人気再燃のブラックデニム、狙い目は“変化球系”!

人気再燃のブラックデニム、狙い目は“変化球系”!

今季はブラックデニムの人気が復権。疑う余地なしの一大トレンドとして君臨している中、選択すべきモデルとは? 答えはズバリ、ひねりを効かせた変化球モデルです。

山崎 サトシ

2015.08.21

ボトムス
ジーンズ

ディテールで遊んだブラックデニムが今、キテる!

黒デニムと言えばクール&モードな雰囲気が持ち味で、これまではミニマルなデザインが一貫して主流でした。しかし、ここ最近はディテールで個性を加えたモデルが熱視線を浴びています。街でカブりやすい流行の黒デニムで差別化を図るなら、コレを利用しない手はありません。

ただし、子供っぽいやんちゃなデザインは厳禁。あくまで“さりげなく”がキーワード

個性的なモデルが良いとは言っても、明らかにやりすぎな加工・装飾が施されたモデルは大人にふさわしいとは言えません。“程よく”主張するディテールが大事なんです。下で紹介するモデルはその辺のさじ加減がどれも絶妙! Freeamericanidol世代に好適です。

「大人がはける“変化球ブラックデニム”はこちら!」

Item1スラックスの要素を取り入れた上品顔モデル!

『エデュケーション フロム ヤングマシーン』の1本は、センタークリースやスラッシュポケット、両玉縁ポケットなど、スラックスの意匠を取り入れているのがミソ。デニムでありながら、フォーマルな見栄えです。ポリエステル混紡によるエレガンスな光沢感もポイントに。

Item2パッと見、フツーのブラックデニムのようですが実は…

『アーバンリサーチ iD』と『リー』のコラボレーションから生まれたアイテム。普通のスリムデニムに見えますが、実はコレよく見ると裾がフリンジ仕様になっているという変わりダネなんです! 軽快なアンクルカットなので、スニーカーと合わせるのが正攻法ですね。

Item3リブパン仕立てとなった今作はリラクシングな趣が魅力的!

テーパードフォルムのデニムパンツは2002年にスタートしたジャパンブランド、『ハルプ』のもの。すらりとしたモダンシルエットですが、ご覧の通り裾がリブになっているためリラックス感を漂わせます。さらに、ストレッチ混紡生地の採用&ゴムウエストによって、十分な運動性を確保。

Item4ほんのりとヌケ感のあるスウェットデニムも要注目!

『AKM』のデザイナー、小澤智弘氏が手掛ける『ウノ ピュ ウノ ウグァーレ トレ』よりお目見え。スウェットの快適さとデニムライクな質感を兼ね備えた、コットン×ナイロン×ポリウレタンのオリジナル織物をボディに用いています。適度にソフトな風合いでヌケ感の演出に最適です。

Item5各所に遊び心が配された1本は簡潔なコーデのアクセントに

こちらは、『ナンバーナイン』のライセンスライン『ナンバーナイン デニム』の新作アイテムです。スレーキや右膝のリペア布には、『ナンバーナイン』のアイコンである五線譜が配されており、絶妙なアクセントとして機能。白・赤2色のペイントやオリジナルのボタン&リベットなど、細部にもこだわりが光ります。

Item6リネン使いのデニムだからブラックでも涼感たっぷり!

『ティーケー』のデニムは、珍しいリネン100%生地。サラッとした軽やかなマテリアルゆえに、ブラックデニムでありながらヘビーさは皆無。夏らしい清涼感を打ち出せます。また、シワがついても“味”となるところも、リネンの強みです。ウエストはドローコード式。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

    山崎 サトシ

    定番だから着こなしで差を。レッド・ウィングのコーデ術

    定番だから着こなしで差を。レッド・ウィングのコーデ術

    老舗ブーツメーカーとして世界的に名を馳せる『レッド・ウィング』。誰もが通るブランドだからこそ、その着こなし方で差を付けるべきだ。人気の5モデルにフォーカス。

    編集ムタガミ

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    Freeamericanidol編集部

    コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

    コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

    冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。とくにここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

    Freeamericanidol編集部

    汎用性抜群。黒パンツが1本あると重宝する!

    汎用性抜群。黒パンツが1本あると重宝する!

    黒パンツはオールマイティ。ですが、何を選んでもOKという訳ではありません。大人なコーデに組み込みやすい黒パンツを厳選し、着こなし方からおすすめ品までご紹介します。

    平 格彦

    5,000円以下でリサーチ。まだまだ買い増ししたいスウェットトップス

    5,000円以下でリサーチ。まだまだ買い増ししたいスウェットトップス

    秋から春まで活躍するスウェットシャツやパーカー。お気に入りの1枚だけでは心もとないでしょうから、2枚目に選びたいコスパに優れた同アイテムをピックアップしました。

    Freeamericanidol編集部

    BACK