7つのキーワードから選ぶ! 自分らしいニットの選び方

7つのキーワードから選ぶ! 自分らしいニットの選び方

秋がやってきて、今年も楽しみなニット選び! トレンドから定番の1枚まで、大人のメンズコーデに欠かせないニットは、この7つのキーワードからセレクトしましょう。

AI

2015.10.01

トップス
ニット・セーター

『飽きないニット』って何をポイントに選んでる?

『飽きないニット』って何をポイントに選んでる?

WEARWEAR

お気に入り追加

今年買って、来年も再来年も着るニットが欲しいなら、老舗ブランドをチェックすればまずハズレはなし。また、オーセンティックなアイテムから選んだり、多少値段が張っても、直感で選んだ「自分好み!」どストライクのアイテムを迷わず購入する勇気も忘れちゃいけません。心構えができたら、さっそくニットを探しに行こう!

キーワード1:最高峰ブランドの1枚を選ぶなら、『インバーアラン』のアランニット

キーワード1:最高峰ブランドの1枚を選ぶなら、『インバーアラン』のアランニット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

アランニットの最高峰ブランドとして有名な『インバーアラン』は、アイルランドの漁師たちが着用していた手編みのセーターを起源としたブランド。こちらは伝統的なニッティングパターンに基づき、ハンドメイドで仕立てたポロカラーカーディガン。シェットランド島の羊毛を使ったシェットランドウールを使用。

合わせて読みたい:
表情豊かなアランニットで冬コーデをほっこりと

ずっと着続けたいニットブランド。インバーアランの魅力とは?

キーワード2:大人にスポーツテイストを取り入れるなら、チルデンニットが最適

キーワード2:大人にスポーツテイストを取り入れるなら、チルデンニットが最適

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

チルデンニットは、縄目模様の入った厚手のセーターで、Vネックの回りと裾にチームカラーのラインを入れるのが特徴。『フレッドペリー』の『ビームス』別注ニットは、シンプルかつ上品さを兼備したチルデンならではのデザイン。インナーのチラ見せで、印象が大きく変えられるのも特徴。

キーワード3:セクシーさを演出するなら、『ドルモア』のタートルネックニット

キーワード3:セクシーさを演出するなら、『ドルモア』のタートルネックニット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

知的でセクシーな印象を与えるタートルネック。こちらは、世界最古のニットブランドとして1770年にスコットランドで設立された老舗ブランド、『ドルモア』のアイテム。伝統的なケーブル編みをヘリンボーン柄の上品な雰囲気に仕上げています。立体的なシルエットが独特な表情。チェスターコートと合わせると、ダンディ!

キーワード4:旬度の高いボヘミアンな雰囲気を出すなら、『メゾンフラネウール』の1枚

キーワード4:旬度の高いボヘミアンな雰囲気を出すなら、『メゾンフラネウール』の1枚

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『メゾンフラネウール』は、イタリア・ヴェネト州の自社の工房内で昔から受け継がれてきた技術を持つ職人や、その工房にしか存在しないヴィンテージの編み機により少量生産しているブランド。今年注目のボヘミアンテイストのニットも、最上級のものを選べば、トレンドに揺るがされず、ずっと愛用できそう。

キーワード5:本物のベーシックを目指すなら、『A.P.C.』のクルーネックニット

キーワード5:本物のベーシックを目指すなら、『A.P.C.』のクルーネックニット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

そぎ落とされ、研ぎ澄まされたベーシックアイテムを提供してくれる『アー・ペー・セー』のニットなら、とびきりのノームコアスタイルが楽しめる。最初の1枚はクルーネックニットから手に入れて。そのうち、2着目、3着目が欲しくなるほど、そのシルエットのすばらしさにハマってしまうはず!

キーワード6:フレンチカジュアルなボーダーニットなら失敗しない

キーワード6:フレンチカジュアルなボーダーニットなら失敗しない

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

コットンのコーマ糸で編んだスッキリとした印象のニットを紹介。バスク状のボーダーレイアウトが新鮮で、胸上からVに切り替えられたデザインがレトロな雰囲気を演出するスパイスになっている。爽やかなボーダーアイテムは、いつでも紳士の強い味方。

キーワード7:秋のベーシックカラー、カーキのシンプルニットは必需品

キーワード7:秋のベーシックカラー、カーキのシンプルニットは必需品

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ホワイト、ブラック、グレーに並び、メンズファッションと切っても切り離せないカーキ。秋はニットでカーキのアイテムを持っておくと、かなり便利。『シップスジェットブルー』のニットは、ケーブル編みで仕上げたホッコリとした風合いのクラシカルなデザインが、トラッドやカジュアルなどさまざまなテイストで着られる仕様。

色んなニットを見ていると、寒くなるのも待ち遠しくなってしまいませんか!? ベーシックなニットに自分らしさをプラスアルファした、最高の1着をこの秋探してみて下さい。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

    使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

    Tシャツ1枚は少し早いけど、上着を着るほど寒くもない……。気温が曖昧な時期にさらりと羽織れるカーディガンは必携です。人気ブランドを、しっかり把握しておきましょう。

    山崎 サトシ

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK