バンドカラーシャツ、着こなすための3つのキーワード

バンドカラーシャツ、着こなすための3つのキーワード

今季もメンズファッションシーンのトレンドアイテムとして台頭するバンドカラーシャツ。まだ持っていない人にピッタリの1枚から、今季気になる1枚を取り上げていきます。

桐田 政隆

2015.09.07

トップス
シャツ

そもそも"バンドカラー″とは?

バンドカラーとは衿なしのスタンドカラーのこと。これは衿羽根が生まれる以前の形で、シャツの衿の原点といわれます。また昔からワークシャツに用いられたことが多いのですが、現在ではリラックス感のあるオフ用のシャツとしても人気。特に今年はクルーネック人気の流れもあってか、一躍シャツトレンドの一番手になりました。

バンドカラーシャツの基本とトレンド

トレンドなだけあってさまざまなアイテムが発売されています。なかでもまだ持ってないという方に最初の1枚としてオススメなのは、無地のシャンブレーです。着回しやすさに加えて、トレンドのブルーカラーも取り入れられます。またより旬な1枚を狙うなら、ウエスタン、ロングシャツがキーワードになりそうです。

キーワード1:シャンブレー

バンドカラーではストライプなども定番ですが、最初の1枚目には無地の方が無難。そこでもうひとつの基本といえばシャンブレー。バンドカラーはワークでも定番の衿型ですから、リアルな雰囲気も楽しめます。またトレンドのブルーを取り入れられて、クリーンなシャンブレーも多く展開されており、着回しにも便利です。

Item『8.15 オーガストフィフティーンス』 バンドカラーシャツ

風合いの良いシャンブレー素材を使用したバンドカラーシャツ。トラディッショナルなアイテムを中心に展開する『8.15 オーガストフィフティーンス』らしく、カジュアルながらスッキリとしたシルエットがきれいめコーデにもマッチします。

インディゴ×カーキの秋らしい配色のスタイリング。ノーカラーシャツにソックス×サンダルのレイヤードなど、トレンドを散りばめたのがポイント。

薄手生地のバンドカラーシャツのインナーには、コーディネートの指し色となるオレンジをイン。シンプル過ぎず派手過ぎない、程良い塩梅が参考になるスタイリングです。

キーワード2:ウエスタン

ここからは一歩踏み込んだトレンドに注目。まずは春頃から高感度なショップでも見られたバンドカラーのウエスタンです。ヨーク、スナップボタンなどウエスタンはデザイン性の高いシャツですが、バンドカラーになるとよりすっきりと見えて、グンと取り入れやすくなります。もちろん意外性のある印象もポイントです。

Item『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』 デニムウエスタン バンドカラーシャツ

リメイクしたようなデザインが面白い『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』のウエスタン調のノーカラーデニムシャツ。濃淡ベースのボディに、レーザー照射によるデーター化されたチェック柄が施されたデザインは、この秋・冬コーデに良く映えます。

メンズシャツとして定番化したウエスタン調のデニムシャツも、ノーカラーになるだけで鮮度UP。Tシャツにミリタリーパンツといった夏コーデの上に羽織るだけで手軽に挑戦できるのが魅力のコーデです。

ヴィンテージ加工が施されたバンドカラーウエスタンシャツをメインに、そのほかのアイテムはオールブラックにまとめてスタイリッシュな着こなしに。足元は今夏トレンドのスポーツサンダルで抜け感を追加。

キーワード3:ロングシャツ

お次はこちらもシャツトレンドのロング。これにバンドカラーとくれば旬度は満点です。ただロングは人によってはなかなか難易度の高いアイテム。ですが、こちらは前身頃と後ろ身頃で丈を変えているので、レイヤードスタイルにも最適。パンツやジャケットを選ばずに、さまざまなスタイリングに活躍してくれます。

Item『ナノ・ユニバース』バンドカラートールシャツ

長めの着丈とトレンドのバンドカラーが魅力のロングシャツ。ハリ・コシに優れた生地を使用しているので、カジュアルなスタイリングだけでなく、きれいめなコーディネートにもマッチします。えりがない分、ネックレスなどでごちゃっとさせても今季らしくまとまります。

ロング丈のバンドカラーシャツは、細身の黒パンツ&スニーカーで各アイテムの特長を引き出すのが正解。シンプルでもの足りなく感じるかもしれませんが、これくらいの潔さが大人コーデには必要です。

バンドカラーシャツの良いところは、シャツとのレイヤードがうるさくならないところ。ロング丈のバンドカラーシャツにウエスタンデニムシャツを重ねたスタイリングは、シンプルながら誰にでも挑戦しやすいのが魅力。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    心地良いおしゃれを。長く愛用したいルミノアの定番ウェア

    心地良いおしゃれを。長く愛用したいルミノアの定番ウェア

    『セントジェームス』や『オーシバル』に並ぶ、バスクシャツ3大ブランドとして支持されている『ルミノア』。その人気の理由と、おすすめのアイテムを紹介します。

    近間 恭子

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

    まつお ありさ

    メンズの半袖シャツ。選び方から着こなしまで疑問解決

    メンズの半袖シャツ。選び方から着こなしまで疑問解決

    涼しげな半袖シャツが気になるけど、大人っぽく着こなすのは大変。そんなあなたに、おしゃれな1枚の選び方から着こなし方、コーデサンプルまでお届けします。

    久保 綾子

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    BACK