バンドカラーシャツ、着こなすための3つのキーワード

バンドカラーシャツ、着こなすための3つのキーワード

今季もメンズファッションシーンのトレンドアイテムとして台頭するバンドカラーシャツ。まだ持っていない人にピッタリの1枚から、今季気になる1枚を取り上げていきます。

桐田 政隆

2015.09.07

トップス
シャツ

そもそも"バンドカラー″とは?

バンドカラーとは衿なしのスタンドカラーのこと。これは衿羽根が生まれる以前の形で、シャツの衿の原点といわれます。また昔からワークシャツに用いられたことが多いのですが、現在ではリラックス感のあるオフ用のシャツとしても人気。特に今年はクルーネック人気の流れもあってか、一躍シャツトレンドの一番手になりました。

バンドカラーシャツの基本とトレンド

トレンドなだけあってさまざまなアイテムが発売されています。なかでもまだ持ってないという方に最初の1枚としてオススメなのは、無地のシャンブレーです。着回しやすさに加えて、トレンドのブルーカラーも取り入れられます。またより旬な1枚を狙うなら、ウエスタン、ロングシャツがキーワードになりそうです。

キーワード1:シャンブレー

バンドカラーではストライプなども定番ですが、最初の1枚目には無地の方が無難。そこでもうひとつの基本といえばシャンブレー。バンドカラーはワークでも定番の衿型ですから、リアルな雰囲気も楽しめます。またトレンドのブルーを取り入れられて、クリーンなシャンブレーも多く展開されており、着回しにも便利です。

Item『8.15 オーガストフィフティーンス』 バンドカラーシャツ

風合いの良いシャンブレー素材を使用したバンドカラーシャツ。トラディッショナルなアイテムを中心に展開する『8.15 オーガストフィフティーンス』らしく、カジュアルながらスッキリとしたシルエットがきれいめコーデにもマッチします。

Style1

インディゴ×カーキの秋らしい配色のスタイリング。ノーカラーシャツにソックス×サンダルのレイヤードなど、トレンドを散りばめたのがポイント。

Style2

薄手生地のバンドカラーシャツのインナーには、コーディネートの指し色となるオレンジをイン。シンプル過ぎず派手過ぎない、程良い塩梅が参考になるスタイリングです。

キーワード2:ウエスタン

ここからは一歩踏み込んだトレンドに注目。まずは春頃から高感度なショップでも見られたバンドカラーのウエスタンです。ヨーク、スナップボタンなどウエスタンはデザイン性の高いシャツですが、バンドカラーになるとよりすっきりと見えて、グンと取り入れやすくなります。もちろん意外性のある印象もポイントです。

Item『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』 デニムウエスタン バンドカラーシャツ

リメイクしたようなデザインが面白い『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』のウエスタン調のノーカラーデニムシャツ。濃淡ベースのボディに、レーザー照射によるデーター化されたチェック柄が施されたデザインは、この秋・冬コーデに良く映えます。

Style1

メンズシャツとして定番化したウエスタン調のデニムシャツも、ノーカラーになるだけで鮮度UP。Tシャツにミリタリーパンツといった夏コーデの上に羽織るだけで手軽に挑戦できるのが魅力のコーデです。

Style2

ヴィンテージ加工が施されたバンドカラーウエスタンシャツをメインに、そのほかのアイテムはオールブラックにまとめてスタイリッシュな着こなしに。足元は今夏トレンドのスポーツサンダルで抜け感を追加。

キーワード3:ロングシャツ

お次はこちらもシャツトレンドのロング。これにバンドカラーとくれば旬度は満点です。ただロングは人によってはなかなか難易度の高いアイテム。ですが、こちらは前身頃と後ろ身頃で丈を変えているので、レイヤードスタイルにも最適。パンツやジャケットを選ばずに、さまざまなスタイリングに活躍してくれます。

Item『ナノ・ユニバース』バンドカラートールシャツ

長めの着丈とトレンドのバンドカラーが魅力のロングシャツ。ハリ・コシに優れた生地を使用しているので、カジュアルなスタイリングだけでなく、きれいめなコーディネートにもマッチします。えりがない分、ネックレスなどでごちゃっとさせても今季らしくまとまります。

Style1

ロング丈のバンドカラーシャツは、細身の黒パンツ&スニーカーで各アイテムの特長を引き出すのが正解。シンプルでもの足りなく感じるかもしれませんが、これくらいの潔さが大人コーデには必要です。

Style2

バンドカラーシャツの良いところは、シャツとのレイヤードがうるさくならないところ。ロング丈のバンドカラーシャツにウエスタンデニムシャツを重ねたスタイリングは、シンプルながら誰にでも挑戦しやすいのが魅力。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    2019年夏コーデの参考集。7つのキーワードと夏服サンプル14選

    2019年夏コーデの参考集。7つのキーワードと夏服サンプル14選

    着用アイテム数が少ない夏ファッションは単調になりがち。だからこそ旬なポイントを押さえて差別化を図ることが大切です。キーワードを押さえ、夏コーデを攻略しましょう。

    平 格彦

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    BACK