今さら聞けないメガネの基本。玉型(デザイン)を紹介

今さら聞けないメガネの基本。玉型(デザイン)を紹介

ウェリントン、ボストン、ティアドロップ……メガネの解説を読んでいて「何それ?」となったことはないでしょうか? 今さら尋ねるには恥ずかしい、そんな用語の解説です。

黒野 一刻

2015.09.27

アイウェア
メガネ

メガネには超基本の6つの型があります

メガネには超基本の6つの型があります

ウェリントン、ボストン、ラウンド、スクエア、オーバル、ティアドロップ……メガネのスタイルにはいろいろなものがありますが、基本となるのは、この6種類。いったい何をもって、そんな呼び方をしているかと言えば、レンズの形で分類しています。ショップや工場では、玉型と呼ぶものが、メガネのフレームの基本型になります。

大雑把に言えば、こんな形です

ウェリントンは逆台形。ボストンは逆おむすび。ラウンド、スクエア、オーバルは見たままですが、ティアドロップは涙のしずくの意で、太ったナスのような形です。中世に発明されたメガネは、ラウンド一辺倒でしたが、加工技術の発展とともに、スクエアやオーバルが登場。さらに、ウェリントン、ボストン、ティアドロップへ分化しました。

形状とフレームで印象が変わります

さらに、派生形(フォックス)や玉型によらないフレームの分類もあります(サーモント、ブロータイプ、ツーポイントなど)が、このレンズの玉型がベースになってメガネのフレームの基本シルエットが決まり、フレームの素材と太さで、どんな印象を与えるかも変わってきます。メガネ選びに、こうした知識を役立てたいものです。

フレームの基本型をそれぞれ解説します

Type1逆台形のウェリントン(『モスコット』レムトッシュ 46 MBK)

逆台形のウェリントン(『モスコット』レムトッシュ 46 MBK)

ロイヤルムーンロイヤルムーン

ジョニー・デップが愛用し、日本でブレイクした『モスコット』のウェリントンです。名前の由来は明かになっていません。下辺が短い逆台形で、太いプラフレームと組み合わせで目元を強調し、意志の力を漂わせます。ラインに丸みを帯びるものもあり、文字通りに“角が取れて”、やさしげな印象を湛えるものもあります。

■合わせて読みたい:
クラシカルで知的。ウェリントンメガネのおすすめブランドとコーデ術

Type2逆おむすび型のボストン(『オリバーピープルズ』グレゴリーペック)

逆おむすび型のボストン(『オリバーピープルズ』グレゴリーペック)

ロイヤルムーンロイヤルムーン

映画『ローマの休日』のグレゴリー・ペックの着用メガネをイメージしたボストンタイプのフレームです。ボストンの由来は、アメリカボストン市で流行したなどと言われますが、定説はありません。丸みを帯びた三角おにぎりをひっくり返した形状が、ウェリントンに近い太めのプラフレームとの組み合わせで、知性を目元に漂わせます。

Type3面白みと創造性に満ちたラウンド(『グラフィティーカオス』クラシック CL-28 C4)

面白みと創造性に満ちたラウンド(『グラフィティーカオス』クラシック CL-28 C4)

ロイヤルムーンロイヤルムーン

メタルのリムにアセテートを巻いた職人技が光るビンテージ風ラウンド型です。かつてのアメリカの喜劇役者ハロルド・ロイドのトレードマークで、ロイド型とも呼ばれます。女性には可愛げを漂わせ、男性はジョン・レノンなどアーティスティックな著名人が愛用したように、クリエイティビティのオーラを発するフレームです。

Type4誠実イメージのスクエア(『ポルシェデザイン』 P8145 C-A)

誠実イメージのスクエア(『ポルシェデザイン』 P8145 C-A)

RAKUTEN GLASSFACTORY ONLINERAKUTEN GLASSFACTORY ONLINE

名車ポルシェ・カレラ911をデザインしたフェルディナント・アレキサンダー・ポルシェが創業したデザインスタジオの1作です。スクエアスタイルは、このメガネに代表される堅物イメージを醸し出します。それは仕事やルールに対する誠実さを着用する人に与えます。また丸みを帯びたすたいるは、独特のやさしさを帯びます。

Type5TPOを選ばない万能なオーバル(『フォーナインズ』NPM-40)

TPOを選ばない万能なオーバル(『フォーナインズ』NPM-40)

OBLIGEOBLIGE

R型ヒンジによる弾力性に富んだテンプルなどで最上のフィット感を約束する『フォーナインズ』の定番スタイルです。目や眉毛と調和しやすく、着用する人を選ばない形状で、初めてメガネをする時の違和感や気恥ずかしさが小さなスタイルで、TPOも選びません。つり目状に作ったフォックス型という派生型もあります。

Type6実用性から生まれたティアドロップ(『レイバン』RB3523)

実用性から生まれたティアドロップ(『レイバン』RB3523)

ロイヤルムーンロイヤルムーン

アメリカンサングラスの祖『レイバン』のアビエータータイプのサングラスです。もともと、航空機(アビエーター)のパイロットのためのスタイルで、鼻から下方へカットを入れた形状は、酸素マスクをする時に邪魔にならない形状を追求した結果です。軍用サングラスが源流のため、スパルタンなイメージがあります。

合わせて読みたい:
メガネフレームもレイバンが人気。6つのおすすめモデル

合わせて読みたい! メガネの部位やパーツ名称はコチラで紹介しています

覚えておきたいメガネの部位やパーツ名称、全部載せ!

覚えておきたいメガネの部位やパーツ名称、全部載せ!

+CLAP Men+CLAP Men

テンプルだ、ヨロイだ、ブリッジだと、私の記事で使ってしまった用語でチンプンかんぷんの人、申し訳ありません!! 今回はもう少しメガネのあれこれをわかりやすく説明します。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    クラシカルで知的。ウェリントンメガネのおすすめブランドとコーデ術

    クラシカルで知的。ウェリントンメガネのおすすめブランドとコーデ術

    クラシックブームの立役者であるウェリントン。メガネ愛好家のみならず、おしゃれ好きなら1本は持っているであろう定番メガネだ。そのおすすめと着こなし活用術を紹介。

    Freeamericanidol編集部

    目的別に紹介。ザ・ノース・フェイスの人気リュック19選

    目的別に紹介。ザ・ノース・フェイスの人気リュック19選

    本格派のアウトドアから街使いまで、種類豊富な『ザ・ノース・フェイス』のリュック。3つの需要別に、適切なシーンにハマる一品をレコメンドします。

    Freeamericanidol編集部

    金子眼鏡の魅力とは? 日本の意匠を楽しめるアイウェアをピックアップ

    金子眼鏡の魅力とは? 日本の意匠を楽しめるアイウェアをピックアップ

    ファッションとしてのアイウェアの価値を高め、日本のモノ作りのクオリティを世界へ知らしめたと言っても過言ではない『金子眼鏡』。ここでは今一度その魅力に迫りたい。

    菊地 亮

    どのメガネが好み? 大人が愛用したい人気ブランド10選

    どのメガネが好み? 大人が愛用したい人気ブランド10選

    ファッションアイテムとしてこだわりたいのが、メガネ。顔周りの印象を左右するアイテムだからこそ、大人にぴったりなブランドで間違いないセレクトをしましょう。

    Freeamericanidol編集部

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    普段なにげなくつけているシルバーリング。実はつける指には、各々意味があるって知ってました? ここではその意味とともに、おすすめブランドのシルバーリングをご紹介!

    近間 恭子

    メガネ選びのプロに聞く。本当に似合う1本の見つけ方

    メガネ選びのプロに聞く。本当に似合う1本の見つけ方

    あなたは自信を持って自分のメガネ姿が似合っているといえますか? なんとなく似合うと思う……という方が多いのでは。あなたの魅力をもっと引き出すメガネ選びを紹介!

    桐田 政隆

    BACK