今シーズンの狙い目は、骨太かつドレッシーなブーツ

今シーズンの狙い目は、骨太かつドレッシーなブーツ

スニーカー人気が落ち着き、久々にブーツ復権の予感が漂う今季。狙い目はワークテイストではなく、スラックスにも合わせられるような、エレガントさを備えるモデルです。

桐田 政隆

2015.10.07

ブーツ

近年のトレンドの根底にある、きれいめベーシックにも合わせやすいモデルが狙い

スニーカー一辺倒だった昨今。次の秋冬は、そろそろブーツが気になるという流れが感じられます。

ただポイントは、依然人気のきれいめベーシックな装いにも合わせやすいモデル。そこで浮上するのが、骨太かつドレッシーなブーツです。

今回は、名作と呼ばれる3大定番を紹介していきます。

名作1:『レッドウイング』ベックマンブーツ

まずは『 レッドウイング 』のクラシックドレスラインにあたる、ベックマンブーツから。ベースとなっているのは1910年代に「for General Wear」として、フォーマルな場での用途に作られていた6インチ丈のブーツ。このブランドらしい骨太感がありながらも、品のよさを感じさせる佇まいが魅力です。

Point1ドレスシューズのような艶を持つフェザーストーンレザー

レザーはベックマンブーツ専用に開発された、ドレスシューズのような艶を持つオリジナルのフェザーストーン。しっとりとオイルを含んだ独特の深みのある光沢があり、またカラーは写真のブラックチェリーが人気。またほかのブーツ同様、グッドイヤーウェルト製法なのでソール交換も可能。

Point2ドレス靴の履き心地とワークブーツの機能性を備えたオリジナルソール

ソールはレザー&ラグソールを使用。レザーをベースにラバーのラグソールが施されているため、ドレス靴のようなレザーソールの履き心地を保ちながら、耐水性と耐久性、グリップ力といったワークブーツの機能性も備えているのが特徴。

名作2:『ホワイツ』セミドレス ウォーターバッファロー・シェンナ

次はキングオブブーツこと『ホワイツ』のセミドレス。同足はスモークジャンパーと並ぶ『ホワイツ』の代表作で、ブーツ好きなら一度は憧れる存在といっても過言ではありません。過酷な環境で働くリアルワーカーのための本格的な作りでありながら、その名通りドレス靴のようなエレガントなフォルムも魅力です。

Point1長時間歩いても疲れにくい歩行性の高さもワーカーが愛する所以

その美しさがよくわかるのがサイドフォルム。トウからヒールまで流れるような立体的な曲線はオールハンドメイドならでは。また土踏まずが盛り上がったアーチイーズ製法も特徴。インソールのフィット感が高く、レザーシャンクの返りもあって、長時間の歩行でも疲れにくい。これもワーカーから絶大な支持を得る理由のひとつ。

Point2ホワイツの伝統技術であるハンドソーン・ウェルテッド製法

製法はアッパー、中底、ウェルトを一気に縫い合わせる、ホワイツ独自のハンドソーン・ウェルテッド製法。手縫いでしかできない非常に手間の掛かるステッチダウン製法で、耐久性と防水性に富み、包み込むような履き心地が味わえる。

名作3:『オールデン』タンカーブーツ

このタンカーブーツは、日本代理店のラコタがミリタリーラストを使用したブーツとして別注したもの。その完成度の高さから、世界的にもタンカーブーツと親しまれるようになりました。ファンにも支持の高い定番として知られ、『 オールデン 』随一の無骨さと、スラックスにもすんなり合わせられる品格も兼ね備えます。

Point1ファン垂涎のハンドスキンステッチ

今や数人の職人しかできない、『オールデン』ならではのモックトウのハンドスキンステッチ。アッパーを木型に吊り込んだあとに施す、熟練の技術を要する飾りモカで、アッパーに程良いボリューム感を演出してくれる。同足のレザーはホーウィン社のクロムエクセルで、雨の日でも気兼ねなく履けるメリットも。

Point2ドレス感と歩きやすさを備えた、プランテーションソール

ミリタリーラストは、『オールデン』がアメリカ軍の納入する軍靴に使用していたラスト。モディファイドラストの次に土踏まずがくびれており、フィット感に優れる。またソールは爪先部分がレザー、残りがクレープ素材のプランテーションソールで、ドレッシーな印象と快適な歩き心地が楽しめる。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    愛用者続出。あのブランドの人気ブーツにローカットモデルが誕生

    愛用者続出。あのブランドの人気ブーツにローカットモデルが誕生

    ファッション撮影のロケ現場で、スタイリストやフォトグラファー、エディターの着用率が断トツで高いシューズブランドがある。それがサイドゴアブーツの元祖とも言われる…

    山崎 サトシ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    雨の日に重宝するレインブーツ。ですが、着こなしを考えるとなかなか取り入れづらいもの。そこでおすすめしたいのが、英国生まれのブランド『ハンター』のローファーです。

    八木 悠太

    チャッカブーツといえばこの10足。注目ブランドも着こなし方も解説します

    チャッカブーツといえばこの10足。注目ブランドも着こなし方も解説します

    スエードやスムースレザーを採用した上品なルックスながらも、カジュアルな雰囲気を持つチャッカブーツ。幅広い着こなしに取り入れられるので、1足あると確実に重宝する。

    大中 志摩

    ワークブーツの5大人気ブランドを厳選。注目ラインアップを総ざらい

    ワークブーツの5大人気ブランドを厳選。注目ラインアップを総ざらい

    あきれるほど頑強で履き込むほどに表情が変わるワークブーツは、男の物欲をくすぐる一生モノ。5大人気ブランドと有力モデルを把握して、自身の相棒を見つけよう。

    NAKAYAMA

    男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

    男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

    スニーカーもいいですが、秋冬の男の足元には革靴がやっぱりよく似合います。選び方から大人におすすめのブランド、その主要モデルまでをピックアップしました。

    近間 恭子

    大人の雨靴。ブランドストーンのブーツが気になる

    大人の雨靴。ブランドストーンのブーツが気になる

    サイドゴアブーツが人気を見せている今シーズン。雨靴としても優秀でサイドゴアブーツの元祖ともいえる『ブランドストーン』をご存じだろうか。同ブランドの魅力をご紹介。

    大中 志摩

    BACK