即買い推薦!セレクトショップのロングセラーを厳選!

即買い推薦!セレクトショップのロングセラーを厳選!

流行発信地として注目を浴びるセレクトショップ。新作に目を奪われがちだが、長い間親しまれているロングセラーたちも無視できない存在。そのマスターピースを紐解く。

菊地 亮

2015.09.22

セレクトショップ

“良いモノ”“楽しいモノ”を提案するのがセレクトショップの本質

確かに、シーンの最先端を示しトレンドの担い手となってきたのはセレクトショップ。ココに行けば“今”が分かる、という概念は誰もが持っているはずだ。しかし、長い歴史の中でも、廃れることなく多くの人たちを魅了してきたロングセラーが各店に存在する。これらを知っておけばショップクルーズもまた一段と楽しくなるはず。

『ビームス プラス』でロングセラーブランドを発見! 『レミレリーフ』

アメリカンベーシックを志向し、リアルな加工感に見られる圧倒的技術力や生地へのこだわりで世界から高い評価を獲得するレミ レリーフ。フレッドシーガルなど、世界的にも有名なセレクトショップでも取り扱われているこちらを、『ビームス プラス』ではブランド設立時より展開。瞬時に同ショップの中でもトップクラスの人気銘柄に。

『レミ レリーフ』の定番は、自然に着古したようなフェード感が魅力的なミリタリーシャツ

生地や加工へのこだわりは、自社工場を持っていることからも容易に想像がつく。そんな『レミ レリーフ』の高い技術力をもってすれば、スタンダードなミリタリーシャツも味わい深いヴィンテージライクな趣へと変貌を遂げる。エポーレットにスタースタッズを配し、フロントラインをボタンからジップへ変更している点もポイントに。

『エディフィス』でロングセラーブランドを発見! 『インコテックス』

1951年、パンツ専業ブランドとしてイタリアのヴェティスに設立。上質な素材使いと高度な縫製技術が見初められ、トップメゾンのパンツファクトリーとして確固たる地位を築く。特に美しい脚線を描くパターンが素晴らしく、『エディフィス』もまた虜になったひとり。以降、ジャケットスタイルの定番として毎シーズン展開している。

『インコテックス』の定番は、きれいな顔して万能な美脚スラックス

『インコテックス』のサキソニースラックスパンツは、足の構造を考え抜いたシルエットが抜群。引き締まった腰回りとテーパードの効いたレッグラインは、ウールの持つ上品さをより際立たせ、スタイリッシュな見栄えをナチュラルに作り出す。ビジネスシーンではもちろんのこと、カジュアルの場でもオールマイティに活躍してくれる。

合わせて読みたい:
インコテックスの美脚パンツは、伊達男のたしなみだ

アメリカンラグ シーでロングセラーブランドを発見! 『リー』

言わずと知れたアメリカンワークウェアの雄。業界で初めてLIFE誌に広告を掲載し、率先してレディースラインを作り女性にもワークウェアを浸透させるなど、質実なモノ作りと斬新なアプローチで多くの人々に親しまれてきた。アメリカンラグ シーも、その功績と実力に惚れこみ、これまでにさまざまな名盤の別注品をリリースしている。

『リー』の定番は、あの名優も愛した不朽の名作“101”の別注品

リージーンズを公私ともに愛用していたことで知られるジェームス・ディーン。そんな彼が足を通していたのが、“101”の愛称で親しまれた1本。こちらは、同シリーズの中の“101Z”をベースに、『アメリカンラグ シー』が別注をかけたアイテム。シルエットはタイトスレートで、太ももから裾にかけた美しい直線ラインが特徴的だ。

『フリークスストア』でロングセラーブランドを発見! 『シエラデザイン』

米国でアウトドアがひとつのカルチャーを形成する前の1960年代。ふたりの青年が遭難から九死に一生を得たことをきっかけに自らの命を託せるギア作りを決意。それがシエラデザイン誕生のきっかけで、以降、数々の名作を世に発表してきた。『フリークスストア』も彼らの情熱と技術に心酔し、長きにわたりラインアップへ加えている。

『シエラデザイン』の定番は、都会的なルックスを手に入れた歴史的山アウター

1968年に発表するや、瞬く間に全米各地に広まっていた60/40クロスのマウンテンパーカ。知ってのとおり、コットンとナイロンを6:4の割合でミックスした生地を使用したモノで、こちらはそのロング丈バージョン。長さをとったことにより、山アウター特有の野暮ったさは解消。別注により、さらに都会へと馴染む趣に。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    Freeamericanidol編集部

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

    Freeamericanidol編集部

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    夏の腕を彩るワカミのブレスレット。今年の狙いはコレ

    夏の腕を彩るワカミのブレスレット。今年の狙いはコレ

    “7連重ね付け”で知られる『ワカミ』のブレスレット。あらゆる着こなしへの汎用性の高さとリーズナブルさで人気です。夏を前に今年の狙い目を集めました。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    BACK