシブルタイプのMA-1。サーフブランドらしく耐久撥水加工を施した素材は、普段使いにはもちろんサーフトリップなどにも大活躍。間には軽量のダウンを挟んでいるので、着心地もノーストレス!

アイテム10『GGD』

すでにベーシックなナイロン製のMA-1をお持ちなら、レザー素材のタイプはいかが? 重厚感と男らしさが増すうえに、一歩進んだ大人好みのカジュアルに仕上がること間違いなし! 通気性の良いメッシュライナーで着心地の良さもバッチリです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    Freeamericanidol編集部

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

    Freeamericanidol編集部

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    BACK