洋服で見られる迷彩の種類と特徴、着こなし指南

洋服で見られる迷彩の種類と特徴、着こなし指南

環境に溶け込むことで、戦闘服に採用される迷彩柄。国やシチュエーションによって多くのパターンが存在します。ここでは洋服でよく見る迷彩柄の特徴と着こなしをお届け。

編集イトウ

2015.10.18

秋の着こなし・コーデ
ミリタリーファッション

そもそも迷彩柄とは

そもそも迷彩柄とは

迷彩は敵の目を欺くためのカモフラージュ技術のひとつで、自然と同化し、自然に溶け込むような色柄のプリントのこと。カムフラージュプリント、カモフラージュプリントともいいます。
迷彩柄の種類は実にさまざまで、その起源は1931年にドイツ軍が開発したスプリンターパターンにあるといわれています。これはドイツの森をモチーフにデザインされたもので、世界で初めて個人装備品として正式採用された迷彩柄とされています。

主にファッションシーンで見られる迷彩柄はこれ

柄や色などの組み合わせによって、ひと口で迷彩柄といっても雰囲気はまったくといっていいほど異なります。ここではファッションアイテムとしてよく見かける迷彩5つをご紹介。

迷彩1ウッドランド

ウッドランド

森林での迷彩柄で、ファッションとしてはもっともオーソドックス。このパターンはアメリカ軍が使用していたパターンです。

迷彩2デザート

デザート

砂漠などで使用する迷彩柄で、別名チョコチップとも呼ばれます。湾岸戦争でアメリカ軍が使用して有名となり、定着しました。

迷彩3タイガーストライプ

タイガーストライプ

写真はベトナム戦争時のアメリカ軍特殊部隊のパターン。インドシナ戦争時にフランス軍が使用したリザード迷彩から発展した柄です。

迷彩4リーフ・ツリー

リーフ・ツリー

ブッシュ(草むら)などで威力を発揮する柄で、実写プリントのようなパターンも存在します。狩猟用の迷彩柄としてもよく利用されています。

迷彩5デジタルカモ

デジタルカモ

近年主流なのがドットで構築されたデジタル柄のカモフラージュパターン。色のコントラストが低く、より環境に溶け込みやすいのが特長です。

いずれのカモフラ柄を取り入れる時も、無地と合わせるのがセオリー

ファッションアイテムとしても定番の迷彩。今季は“ミリタリー”に注目しているブランドやショップが多く、アイテムも豊富に展開されていることもあって、取り入れる人は多そうです。

その際に注意したいのが、いずれの迷彩を取り入れる時も無地のアイテムと合わせること。ここで挙げた迷彩はコンクリートジャングルではむしろ目立つ柄ということもあり、ほかの柄と合わせるとうるさくなってしまうため、ウェアで取り入れるなら無地アイテムと、小物で取り入れるなら無地か相性のいいボーダー柄と合わせましょう。

▼迷彩をアウターで取り入れるなら

秋冬ファッションの主役、アウターは今季迷彩アイテムが豊富。暗くなりがちなこの時期のコーデを悪目立ちせずに照らしてくれるので、着こなしの強い味方になってくれるハズです。

オールブラックの着こなしにカモフラ柄ブルゾンをプラス。シンプルながらさびしく見えない、バランス感が絶妙です。

ジーンズと迷彩の相性は言わずもがな。インナーにパーカーを取り入れてカジュアルにまとめつつ、全体を細身のサイズ感で統一することになり過ぎないよう微調整。

大胆に迷彩が落とし込まれたステンカラーコートを主役に、他アイテムをクレリックシャツやチノパンにしてきれいめに取り入れた好例。パンツが太めながら野暮ったく見えないのは、パンツをロールアップしてバランスを調整しているから。

▼迷彩をパンツで取り入れるなら

通年使える迷彩パンツは、シルエットによって印象がガラッと変わるのがおもしろいアイテム。定番の太めシルエットならアメカジライクに、細身ならきれいめに着こなせるので、普段の着こなしイメージと合わせて選びましょう。

デニムシャツと迷彩パンツの組み合わせは、王道のパターン。寒さが厳しくなったら上にダウンベストやレザーを合わせて、アメカジライクに着こなしたい。

スウェットシャツ×迷彩パンツもアメカジコーデの王道スタイル。インナーにシャツを重ねて、さり気なくきちんと感を出すのが大人ならではの着こなしテク。

ワイルドになりがちな迷彩パンツも、細身のタイプなら武骨になり過ぎない。濃紺のGジャン&ハットと合わせて、雰囲気ある着こなしに昇華して。

▼迷彩をバッグで取り入れるなら

ウェアよりも手軽に取り入れられたいなら、小物がおすすめ。特に気負いなく取り入れられるバッグは今季多く見られました。シンプルなコーデにバッグを取り入れるだけで、ウェアと比べると容易に挑戦することができるのもうれしいところ。

正面からはシンプルな着こなしながら、後ろから見ると迷彩バッグがアクセントとして活躍。迷彩に抵抗のある人でも挑戦しやすいので、初心者にもおすすめです。

ボディバッグでさり気なく取り入れるのも、大人っぽく見えて◎。ネイビーベースの着こなしに好アクセントとして活躍します。

きれいめファッションの変化球アイテムとしておすすめなのが、迷彩のクラッチバッグ。程よくカジュアルさがあるので、奥行きのある着こなしに仕上がります。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

    レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

    手も空いて機能的な反面少し子供っぽさもあるリュックですが、レザー製を選べば大人の日常着ともマッチ。Freeamericanidol世代に似合う上質な革リュックをレコメンドします。

    山崎 サトシ

    サコッシュが人気の理由は? ハズさないおすすめブランド18選

    サコッシュが人気の理由は? ハズさないおすすめブランド18選

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    真冬から春先まで活躍するインサレーションウェアに注目。「インサレーションとは」という基本や特徴、選び方、おすすめなどを多角的に紹介します。

    平 格彦

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

    山崎 サトシ

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    編集カツラガワ

    BACK