ヨコシマさゼロ! 裏切らない定番ボーダーブランド5選

ヨコシマさゼロ! 裏切らない定番ボーダーブランド5選

大人の柄物選びって難しいですよね。幼く見えたり、フェミニンな感じがしたり、ヨコシマな気持ちになったり…。そんな心配のない定番ボーダーカットソーブランドを厳選!

編集イトウ

2015.02.22

トップス
カットソー
ボーダーカットソー
定番・名作

多くの人に愛されるボーダー柄は大人の強い味方

トレンドやシーズンに関わらず活躍するボーダーカットソー。流行り廃りがなく、無地と並ぶ究極のベーシックアイテムといっても過言でないでしょう。ワードローブには必ず欲しい、大人の強い味方です。

Item1『セントジェームス』のウエッソン

ボーダーといえばここをイメージする人も多いのでは? 100年以上の歴史を誇るフランスの老舗ブランド『セントジェームス』のカットソーは、ど定番のアイテム。洗うごとに風合いの増すタフな生地感もたまりません!

Item2『オーシバル』のラッセル

皆さんご存じのジーンズブランドで例えると、先程紹介した『セントジェームス』が『リーバイス』なら、『オーシバル』は『リー』のような立ち位置のコチラ。裾付近のハチのマークが目印で、ここ数年多くのセレクトショップで見かけます。

Item3『ルミノア』のバスクシャツ

マリンテイストのアイテムを得意とする『ルミノア』のボーダーカットソーも有名。前述の2ブランドと比べると限られたショップでのみの展開なので、気にいったら即購入することをオススメします。

Item4『アニエスベー』のボーダーカットソー

肌触りのいいコットンに、ネックラインの序品なリブがgoodな『アニエスベー』のボーダーカットソー。フレンチライクなネイビー×ホワイトもいいですが、カートコバーンを連想させるレッド×ブラックの配色で変化球を狙ってみてもいいかも。

Item5『マリメッコ』のボーダーシャツ

『マリメッコ』の超ロングセラーといえば、このボーダーシャツ。北欧ブランドらしいポップなカラーリングと、きれいなラインが人気の理由です。着るだけで思わずテンションが上がるような、ナイスな配色はここならでは。

初めて買う時の一枚&着こなし

カラーは肌馴染みもよく、合わせるパンツを選ばないネイビー×ホワイトがオススメ! これからの時期なら色落ちしたジーンズと合わせて、シンプルかつ清涼感あるコーディネートがいいでしょう。

セントジェームスのウエッソンに、トレンドアイテムとして注目の集まる薄色デニムのコンビ。清潔感があっておしゃれながら、誰でも簡単に挑戦できるイチオシコーディネート。

「どれも同じボーダーにしか見えない」という人も多いかと思いますが、ネックラインが広めだったり浅めだったり、ピッチ幅が細かったり太かったりと、実は結構印象が異なって見えたりします。手持ちの服を見て好みを絞り、商品を選ぶとスムーズですよ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK