モテるオトコが身に着けている腕時計6選

モテるオトコが身に着けている腕時計6選

「かっこいい」と思えるオトコたちは、あの腕時計を身に着けていた!! YOUも便利なスマートウォッチより、モテる“スマートなウォッチ”、買っちゃいなよ!

編集コヤマ

2015.02.19

腕時計

スーツに合う腕時計3選

スーツに合う腕時計1『オメガ』スピードマスター・ムーンウォッチ・プロフェッショナル

『オメガ』ブランドは言わずもがなですが、なかでもこの時計は人類初の月面着陸をお供した“ムーンウォッチ”、超が付くほどイカしたモデル。ただでさえ“スピマス”を身につけていれば一目置かれるのに、アポロだのNASAだのサラッとうんちく語った日には、女性たちの目はハートになっていることでしょうね!

スーツに合う腕時計2『IWC』ポルトギーゼ・クロノグラフ

『オメガ』、『ロレックス』といった定番のハイブランドもいいけれど、“ツウ”なオトコを感じさせたいなら『IWC』でしょう。洗練された佇まいで、スーツとの相性が抜群なんだなこれが。 このスイスの名門ブランドのなかでもポルトギーゼは特に優秀。そのロングセラーぶりを見ても人気は明らかですぜ。

スーツに合う腕時計3『ブライトリング』ナビタイマー・GMT

オトコなら一度は憧れたであろうパイロットという仕事…、その夢を叶えてくれるのが『ブライトリング』というブランドでありナビタイマーです。ゴツいシルエットがブツヨクをそそらせ、非の打ち所がないクロノグラフに想像力が膨らみます。ブランドイメージのとおり、アクティブに飛び回る人におすすめの逸品。

私服に合う腕時計3選

私服に合う腕時計1『スント』コア・オールブラック

タウンユースで存在感を放つカジュアルウォッチと言えば『スント』。名前くらいはご存じですよね?? 特にコアはそのフォルムと重厚感あるデザインで、ファンの心を掴んで離しません! ちょっと操作が難しく感じることもありますけど、高度計や気圧計、コンパスなど多機能なところもオトコを感じさせますよ。

私服に合う腕時計2『タイメックス』エクスペディション・クロノグラフ

セレクトショップとのコラボも多い『タイメックス』。アンダー1万円からと値段も手ごろとあって“休日専用ウォッチ”の筆頭ブランドかなと。由緒あるアメリカのミリタリーを感じさせてくれるエクスペディションのクロノグラフが特にイチオシです。ベルトはレザー、色はブラックをチョイスするのがよろしいかと。

私服に合う腕時計3カシオ『G‐SHOCK』ガルフマスター

タフなオトコの定番時計と言えば…そう『G‐SHOCK』。なかでもガルフマスターは、“荒波に抗う強き男たち”をイメージした『G‐SHOCK』界の猛者。14年の登場かつ、人気で品薄が続いたため、身に着けている人はさほど多くないはず。ソーラー充電はもちろん、天候の変化さえも教えてくれる多機能ぶりに惚れ惚れ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    一度ハマったら抜けられない。ベル&ロスの名作と人気モデルを解説

    一度ハマったら抜けられない。ベル&ロスの名作と人気モデルを解説

    フランス生まれの腕時計ブランド、『ベル&ロス』。歴史こそ古くありませんが、優れたデザインとその裏側を支える信頼性は老舗・名門にまったく引けを取りません。

    増山 直樹

    モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

    モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

    スペシャリストたちを虜にする高い機能性、洗練されたデザイン、何よりもメモリアルで数量限定という希少価値……。すべてがプレミアムな逸品。それが『セイコー』プロスペ…

    Freeamericanidol編集部

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    Freeamericanidol編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    高級腕時計ブランド30選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド30選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    BACK