アメリカの定番テーブルウェア、キャンブロの魅力とは

アメリカの定番テーブルウェア、キャンブロの魅力とは

アメリカを筆頭に、世界中のレストランやホテル、学校などの公共施設で使用されているMADE IN USAの頑丈なテーブルウェア『キャンブロ』の名作をご紹介します。

大中 志摩

2015.10.03

キャンブロ(CAMBRO)
キッチン用品

『キャンブロ』とは?

アメリカ西海岸のハンティントンビーチで1951年に設立されたテーブルウェアや厨房機器を製造・販売するメーカー。MADE IN USAにこだわって生産を続けており、世界中のフードサービス業界から信頼されている。アメリカ国内においては、レストランやカフェはもちろん、学校や公共施設などでも使用されている。

狙うべき代表的なテーブルウェアは?

キャンブロ社は業務用メーカーだけあって、グラスから厨房機器まで驚くほど多彩な製品を展開している。個人が自宅で使用できる製品といえば、テーブルウェアがもっとも取り入れやすい。定番として人気が高い代表的な製品は、タンブラー(グラス)、ピッチャー、トレー、サイドテーブルなど。

『キャンブロ』の代表的な製品をピックアップ

軽量で割れにくい素材、SANプラスチックを使用したキャンブロ社の中でも、特に人気の高い製品。アメリカのダイナーやカフェ、学校や職場の食堂などで一般的に広く使用されている、まさしくアメリカンスタンダードなグラスだ。割れにくいので子どものいる家庭や、キャンプなどに使えて便利。スタッキングもできる。

上記ラグナ・タンブラーの次に人気の高いグラスが、ニューポート・タンブラーだ。デザイン以外の機能性などは、ラグナ・タンブラー同様。どちらを選ぶかは、好み次第といったところ。耐久性に優れているため、結構ラフにガンガン使っても割れないので本当に使いやすい。筆者はラグナ&ニューポートのどちらも愛用中。

素材にFRP(グラスファイバー強化プラスチック)を使用したトレー。業務用ということもあって、カラーバリエーションやサイズ展開が豊富なのがうれしい。筆者は自宅で、食事中にボロボロと食べ物をこぼす子ども用のトレーとしてイエローを活用中。小さなサイズは、鍵置きなど、小物入れとしても使えます。

大家族のカトラリー整理に最適な大型のカトラリーケース。大人数でのキャンプや集まりなどでも活躍してくれそうだ。スタッキングして使えるので、工具入れや小物入れなど、さまざまな使い方ができる。むだなデザインがない無骨な感じが、アメリカっぽくて良い。

ソファーの横に置いておきたいシンプルなサイドテーブル。トレーはフレームの上にはまっている状態なので簡単に取り外しができ、洗浄することができる。このサイドテーブルのフレームは、キャンブロ社のカムトレーに適合するように作られているため、カムトレーだけ別に買い足せば、さまざまな色のサイドテーブルが楽しめる。

小さな子どものいる家庭や屋外でワインを楽しむ際に最適なのが軽量で割れにくい素材、ポリカーボネイトを使用したデカンター。ワインに限らず、フルーツジュースやミルクなどを入れてストックしておくのにも最適でしょう。冷蔵庫の中まで、美しく保ちたい人にオススメ!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK