チープマンデーのジーンズ、モデル別特徴まとめ

チープマンデーのジーンズ、モデル別特徴まとめ

デザイン性の高いシャープなスキニーシルエットと、1万円でお釣りがくるリーズナブルなプライスが人気の『チープマンデー』。その魅力と定番モデルを紹介していきます。

桐田 政隆

2015.08.06

チープマンデー(CHEAP MONDAY)
ボトムス
ジーンズ

『チープマンデー』とは

『チープマンデー』はスウェーデン発のデニムブランド。『リー』のスペシャルアドバイザーを経たデザイナーのオリエン・アンデルセンとアダム・フライベルグが2004年に立ち上げ、ファッションアイコンのケイト・モスが着用したことで世界的な支持を獲得。日本でも若者を中心に根強い人気があります。

『チープマンデー』デニムの魅力

『チープマンデー』の魅力といえばこの2つ。まずは脚をシャープに見せるスリムシルエットとシンプルなデザイン。そして『チープマンデー』はブランド名の通り、「お金を使い過ぎた週末明けの月曜日でも買えるチープな洋服」がコンセプト。スタイリッシュなデザインとリーズナブルな価格設定のバランスが人気の秘訣です。

『チープマンデー』デニムの特徴1 めちゃくちゃ浅い股上

タイトなシルエットが特徴的な『チープマンデー』のデニムは、股上も超浅いです。おそらく一般的なデニムと比べると、ボタンフライならボタン1つ分は少ないくらい。正直、大人にとっては体型を選びます。ただ特に痩せ型の人がはくと、シャープなシルエットを演出でき、ロックな雰囲気のスタイルにバッチリはまります。

『チープマンデー』デニムの特徴2 シャープなスキニーシルエット

そんな着用シルエットがこちら。脚に吸い付くようなスキニーシルエットが特徴です。タイトフィットですが、いずれのモデルにもストレッチ素材が使われていて、はき心地もしなやかなのがポイントですね。

主な定番モデルをご紹介

Item1Tight Blue Dry

『チープマンデー』の定番モデルであるTight Blue Dry。デニムはリジッドタイプで、クリーンな濃紺インディゴではくことができ、自分なりの色落ちを楽しめるモデルです。また発売当初よりもライトオンスのしなやかなデニムを採用して、ストレッチ感を強化するなど、アップデートも加えられています。

Item2Tight New Black

ブラックデニムも『チープマンデー』の定番カラーです。以前はOD BLACKという呼び名でしたが、2013年秋冬よりTight New Blackに変わりました。シルエットは従来通りのスキニーですが、後染めを施したブラックにアレンジされており、より味わい深い風合いが楽しめます。

Item3Tight Dark Clean Wash

こちらも人気の高い、スキニーシルエットTightのライトブルーモデル。いわゆるヴィンテージ加工をプラスした1本ですが、この手のデニムにありがちなやり過ぎ感がなく、モデル名の通りクリーンな色落ちが魅力。トップスを選ばず、コーディネートの使いやすさも魅力になりそうです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

    まつお ありさ

    買わない手はない。ニューハッタンのキャップ&ハットがとにかく高コスパ!

    買わない手はない。ニューハッタンのキャップ&ハットがとにかく高コスパ!

    日本上陸から日が浅いながら、巷で高いシェア率を誇るヘッドウェアブランド『ニューハッタン』。圧倒的なコスパを誇る同ブランドを、持たない手はありません。

    山崎 サトシ

    リーバイス501をもっと好きになるために押さえておきたい3つのモデル

    リーバイス501をもっと好きになるために押さえておきたい3つのモデル

    ジーンズの源流たる『リーバイス』501。定番にして今なお進化するこのマスターピースを、当記事にて徹底解説。その歴史から現行シリーズまで網羅してお伝えします!

    山崎 サトシ

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    BACK