絶対鉄板! ネイビー×ホワイトは女子ウケ最強コンビ

絶対鉄板! ネイビー×ホワイトは女子ウケ最強コンビ

ここ最近のトレンドカラー、ネイビー&ホワイト。ネイビー(青)は海や空をイメージし、それに白=雲が合わさることで、これ以上ない爽やかさを演出できるコンビなのです。

編集イトウ

2015.08.26

夏の着こなし・コーデ
モテ・好印象

クリーンさを打ち出せるコンビカラー。つまり清涼感のある印象は女性ウケも鉄板!!

クリーンさを打ち出せるコンビカラー。つまり清涼感のある印象は女性ウケも鉄板!!

ネイビー×ホワイトの組み合わせは、それぞれネイビー(青)は海や空をイメージし、それに白=雲が合わさることで、これ以上ない爽やかさを演出できるコンビなのです。爽やかさ=清涼感のある印象→女性にも鉄板! ということで、男性は絶対に取り入れておきたい配色なんです!

学生時代から付き合いのある、なじみ深いカラーコンビだから取り入れやすい

突然ですが、“アズーロ・エ・マローネ”というファッション用語はご存じですか? 青×茶の組み合わせを指し、ファッションの本場イタリアでは昔から鉄板とされている組み合わせです。このコンビがイタリアファッションの鉄板だとすれば、ネイビー×ホワイトは日本人男性を爽やかに見せる、鉄板の組み合わせです。学生時代のネイビーブレザー×ホワイトシャツに始まるこの組み合わせは、誰でも抵抗なく取り入れられるコンビでもあるのです。

ベーシックなジーンズ×Tシャツのコンビ。ボーダーTとジーンズの組み合わせは、爽やかカジュアルスタイルを作る鉄板のスタイリング。

スリムパンツとのバランスを考えて、トップスはやや大きめをセレクト。ラフにまとまりやすいサイジングですが、ネイビー×ホワイトの配色が着こなしを引き締めてくれます。

真夏のTシャツ×ショーツスタイルは、涼しげに見せるネイビー×ホワイトのコンビが鉄板。同じく涼しげに見せるストローハットとの相性も◎。

ノースリーブ×Tシャツに加えて、ショーツ、シューズまでネイビー×ホワイトに統一。個性あるトップスの組み合わせも、全体の色味を合わせることですんなりとなじみます。

ネイビー地のバスクシャツに白ショーツを組み合わせた、清涼感あるマリンルック。カジュアルな組み合わせなのに品をキープできているグッドサンプル。

ミリタリーベストを主役としたスタイリングも、爽やかな配色なら無骨すぎない印象に。足元はネイビー、ホワイト両色と相性の良いグレーをチョイス。

清涼感あふれるコーディネートに、ターコイズカラーのブレスレットとメタルフレームのサングラスで味つけ。今っぽいスパイスとも相性バツグン。

ビジネスシーンでも通じるきれいめスタイルにも、ネイビー&ホワイトのコンビはハマります。オンオフ問わないのもこのコンビの特長。

秋口になったら、ネイビーのニットがおすすめ。重たくなりやすい秋冬ファッションに、適度に軽量さを与えてくれます。

まだまだ暑い秋口は、爽やかなネイビー×ホワイトで涼しげに着飾るのが正解。スリッポンで柄を取り入れて、遊びあるスタイリングに仕上げました。

カテゴリ別! 秋口に着たい、ネイビーアイテム

アウターならこの上ないほど上品さを演出する、『ミスターベイシングエイプ』のブレザー

伝統的なアイビールックを彷彿とさせる2ボタンブレザー。表地には保温性に優れたウール素材、裏地には『アベイシングエイプ』らしいカモフラ柄の肌触りに優れたキュプラ素材を採用。シーンを問わず愛用できる1着です。

トップスならジャケットのインナーとしても活躍する、『ポロラルフローレン』のポロシャツ

吸湿発散性に優れた混紡素材で仕立てた『ポロラルフローレン』の1枚。クラシックフィットよりスリムで、カスタムフィットよりわずかにゆったりとした、まさにFreeamericanidol世代に丁度いいサイズ感が楽しめます。

パンツなら清涼感を優先するなら、『A.P.C.』のリジッドジーンズでキマり

股上浅めのスリムストレートジーンズといえば、ファッショニスタからも愛される『A.P.C.』の1本。細めだけどロックなスタイルでなく、上品にまとまるのがここの特長です。はき込めば、美しい色落ちも期待できます。

シューズなら『ドゥーカルス』のスエードローファーで、季節感をアピール

マッケイ製法によりコバの張りがなく、タッセルとも相まってエレガントな足下を演出する『ドゥーカルス』のローファー。革の裁断から縫製、吊り込み、底付け、仕上げと製靴の全工程を手掛ける自社一貫生産にこだわっているので、質の高さは折り紙つき。

バッグなら上品さを添える、『ミスターオリーブ』のクラッチバッグが正解

撥水機能レザーを使用する『ミスターオリーブ』のアイテムは、クラッチバッグとショルダーバッグの2WAYで楽しめるお得な逸品。もちろんバッグインバッグとしても使用可能です。

カテゴリ別! 秋口に着たい、ホワイトアイテム

アウターならカジュアルだけど品もキープする、『ブルーワーク』のカジュアルジャケット

高感度なアイテムが揃う『エディション』のオリジナルブランド『ブルーワーク』は、ファッション業界でも質・デザインのバランスが取れていて評価の高いブランド。ポリエステル×ナイロンのカジュアル素材コンビで仕立てたジャケットは、品を保ちながらカジュアルに着られる優れモノ。

トップスなら清潔感を打ち出すのに欠かせない、『サイ』のボタンダウンシャツ

ブランドで定番的に展開されているボタンダウンシャツは、細身シルエットながらアームホールの形状や肩ぐせの処理によって動きやすいシャツに仕上げた1枚。すっきりとしたシルエットなので、ニットやスウェットとのレイヤードもすんなり対応できます。

パンツならオンオフともにはける、『ファクトタム』のホワイトデニムが使える

リアルクローズなアイテムに定評のあるドメスティックブランド『ファクトタム』のなかでも、特に人気の高いアイテムがジーンズ。今季は定番のリジッドデニムにホワイトデニムが登場。ストレッチ混素材なので、生デニム特有のゴワゴワ感がなく、ストレスフリーに着用できます。

シューズなら機動力と品を備えた、『アディダスオリジナルス』のレザースニーカー

ホワイトスニーカーといえば、今季大ブレイク中のスタンスミスがイチオシ。アッパーに高級レザーを贅沢に使用した1足は、快適なはき心地と汎用性の高さ、そして品ある足元作りに欠かせない大人のためのマスターピースです。

バッグならカジュアルに品を取り入れられる、『ホーボー』のリュック

強度のあるナイロンとソフトなコットンをMIXした素材感が新しいリュック。部分的に素材違いの生地がラインとして組み合わせてあり、底のレザーも相まってアクセントとなっています。フロントにはジップポケットがあり、内側には背面側に2段の内ポケットが付いるので収納力も申し分ありません。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK