秋のはじまりは赤配色のチェックシャツで決まり!

秋のはじまりは赤配色のチェックシャツで決まり!

着こなしに役立つアイテムのひとつに、スタイルに華を添えてくれるチェックシャツがある。地味になりがちな秋の着こなしを盛り上げてくれるのは鮮やかな配色にアリ。

NAKAYAMA

2015.09.04

トップス
シャツ
チェックシャツ
秋の着こなし・コーデ

チェックシャツのルーツに迫る

チェックシャツのルーツに迫る

チェック柄とは模様の1種で、格子模様とも呼ばれる物の総称。タータンチェック、アーガイルチェック、グレンチェックなど、その種類は様々。戦場において敵と味方を区別するという、日本の旗印にも似た役割を果たすチェック柄があるなど、昔はファッション以外での役目も担っていた。

今秋はなぜ赤配色のチェック柄がいいのか

今秋はなぜ赤配色のチェック柄がいいのか

夏が終わり肌寒くなるこのタイミングは、秋冬に向けてどうしてもカラーリングが落ち着きがちになる。地味に見えてしまうからこそ、さり気なく存在感を漂わせてくれる赤配色のチェック柄が活躍する。また、シャツという上品なアイテムと融合することにより、大人っぽくエレガントに装えるってこと!

Styling1シンプルに1枚オンリーで羽織る!

何かをプラスするわけでもなく、シンプルイズベストに1枚のみでコーディネート。体にフィットしたサイジングを選ぶことで、カジュアルにも上品にも着こなせるのが、チェックシャツのうれしいポイント。デニムパンツはもちろん、スラックスパンツや変化球でスウェットパンツを合わせてもおしゃれ度は加速する。

Styling2秋のライトアウターにINする

秋終盤にスタイリングするなら、ライトアウターの中からチェック柄を覗かせたスタイルで着こなすのがオススメ! あえて全身をモノトーンにまとめ上げることで、赤の配色がより引き立ちアクセントになる。

Styling3まだちょっと暑い日には肩巻きもおしゃれ

初秋、夏のTシャツスタイルを秋仕様へアップデートする時にぜひチャレンジしてほしいのがコレ。肩から脇下にかけて巻くだけの簡単アレンジで、秋っぽくなるだけではなく着こなしに奥行き感も出せる一石二鳥のスタイリング!

Styling4秋コーデを邪魔せずに加味する腰巻き

秋の着こなしに何か物足りなさを感じた時、チェックシャツを腰に巻くことでアクティブな印象にチェンジすることができる。このように、鮮やかな赤配色のチェック柄はさまざまなスタイルやシーンに対応してくれる強い味方!

人気ブランドのチェックシャツをご紹介!

Item1『ハードカバー』の長袖チェックシャツ

“カウンターカルチャー”がコンセプトのブランド『ハードカバー』が放つ、着回し力抜群のスタンダードなチェック柄のシャツ。コーディネートのアクセントに最適で、取り入れた瞬間こなれた印象を与えてくれる逸品。レイヤードの着こなしにも一役買うこと必至!

Item2『フリーズマート』のタータンチェックシャツ

『フリーズマート』からは、赤を基軸としたカラーリングがポイントのチェック柄シャツが登場。ベーシックに仕上げられたデザイン性は、使い勝手の良さを感じられる。今シーズンのスタイルに欠かせない1枚になること間違いなし。

Item3『シップスジェットブルー』のフリンジチェックシャツ

絶大な人気を博す『シップス』の派生ブランドとして設けられた『シップスジェットブルー』。同ブランドがローンチしたチェックシャツは一味違う。ポイントは、定番のオンブレーチェックに今年トレンドになりつつあるフリンジデザインを取り入れたところ。また、古着ライクな表情を楽しめるあたりも抜かりない。

Item4『デラックス』のチェックシャツ

ビンテージのワークシャツに見られるディティールを落とし込んだ前裾のラウンドと前立て、開けて着た時を意識した右前の内ポケットなど、多くの着用パターンを考えてデザインされた『デラックス』らしい1枚。生地は肉厚ながらしなやかなので、着心地も快適。夏を除く3シーズン愛用できる。

Item5『ビームス』のヘリンボーンチェックシャツ

感度の高いセレクトで知られる『ビームス』オリジナルの1枚は、襟の周りにワイヤーを内蔵したワザありのチェックシャツ。好みで形を変えることができ、状態をキープすることが可能。洗いざらしでラフにしわ感を楽しみたい、アメカジスタイルに必須のチェックシャツ。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK