使い方も柄もさまざま! 夏は粋な手ぬぐいをいかが?

使い方も柄もさまざま! 夏は粋な手ぬぐいをいかが?

馴染みの薄い人も多いと思われる手ぬぐいですが、今密かに注目を集めています。簡単に和テイストが取り入れられて便利、何より粋な日本の伝統工芸品を再確認しましょう。

編集イトウ

2015.08.15

雑貨
手ぬぐい

知っているようで知らない、手ぬぐいを再確認

知っているようで知らない、手ぬぐいを再確認

文字とおり、手や身体を拭いたり、汗を拭ったりする平織りの布のこと。日よけやほこり除けとしても使われてきた日本の伝統品です。その歴史は古く、平安時代には神事の際の装身具として使われおり、鎌倉時代から少しずつ普及していきました。江戸時代には綿の栽培が各地で行われるようになり、生活必需品として定着しました。

手ぬぐいの大きさは、時代によってさまざま

手ぬぐいの大きさは、時代によってさまざま

時代によって異なりますが、元々は3尺から9尺。江戸時代には、ほぼ現在のベーシックなサイズである約90cm x 35cm程度の大きさになりました。最近はその注目度の高さからファッションブランドも手ぬぐいを提案しており、長方形でなくバンダナのような正方形のパターンも見るようになりました。

手ぬぐいの使い道

ファッションアイテムとして使う

ファッションアイテムとして、タオルやスカーフ代わりに首に巻けば、コーディネートの好アクセントとして活躍。ラフなスタイリングにも意外と馴染みやすいのが、手ぬぐいの特長です。

ラッピングとして使う

お酒を包んで手土産なんてのも粋ですてき。手ぬぐい自体もプレゼントになるので、喜びも倍増するハズです。

ランチョンマットとして使う

手ぬぐいをランチョンマットとして利用。こぼして汚れてしまってもささっと洗えて使えるので、気兼ねなく使えます。

インテリアとして使う

フレームに入れればアートな作品に早変わり! インテリアとしても使えます。

注目の手ぬぐいブランド・ショップ

かまわぬ

『かまわぬ』は、代官山や原宿を始めとした東京を中心に展開する手ぬぐい専門店。江戸の小紋柄からモダンな現代柄まで常時200柄の手ぬぐいが揃い、季節ごとのデザインも展開しています。ファッションブランドとも積極的にコラボレーションしているのも魅力です。

『ビーミングバイビームス』との別注手ぬぐいは、ブランドの定番モチーフであるミツバチをデザイン。色展開はオリーブ、ハニー、ブルーグレイの3色。どれも長く愛用できるナチュラルな色目です。

豆粒のような丸型を前面に配した豆絞り手ぬぐいは、『ユナイテッドアローズ』が『かまわぬ』に別注した商品。

上で紹介した商品の色違い。ユニセックスで使えるデザイン・カラーなので、カップルや夫婦で揃えるのも粋。

こちらも『ユナイテッドアローズ』による別注手ぬぐい。トレンドの迷彩柄を配することで、和洋折衷な表情に。

ネイビーベースのカモフラージュ柄も展開。ファッション小物としてはもちろん、贈り物のラッピングとしてもすてきです。

名取屋染工場

明治35年創業の『名取屋染工場』は、手ぬぐいを中心にすべて手作業で染色する老舗。1世紀を超える長い歴史の中で、常盤型と呼ばれる型紙染などを用いて、多彩な染物を創ってきました。『名取屋染工場』の商品は温かみがあり、手から手へと受け継がれる工芸品の魅力に気付かせてくれます。

『名取屋染工場』×『フェニカ』のコラボレーションアイテム。伝統工芸品の良さを活かしつつ、現代的なデザインを取り入れた手ぬぐいは、今のファッションやインテリアにもすんなり溶け込みます。

上の手ぬぐいは、『名取屋染工場』が所蔵していた “常盤型”をサンプリングした模様と、アフリカンバティック(ろうけつ染)から発想を得たインパクトのあるモチーフの組み合わせが楽しいデザイン。

繊細だけど大胆。使い込むほどに風合いの増しそうなこの手ぬぐいは、柄はいかり&テレビ、つばめ&デジタル時計の2種、各2色。通常サイズのほか2本分で裁断したロングバージョンも展開されています。

手ぬぐいのちどり屋

人形町にある手ぬぐい専門店『手ぬぐいのちどり屋』。和模様の集大成とも言える手ぬぐいを全国津々浦々から集う『手ぬぐいのちどり屋』には、約1800種類の手ぬぐいを中心に和雑貨やほうきなど、古き良きモノが揃います。歌舞伎柄のような粋な柄からパンダのような可愛らしい模様まであるので、好みの柄を探してみてください。

帆船が浮かぶ港のどこか懐かしい花火の風景が描かれた手ぬぐいは、夏らしさあふれる1枚。懐古的な中に現代的なタッチが新鮮に映ります。

なかなか見かけないチェック柄の手ぬぐいもあります。「この細〜い線を注染で出すのは大変なんですよー」とコメントがありました。和と洋のコラボレーションがすてきな1枚です。

商品名は縞青海。現代的な表現をするとバイカラーの1枚は、どこか懐かしさの中に現代的な雰囲気があります。

スヌーピーとウッドストックの愉快で楽しい日常を切り取った1枚。和柄に抵抗がある人でも取り入れやすいデザインです。ディズニーやドラえもん、ゴジラなど、キャラクターデザインが豊富なのも『手ぬぐいのちどり屋』ならでは。

古くから私たちの身近にある手ぬぐい。縁遠いアイテムが近くに感じませんか? おしゃれでいてアレンジも自由自在。汚れたらじゃぶじゃぶ洗える手ぬぐいをこの夏手にしましょう。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    BACK