エレガントカジュアルが叶うキャメルアウターが欲しい

エレガントカジュアルが叶うキャメルアウターが欲しい

冬へ向けてアウターは何を買い足そうか、そろそろ考え始めたいところ。そこで、+CLUP Men世代のメンズに注目して欲しいのがキャメルがもたらす上品さと柔らかさです。

AI

2015.10.19

アウター

キャメルアウターを狙うべき理由!

キャメルアウターのすばらしさは、こんな風に、カジュアルアイテムに合わせてもエレガントにまとまり、カッチリめにコーディネートしても、大人の余裕のある柔らかさが生まれるところ。また、ブラウンやブラック、カーキなど、ダークトーンの秋冬ワードローブにも取り入れやすく、明るい印象を導き出してくれる。今回はこの冬取り入れたいアウターのタイプ別に、選ぶべきキャメルアウターを紹介しよう。

カジュアル派のマストハブは、ダッフルコート!

ます初めに揃えておきたいのが、ヒザ上丈のダッフル。この長さは、ラフなスニーカーや、オーセンティックな革靴にもぴったりです。タートル、シャツ、キャメルアウターと、たっぷりレイヤードすれば大人のこなれ感が。また、ホワイトパンツと合わせると、クリーンに仕上がります。

ベーシックなダッフルコート、選び方のコツは?

タフな肉厚メルトン素材をチョイスすれば、真冬だってへっちゃら。『ワールド ベーシックス』ダッフルコートは、そんな理想そのもの。紐は、麻混素材を使用しており、キャメルダッフルの品の良さを助長してくれる。

ハイネックトップスにサラッとはおるだけでOKの、ハンサムチェスター

簡単にシティボーイになれてしまうのが、キャメルのチェスターフィールドコート。テーラードカラーが紳士的なので、これだけでサマになってしまう。ネック部分に開きがあるので、インに着るならハイネックトップスがおすすめ。デイリーに着るなら、ボトムはカーゴパンツでほんの少しカジュアルに。

ONの日は無彩色タートルネックとホワイトパンツで

王道のキャメルチェスターの着こなしなら、グレーや黒などのシンプルでタイトな薄手タートルネックに、ホワイトパンツでさっぱりスタイリングするのがおすすめ。オフィスカジュアルも、これならオシャレ度高めになる。

グッとカジュアルにしたいなら、素材をフリースに

休日のお出かけにも、チェスターコートは大活躍。アクティブなシーンにも対応してくれる、フリース素材のカジュアルなチェスターコートもひとつあると便利。ライトメルトンのような見た目で、軽く温かく、程よく抜け感を出せる。ストレッチが効いているので、中にGジャンなどを着こんでもストレスなく着用できる。

10年後も着られるチェスター、選び方のコツは?

シングルボタンのチェスターももちろんマストだけど、パーティなど改まった場にも着ているダブルボタンのチェスターも、この先登場回数は多そう。『ヴィクティム』のキャメルチェスターは、細身で体に沿う美しいシルエット。スポーツミックスや古着ミックスなどさまざまな外しコーデにも合う。

デートにもぴったり、Pコートで清潔感のあるコーデを

ショート丈のキャメルアウターで、イチオシなのがPコート。シンプルで上質なものを選べば、いつものデニムコーデがアップグレードされる。前開きで着て、個性的な柄トップスをチラ見せさせて、自分らしさをアピールしてみて。

はじめの1枚のPコート、押さえるべきブランドは?

選ぶのに迷ってしまったら、イギリス生まれの老舗ブランド『グローバーオール』をチェック! しっかりとした打ち込みのメルトン素材は、冬の防寒としての安心感はもちろんのこと、よくあるザラつきのあるものとは異なり、きめ細やかな質感と手触りが、大人のためのPコートとして長く愛されている理由。

イキすぎてないのに個性的なPコート、選び方のコツは?

ベーシックさが魅力のPコートだけど、ほんの少しだけ個性のあるアイテムを持っていれば、着こなしがマンネリにならない。『ミスター・ジェントルマン』のPコートは、クラシックなPコートとB-3フライトジャケットの特徴をミックス。防寒性も高く、えりを立たせたスタイリングをするといい感じ。

気になるキャメルアウターは見つかりましたか? ダッフル、チェスター、Pコート。基本の3つのキャメルアウターがあれば、もうこの先10年、冬のアウター選びで困ることがないかも! だからこそ慎重に、お気に入りを選びたいものです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK