彼女の機嫌が急降下…実は勘違いな男の気遣い

彼女の機嫌が急降下…実は勘違いな男の気遣い

よかれと思ってやったのに、かえって彼女の機嫌を損ねてしまったことはありませんか? 勝手な思い込みやデートマニュアルの盲信、ここらでひとつ正しておきましょう。

村上 朋子

2015.09.09

モテ・好印象

「気を遣ったつもりが…」裏目にでてしまう5つの勘違い行動

道を歩く際、これみよがしに車道側を行く

道を歩く際、これみよがしに車道側を行く

道を歩くときは男性が車道側を、というのはよく聞くデートマナーですが、車の通りが少ない道や歩道が広いところでこれをされても、鼻につくだけ。適切な状況下でないと、馬鹿正直にマニュアルをこなしているだけのように見えて、残念なのです。

とにかく荷物を持てばいいと思っている

とにかく荷物を持てばいいと思っている

これも先ほどと同じく、適切なシーンで行うのは◎です。すなわち、荷物を複数持っていたり、バッグがいかにも大きくて重そうだったり。そうでないかぎり、女性だって自分の荷物ぐらい自分で持てる! 完全に手ぶらになるのは女性にとって不安ですよ。

悩みを相談され、親身になってアドバイス

悩みを相談され、親身になってアドバイス

女性に頼られるとうれしくなる気持ちはわかります。なんとか力になりたいという純粋な思いも、ありがたいものです。でも多くの場合、女性は話を聞いてほしいのであって、アドバイスを求めているわけではありません。聞き役に徹してあげてください。

サプライズで誕生日や記念日を祝おうとする

サプライズで誕生日や記念日を祝おうとする

誕生日や記念日に、突然のイベントを仕掛ける。なかには旅行に連れ出す男性も少なくないようですが、準備が整っていないなかでのサプライズは、はっきりいってありがた迷惑。せっかくいい日にしようとしたのに大ゲンカ……という展開もありえます。

ケンカ中、甘いもので機嫌をとろうとする

ケンカ中、甘いもので機嫌をとろうとする

彼女の機嫌が悪い。理由はわからない。甘いものでも差し入れれば、ケロッと忘れて機嫌を直すかも……という考え自体が甘い! その場しのぎをしているだけと思われ、かえって火に油を注ぐことになるでしょう。ここでも、話を聞くことが大事です。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK