クリーン過ぎる! ホワイトのライトアウターが新鮮

クリーン過ぎる! ホワイトのライトアウターが新鮮

そろそろ秋に向けてアウターを確保したい時期。個人的に気になっているのがホワイトのライトアウターです。何気なくはおるだけで印象が一新! 清潔感が一気に広がります。

平 格彦

2015.09.13

アウター

ライトアウターで取り入れて、ホワイトのピュア感を思い切りアピール!!

インナーでは定番カラーの白ですが、アウターで取り入れるだけでかなり新鮮。夏から人気のカラーなので、その余韻があるうちにいち早く取り入れるのがオススメです。ということで、今からでもすぐに着られるコンパクトな軽アウターが最適。特に今っぽいGジャン、MA-1、ダウンカーディガンから、白い逸品を厳選しました!

Item1『ウノ ピュ ウノ ウグァーレ トレ』の別注ストレッチ モノトーンGジャン

ミニマルなデザインを得意とする『ウノ ピュ ウノ ウグァーレ トレ』に『ナノ・ユニバース』が別注提案して完成したGジャン。白と黒の展開がありますが、新鮮なのは断然ホワイトです。定番の3rdタイプをベースにしつつ、フィットするシルエットを採用。その一方で、ストレッチ生地を使用してストレスフリーな着心地に。

Item2『ヴェイパライズ』のホワイト デニム ジャケット

ややタイトに仕上げたシルエットが上品なムード。伸縮性のある素材を用いることで、動きやすさや快適性にも配慮しています。ライトアウターとしてはもちろん、コートなどのインナーとして活用できるのも魅力。この秋から人気が高まりそうなミリタリー系スタイルとも相性が良く、抜け感を挿すアイテムとして重宝します。

Item3コットンでライトに仕上げた『コエ』MA-1ブルゾン

薄手のコットンツイル生地を起用したMA-1ブルゾン。ウォッシュ加工で生まれたパッカリングなどが、こなれ感を何気なく主張してくれます。軽やかな作りで気軽に着用することができ、どんな着こなしもブラッシュアップ。コーディネートしやすいモードを提案しているブランドらしい仕上がりの1着です。

Item4シャーリングの無造作感が絶妙な『イクミ』のMA-1

シンプルで飽きが来ないナイロン製のMA-1ブルゾンがベースですが、クシュッと寄せるシャーリングを随所に施すことで、こなれた表情を加味しています。また、バックにロゴ刺繍を何気なくあしらい、ミニマルな印象の中にも個性をプラス。無造作にホワイトを纏いたい人には持ってこいの注目アウターです。

Item5旬を取り入れた『ディテールズ』のノーカラー MA-1

人気が続いているノーカラー仕様をMA-1型ブルゾンにミックス。首周りがすっきりして見えるのが大きな特徴で、インナーにハイネックやタートルネックを合わせてもかさ張らず、今っぽく仕上がります。また、素材はライトなタッチのナイロン。秋シーズンの序盤から活躍してくれること確実です。

Item6『スノーピーク』フレキシブル インサレイテッド スナップ カーディガン

自然志向のライフスタイルを提案する日本のアウトドアブランド『スノーピーク』。アパレルラインも人気上昇中の注目株に『サロン アダム エ ロペ』が白などを色別注しました。ナイロン素材に撥水&防風加工を施しつつ、4wayストレッチ綿を組み合わせているため防寒性も快適性も抜群。インナーダウンとしても有用です。

Item7『サニーレーベル』インナーダウンカーディガン

秋冬の装いづくりに何かと便利なインナーダウン。ここ数シーズン、人気は高まるばかりです。この1枚も、カーディガン感覚ではおれる軽さが魅力。細身のシルエットなので、インナーとして着用してもアウターにひびきません。クリーンで上品なホワイトを選べば、ラフなクラッシュジーンズを合わせても大人な印象に。

Item8『プーマ』×『スタンプド』のナイロンベスト

ダウンカーディガンではありませんが、レイヤードが楽しめるという意味ではベストの方がオススメ。スポーツブランドとラグジュアリーストリートブランドによる注目のコラボ品は、至極シンプルな仕上がり。左脇にジッパーが付属するのに加え、両肩がベルクロで着脱可能。幅広いアレンジも楽しめます。

着こなし方はいつものコーデに取り入れるだけでOK!

ボーダーTにベージュカラーのパンツを合わせたノームコアな着こなしは、秋冬もメンズスタイルの定番。軽量な印象を与えるホワイトアウターを取り入れて、着こなしイメージを崩さず秋仕様にアップデートしました。

清涼感を打ち出せるホワイトデニムは、秋冬も活躍可能。白アウターと合わせてセットアップ風にまとめつつ、ウォーム感のあるベージュで季節感を出せば難なくまとまります。

清涼感を打ち出せるホワイトデニムは、秋冬も活躍可能。白アウターと合わせてセットアップ風にまとめつつ、ウォーム感のあるベージュで季節感を出せば難なくまとまります。

春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

平 格彦

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

    まつお ありさ

    簡単です。スポーツMIXコーデを攻略する、3つのステップ

    簡単です。スポーツMIXコーデを攻略する、3つのステップ

    旬度満点なうえに軽快感もたっぷりなスポーツMIXコーデは、春夏の装いにぴったり。大人ならではの攻略法を、3つのステップと着こなし実例で解説します。

    山崎 サトシ

    スラックスで作る大人コーデ。今選びたいのは細身テーパードシルエット

    スラックスで作る大人コーデ。今選びたいのは細身テーパードシルエット

    きちんと感と上品さを併せ持つスラックスは、大人っぽさを演出する最適なアイテム。なかでもすっきりとバランス良く着こなせる細身テーパードが、大人におすすめ。

    大中 志摩

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    BACK