都会的カジュアルが叶う、ラグ&ボーンのデニム!

都会的カジュアルが叶う、ラグ&ボーンのデニム!

クラシックワークウェアを得意とすることで知られる『ラグ&ボーン』。なかでもデニムへのこだわりが強く、多くのハリウッドスターにも愛されているって知っていましたか?

AI

2015.08.12

ラグアンドボーン(rag & bone)
ボトムス
ジーンズ

洗練されたアメリカンカジュアルと言えば、『ラグ&ボーン』

『ラグ&ボーン』は、デザイナーのデービッド・ネビルとマーカス・ウェインライトによって2001年に立ち上げられたブランド。デニムへのこだわりが強く、縫製・素材に妥協せず、熟練した職人の手によって作られ、メンズではジュード・ロウ、レオナルド・ディカプリオなどのハリウッドスターが愛用しています。

クラフトマンシップを大事にし、技術とディテールにこだわった丁寧なプロダクト生産を心掛けて、シンプルながら革新的なファブリックとモダンなシルエットを追求。ワークウェアの良さはそのまま、上質なアメリカンカジュアルが手に入るブランドです。

魅力1清潔感をそのままはいているようなインディゴデニム

ほどよい股下の深さでフィット感のあるこちらのデニム。シンプルで脚がスラリと見えるシルエットで、インディゴも上品な色合い。ホワイトスニーカーと合わせれば、清潔感も言うことなし。

魅力2ワークウェア仕様なのに、こんなに都会的

ゆるっとしたペインターパンツは、後ろにバックルのアクセントも。ワークウェアを軸にしたパンツなのに、ニューヨークの香りが漂うのは、泥臭さのないきれいなブルーのせいだ。

魅力3ホワイトデニムも、どこかモード感のある仕上がり

ポケットにさりげなく入った刺繍にセンスを感じる。一見ふつうのホワイトデニムだけれども、手に取れば、上質な生地で仕立てあげられていることがすぐに分かる。洗練された、モード感のあるシルエットにも目を向けてみて。

魅力4ヴィンテージを思わせる、上品さも両立したデニム

古着の色落ち具合を再現したこのデニムは、ほんの少しだけダメージを入れてあるので、ますますその真実味を増している。古着で探すとなかなか見つからない現代的なカッティングに、ヴィンテージデニムのカッコよさを落としこんでいる。

魅力5ロックにもモードにも転べるテーパードスキニーシルエット

『ラグ&ボーン』の中でも不動の人気を誇るスリムフィットストレートは、古着Tシャツを合わせてロックに着るのもいいし、シンプルトップスを選べばモードな印象に。股下はやや浅めで、直線的で、バックは深め。裾を折り返すと、白いラインが見えるのが特徴。

魅力6秋に向けて手に入れたい、きれいめGジャンもラインアップ

シティーボーイにぴったりのリジットデニムのきれいめGジャン。秋イチにはおる薄軽アウターとして活躍してくれそうな予感です。ありそうなのになかなかない、シンプルだけどほかにはないシルエット、それが『ラグ&ボーン』の魅力。

魅力7ホワイトTシャツとの着こなしも、サマになる

続いて『ラグ&ボーン』のデニムと、ホワイトTシャツとの相性の良さを見ていただきたい。きれいなシルエットのデニムさえあれば、シンプルスタイルでも存在感のある着こなしが叶う。

魅力8ネイビー×ネイビーの着こなしも◎

続いて、ネイビースウェットとデニムの着こなし。『ラグ&ボーン』オリジナルの生地のモード感のある独特の雰囲気と、ラフなスウェットのネイビーがミックスされて、男っぽくてかっちり感がある、好バランスを生み出しています。

ニューヨーカーブランド、『ラグ&ボーン』、読んでいただいて、欲しくなりましたか? プライスはちょっとお高めですが、お気に入りを1本手に入れれば、5年、10年と、長い付き合いができるアイテムに育ってくれるはずです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    Freeamericanidol編集部

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    Freeamericanidol編集部

    BACK