大人のおしゃれには定番の紺スニーカーが必要不可欠!

大人のおしゃれには定番の紺スニーカーが必要不可欠!

トレンドを意識し過ぎた着こなしは若過ぎて大人の魅力を生かしきれません。大人の魅力を演出するためにも今季は足元にネイビーを取り入れたメンズコーデがオススメです。

大中 志摩

2015.10.14

スニーカー

流行色の強いモノよりも定番モノを選びたい

今シーズンも各ブランドが継続してスニーカーに力を入れており、トレンド感の強いデザインも数多く展開されている。しかし、トレンドばかり気にしているとどうしても着こなしが若くなりがち。そこでオススメなのが程よくトレンドを加えつつ、大人な着こなしが簡単に作れる 定番モデル の紺スニーカーだ。

紺スニーカーには白いアイテムを合わせるべし

シックな雰囲気を醸し、定番カラーながらも男女問わず人気の高いネイビー。そんなネイビーを足元に取り入れるのであれば、コーディネートに白いアイテムを取り入れることが重要だ。 ネイビーと白の鉄板の配色 を意識することで清潔感やトレンド感が一気に加速し、品のある大人の着こなしが楽しめる。

ネイビー×白を見事に表現したデニムオンデニム。ロールアップしたパンツにランニングシューズを組み合わせることで軽快な印象を加速させた。洋服のサイズ感や小物使いなど全体のバランス感もちょうど良い。

トップス、パンツ、スニーカーをネイビーでまとめたアウトドアテイストなラフな着こなし。単純になりがちな着こなしだがソックスとインナーに白をプラスすることで大人っぽい洗練された印象に仕上げた。

白のトップスをメインにしたクリーンなモノトーンコーデ。足元にネイビーを取り入れることでシンプルなモノトーンコーデを回避し、シックな雰囲気を演出した。

人気のスウェットを取り入れたカジュアルなスタイル。ニット帽とスニーカーでネイビー×白を表現することにより、ラフさと清潔感のある着こなしに仕上げた。

ジャケットとインナー、ソックスとスニーカーで色味をリンクさせてより清潔感のある雰囲気にまとめた。スタジャン、スニーカーとカジュアルなアイテムを取り入れることで、キメ過ぎない大人コーデを完成させた。

失敗なし! 今選びたい定番モデルのネイビーカラー

メジャースポーツブランドには、トレンドやシーズンを問わず展開される定番モデルがいくつかある。今回はその定番モデルのなかでもネイビーカラーを展開しており、なおかつ大人の足元にふさわしいモデルのみを厳選して紹介しよう。

『バンズ』CANVAS SK8- HI

1970年に発売された『バンズ』のクラシックラインを代表するモデル。オールキャンバスのアッパーを採用したベーシックなカラーで登場した。スケートボード用に開発されたモデルなので、アンクル部分にパッドを多く配してホールド感を高めるなどスケーターライクなディテールがふんだんに盛り込まれている。

『アディダス オリジナルス』キャンパス80s

1970年初期に発売されたトーナメントをベースに1983年に発売され、『アディダス』のアイコンとして不動の地位を獲得してきた1足。今季は『アディダス オリジナルス』のアーカイブのなかでも人気の高い4色を展開している。ライニングにアッパーより濃いカラーリングを採用し、デッドストックの経年変化を再現した。

『アシックス』GEL-LYTE V

1993年に発売された軽量ランニングシューズ。シュータンとアッパーが一体化したモノソック構造により、脱ぎ履きがしやすく足全体を包み込むようなフィット感に仕上がっている。ミッドソールのかかと部には、ほかの部分より硬いU字型のパーツをウェーブ形状に搭載することで走行時の安定性とクッション性を両立させた。

『サッカニー』DXN トレーナー

1983年に、履き心地を追求するハイエンドランナー向けに開発された。モデル名のDXNは、1983年のニューヨークシティマラソン優勝者であり、80年代初頭に『サッカニー』がサポートしていた選手ロッド・ディクソンのトレーニングシューズとして使用されていたことに由来する。クラシックなデザインで汎用性も抜群。

『ナイキ』ナイキ エアマックス90 エッセンシャル

最高の衝撃吸収性を実現した『ナイキ』のアイコニックなモデル。プレミアムレザーを使用したアッパーは快適性と耐久生を兼ね備えている。さらにラバーアウツォールのワッフルパターンを改良し、トラクションが向上。時代を超えて愛されるデザイン性とスポーツシーンはもちろん、タウンユースにも最適だ。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK