アヴァンギャルドな雰囲気で人気の、スビのデニム

アヴァンギャルドな雰囲気で人気の、スビのデニム

デニムアイテムを中心に、反抗的で刺激の強いデニムアイテムを発信し続けている『スビ』。男っぽいスタイルが好きなあなたのツボを刺激してくれること間違いなしです。

AI

2015.08.05

スビ(Ksubi)
ボトムス
ジーンズ

履けば単純に「カッコいい!」

『スビ』は、オーストラリアのシドニーを拠点に、2001年に立ち上げられたデニムブランドです。スタート当初は、『ツビ』という名前でしたが、2007年より現在の名前に変更。刺激の強いプロモーションが毎回話題になるなど、反骨精神にあふれたコレクションで一躍ファッショニスタの間で注目されるように。

トレードマークは、クロスステッチやサイコロのようなマーク。特にスキニーデニムには定評があり、履きやすさ、加工、シルエット、どれをとっても最高なデニムを世に送り出しています。

まずは基本のブラックデニムから

ブラックデニムは、『スビ』のアヴァンギャルドなコレクションにも相まって、ロンドンぽいスタイルにぴったり。もちろん、シンプルトップスに合わせてカジュアルにも着こなすことができます。トレードマークのクロスステッチは、バックスタイルに赤い糸であしらわれ、さらにエッジィな印象に。

黒デニムに赤いステッチが、挑戦的…!

トップスからチラリとのぞくクロスステッチと、パンツの左サイドに刺しゅうされたサイコロのようなトレードマーク。黒パンツに赤のステッチは、辛めのカラーリングになるはずだけれど、このさりげなさなら程良いスパイス。

振り切ったグランジ感が、男ゴコロを刺激!

ロックスタイルが好きな人にはたまらない、このクラッシュ感! 『スビ』らしさが凝縮された濃い1本です。ダメージ加工の位置や、色落ちさせたような色合いなど、細やかなディテールに作り手の本気さを垣間見たような気分!

ちぎったような切りっぱなし感が男っぽい!

ロングパンツをちぎったような切りっぱなし感にも目を向けてみて。このワイルド感、好きな人にはたまらない! 使い古したスニーカーに合わせて、男くさく着てみたい。

上級者にトライしてもらいたいデニムベスト

『スビ』のデニムのカッコよさは、ボトムだけに限りません。Gジャンの袖をカットしたようなワイルドなデニムベストはTシャツとレイヤードして着てみて。右の胸ポケットのフラップが今にも取れそうなユニークなデザイン、気がつきましたか?

バックスタイルも、抜かりないグランジ感!

さて、後ろ姿もチェックしてみると、一部デニムが欠けている部分や、たっぷりと入ったクラッシュなど、ハードな加工が満載。360度、とことんロック! カッコいいねぇ。

トゲのあるデザインが魅力の『スビ』。ちょっとロックなスタイルに振りたい時は、『スビ』が個性的なスタイルへ導いてくれます。ハイクオリティなブランドのデニムだからこそ、安っぽくならない、大人なグランジコーデが目指せるはずです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

    まつお ありさ

    Apple公認の注目株。インケースのバッグの実力とは

    Apple公認の注目株。インケースのバッグの実力とは

    デジタルガジェットケースの中でも有名な『インケース』。スタイリッシュなルックスに目が行きがちですが、むしろ注目すべきなのはそのガジェットに特化した機能性です。

    Freeamericanidol編集部

    シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

    シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    BACK