これぞ万能色! グレーカーディガンを着回したい

これぞ万能色! グレーカーディガンを着回したい

羽織るだけで上級感が漂い、昼夜で温度変化が著しい季節の変わり目はカーディガンが役立つ。特に着回し力が高いグレーのカーディガンは、メンズの着こなしに欠かせない。

菊地 亮

2018.10.03

トップス
カーディガン

グレーのカーディガンがコーデに必要な理由

黒・白・グレーの無彩色は合わせる色を選ばずに、何にでもハマる万能色。つまりいつものコーデに取り入れるだけですんなりハマる色ということだが、黒は重たい印象、白は軽量すぎる印象となり、取り入れるアイテム数が増える秋・冬の時期は特に着こなしのバランスを調整する必要がある。その点グレーはこれらの中間に位置するため考える必要がなく取り入れることが可能。そういった意味で、グレーを選ぶのがベターといえるのだ。

コーデ1クセのあるアイテムともすんなり馴染む

前述のように、グレーはどんなスタイルとも惹かれ合うオールマイティカラーとして有名。その特性を考慮した1枚なら、着回し自在で大いに役立つことこの上なし。例えば、ノーカラーでロング丈のクセありシャツでもとことん品あり。足元で遊ばせるぐらいの余裕も生まれるのでお試しを。

コーデ2グレーを主役に落ち着いた装いに

落ち着きあるグレーのカーディガンに合わせて、スニーカーもグレーをチョイス。パンツのモスグリーンが季節感ある着こなし。

コーデ3きれいめなグレーカーディガンを足元でハズす

全体的に落ち着きのある着こなしながら、足元で遊びを取り入れたのが好印象。ハイテクスニーカーが好アクセントとして活躍する。

コーデ4白シャツを合わせてクリーンに着こなす

細身カーゴとホワイトシャツの大人らしい着こなしには、前留めがパーカのようにジップ式の遊び心あるタイプをチョイス。雰囲気を残しつつ、茶目っ気を取り入れた。

コーデ5春夏は肩掛けしてコーデにこなれ感を

ネイビーベースの旬なスタイリングに、グレーのカーディガンを肩掛けしてアクセントを追加。胸元でひと巻き程度がナチュラルに決まるコツ。

上質で大人の着こなしにハマる、グレーのカーディガン5選

アイテム1『ドルモア』ハイゲージ コットンニット カーディガン

スコットランド・ダムフリースの地で1770年に設立した老舗名門ニットブランド『ドルモア』。品質の高さはもちろん、現代的なシルエット、美しい発色はここならでは。今作は今シーズンから登場したニューモデルで、『ドルモア』らしいモダンなデザインが特長。

アイテム2『クルチアーニ』9ゲージVネックニットカーディガン

クラシックな空気感を大切にしながら、常に革新的アプローチを試みるラグジュアリーニットブランド。やや色あせたようなヴィンテージ風のこちらは、上質なウールをハイゲージで織り上げたもの。キメが細かくふんわりとした触感にはリッチ感が漂い、独自のフィニッシュワークによるアタリがこなれた雰囲気を生み出す。

アイテム3『ルトロワ』Vネックウールカーディガン

カジュアルながらも上品でモダンなフィッティングと着心地の良さが特長の『ルトロワ』のニット。今作は風合いや着心地の良い上質なウール素材を使用。シンプルなデザインにきれいなシルエットが魅力の仕立てで、上品な大人の着こなしには欠かせない極上アイテム。

合わせて読みたい:
その心地良さはやみつきに。ルトロワのウェアを着よう

アイテム4『ジョンスメドレー』ネープルス 30ゲージカーディガン

ファインゲージニットウェアのシーンを常にリードし続ける英国きっての老舗。その1着目を考えるなら、是非ともベーシックな6ボタンのVネックタイプで。生地には希少なニュージーランドのメリノウールを惜し気もなく使い、30ゲージほどの細かさで編み込まれている。そのため、軽やかな上に滑るような表面のフィニッシュは絶品。

アイテム5『ザノーネ』ハイゲージ コットンニットカーディガン

イタリアの実力派、『ザノーネ』といえば絶妙なサイズバランスと、品質追求主義の末に生み出した抜群の着心地で定評のあるブランド。このカーディガンからも、その理由がひしひしと伝わってくるだろう。使っているのは上質なコットン。それにより、適度な温もりを備え、吸収性、通気性にも優れた1着に仕上がっている。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK