車と同じ!定番ブランドの腕時計も日々進化しています

車と同じ!定番ブランドの腕時計も日々進化しています

時計も自動車と同じで、古い時計を中古市場に売却し、新しい時計に乗り換えるという手があります。積極的に買い換えを検討してもいいと思える腕時計をピックアップします。

黒野 一刻

2015.10.03

腕時計

乗り換えるべきか、乗り換えざるべきか

乗り換えるべきか、乗り換えざるべきか

高級腕時計は一生使いつづけるモノという考え方がある一方、時計を中古店に流し、それを元手に新しい時計を購入する人もいます。最近は、自動車の認定中古のような仕組みを作って、下取りを行うメーカーも、一部に出てきました。それでなくとも、腕時計の中古市場は活発なので、時計のアップデートを狙う手はありです。

昔の時計もいいものですが……

昔の時計もいいものですが……

『ロレックス』はこの10年で、順次モデルチェンジを進め、『オメガ』『タグ・ホイヤー』『ブライトリング』も自社ムーブメントの充実と共に、新開発モデルが続々登場し、特に『ブライトリング』は認定中古を整えています。『IWC』は、毎年どれか1ラインをまるっと再編成してしまうほど。時計市場も回転が速いのです。

合わせて読みたい:
王者ロレックス。我々を惹きつける人気モデルを知る

新しいモノが好きならば、買い換えを狙いましょう

新しいモノが好きならば、買い換えを狙いましょう

考え方ひとつかもしれませんが、新しいモノが好きで、懐に余裕があるのなら、買い換えてナンボだと思います。よほどのコレクターズアイテムにならない限り、歳月と共に時計のリセールバリューは下落していきます。ここでは、上記に挙げたブランドの買い換えの狙いめモデルのポイントを解説していきます。

高級時計だって買い換えていいんです!

1220mダイバーズの鮮やかな復活『ロレックス』シードゥエラー4000

3900m防水のシードゥエラー ディープシーの登場で、1220m防水のシードゥエラーの生産は途絶えましたが、2014年に現行のサブマリーナー然としたデザインで復活を遂げました。よりスマートで、新しいムーブメントや夜光塗料にアップデートしていますから、従来のシードゥエラーからの買い換えでも、お得感があります。

オールドなスピマスを最新技術で復活『オメガ』スピードマスター 57 クロノグラフ

従来のスピードマスター オートマティックのオーナーなら、こちらへのアップデートがオススメです。自動巻きの最新機能、コーアクシャル機構搭載のムーブメントになります。旧作もレーシングモデルとして作られていましたが、より雰囲気が高まっており、1957年のオリジナルモデルの復刻としても申し分のないデキです。

敢えてクロノグラフを選択しない『タグ・ホイヤー』カレラ キャリバー5 デイデイト

『タグ・ホイヤー』というと、とかくクロノグラフのイメージが強いのですが、高級時計ブランドだと再認識する3針モデルを選ぶのもありでしょう。ケースの緻密な仕上がり、文字盤のツヤなど、正規価格20万円の時計としては、抜群の造り込みで、しかも日付・曜日付き。エレガントな『タグ・ホイヤー』もいいものです。

歴史に残る名機のテイストに戻る『ブライトリング』クロノマット44 エアボーン

先代クロノマットを所持していて、最新のムーブメント搭載機は欲しいのだけど……と迷っている人のための現行クロノマットです。先代は死角のないクロノグラフとの定評も高い歴史的名機。自社製ムーブメントを搭載しながら、先代モデルのベゼルデザインを復活させたこのモデルは、『ブライトリング』ファンの心に響きます。

今風のサイズ+クラシックテイスト『IWC』パイロット・ウォッチ・マークXII

IWCは、毎年1つのラインを再編するというやり方で新作を投入ており、パイロット・ウォッチ シリーズは2012年にリニューアル。そのベーシックモデルは、2mmサイズアップし、時刻や日付の視認性を向上させました。近い将来のライン再編に向けて、むしろ現行モデルを押さえておくという考えもありではないでしょうか。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ハミルトンの名機10選。アメリカ生まれの時計ブランドを深掘り

    ハミルトンの名機10選。アメリカ生まれの時計ブランドを深掘り

    アメリカ経済の発展期に創業した『ハミルトン』は、鉄道時計や軍用時計の開発で信頼性を高めた。現在はスイスを拠点に、高コスパかつ高品質な腕時計を手がけている。

    ワダ ソウシ

    “バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

    “バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

    建築や美術の世界で今なお語り継がれるドイツの造形大学、バウハウス。その流れを汲んだ『ドゥッファ』の時計が、洗練のデザインとリーズナブルな価格で注目されています。

    須賀 哲

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。2019年の新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

    夏目 文寛

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    高級腕時計ブランド30選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド30選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    BACK