総額3万円で作る! ワザありのワントーンスタイル

総額3万円で作る! ワザありのワントーンスタイル

爽やかだけど平たんに見えがちな白のワントーンは、黒アイテムを足せば引き締まり、スタイリッシュな表情に。清潔感の中にエッジを効かせたスタイルが簡単につくれます。

ai sato

2015.07.28

夏の着こなし・コーデ

黒のちょい足しで大人モードの白コーデに

夏らしく清涼感のある白シャツ×白ショーツのコーディネート。でもこれだけではどうしても面白味に欠け、単調に見えがち。それを避けるべく黒の時計や靴などの小物で、クールな空気感をプラスしてコーデを引き締めます。これで白のワントーンにメリハリがつき、さらに白の爽やかさがより引き立つうれしい効果も!

同色プリントの白シャツでさりげなくニュアンス出し

ハワイの老舗アロハシャツブラド『R.J.C』と『GGD』の別注コラボモデル。白地のコットンシャツに同色で入ったハイビスカスプリントが、これ見よがしではない上品なリゾート感を演出してくれます。無地の白シャツより深みのあるこなれた表情が出るので、白のワントーンコーデにはもってこい!

清涼感たっぷりのリネンキャンバスショーツ

涼しげなルックスと肌ざわりが自慢の『ヴィタル』のリネンショーツ。上質な国産リネン素材を、すっきりした膝上丈に仕上げた大人好みの1着です。細身のシルエットなので、カジュアルにはもちろん、きれいめな着こなしにもOK! やや光沢のある表面感は、リゾート感のある白シャツとの馴染みも抜群です。

黒に赤を効かせたトリプルコラポウォッチ

ミリタリーテイストが光るこちらの腕時計は、『ビューティー&ユース』×『ブリーフィング』×『タイメックス』のトリプルコラボ。黒ベースにほんの少し赤のロゴや文字をあしらったデザインは、白コーデにエッジを出すのにピッタリ。バンドはウェビングテープ使用のオリジナルデザインと替えの純正デザインの2タイプ付き。

コーデが締まる『ソルドス』の黒エスパドリーユ

デイリーユースに最適なシンプルな『ソルドス』のエスパドリーユも、時計とリンクさせた黒を選べば、着こなしにきりっと辛口な表情を添えてくれます。すっきりとシンプルなフォルムにジュートを巻き付けたソールは、ほかのリゾート感のあるアイテムと馴染みやすく、全体の統一感を出すのにもひと役買ってくれるはず。

合計\28,760で完成!

ファッション上級者を中心に人気のワントーンスタイルは小物使いやサイジングでメリハリを出すのがポイントですが、それがアンダー3万円で完成。エッジの利いたモードスタイルを手軽に楽しんでください!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

    まつお ありさ

    シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

    シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    リネンシャツの着こなし方とおすすめのブランド10選

    リネンシャツの着こなし方とおすすめのブランド10選

    好印象を与える春夏のシャツスタイルを作るなら、リネンシャツを選ばない手はありません。その軽やかな素材感は、着用するだけで爽やかさと清潔感をアピールできます。

    宮嶋 将良

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    BACK